各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【長崎】幻想的な個人所有の紅葉庭園「三十路苑」まで雲仙温泉から無料送迎バス運行。2016年は11/23~12/3

九州屈指の紅葉の名所として名前があがる長崎県の雲仙岳(うんぜんだけ)。
メインの仁田峠(にたとうげ)の紅葉が終わった後も、12月初旬まで幻想的な紅葉が楽しめる穴場として人気が高まってきている庭園が「三十路苑(みそじえん)」です。

7

小浜温泉と雲仙温泉の間に位置し、8000坪の庭園に1000本のモミジが植えられています。
普賢岳の頂上からみると標高が1000mも低いので、遅い時期まで紅葉を楽しめるということです。

13

この三十路苑はなんと個人所有。島原半島の郷土料理「ろくべえ」を出す「六兵衛茶屋(ろくべえちゃや)」の経営者が、自宅の裏山に30年かけてもみじを植えたものだといいます。
夜のライトアップでは竹林とのコラボがなんとも幻想的な景色を見せてくれます。

8

雲仙旅館ホテル組合では、三十路苑の紅葉の見ごろに合わせて、雲仙温泉から三十路苑まで往復送迎バスを無料運行。
2016年は11月23日(水・祝)~12月3日(土)の20時30分出発です。
事前の予約は不可で現地受付、先着50名になります。

旅館での夕食でお酒を飲んでいても見に行けるのがありがたい!
雲仙の有終の美を飾る紅葉をぜひ鑑賞したいですね。

雲仙温泉~三十路苑無料送迎バス

http://www.unzen.org/blog/archives/770
期間:
11月23日(水・祝)~12月3日(土)
集合場所:東洋館横古湯駐車場
出発:20:30(受付開始/20:20~)
帰着:21:30予定
定員:各日先着50名
参加費:無料

【注意】
・事前予約不可。現地での申込み順(先着50名)
・歩くので動きやすい服装・足元での参加が望ましい。
・三十路苑ではスタッフの指示に従い、時間厳守のこと。
※紅葉の見ごろを過ぎた場合は予定日より前に終了する場合あり

お問い合わせ:
TEL:0957-73-3434(雲仙旅館ホテル組合)

この記事もおススメ!