温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【福島】飯坂温泉の中心、鯖湖湯の真ん前にある和みのカフェ。飯坂名物ラジウム玉子を使ったメニューも楽しめる●oncafe

アクセスが良く、観光客だけでなく、地元の人にも人気が高い福島県の飯坂温泉。
oncafe(オンカフェ)は、鉄道マニアの間でも有名な飯坂線の終点「飯坂温泉駅」から歩いて約5分。飯坂温泉で最古の湯として知られる鯖湖湯の前にある。

福島県福島市飯坂温泉oncafe(オンカフェ)

写真:鯖湖湯の前にあるoncafe(オンカフェ)

福島県福島市飯坂温泉oncafe(オンカフェ)

写真:松尾芭蕉も入ったという歴史ある湯、鯖湖湯 現在の建物は平成5年に建て替えられたもの




格子窓から差し込む柔らかな陽射しの中で和みの時間が過ごせる

いにしえの風情を今に伝える共同浴場・鯖湖湯。その向かい側に建つoncafeは、大きくとった格子窓が印象的で、「カフェ」の看板がなくても思わず中を覗いてみたくなるような建物だ。

福島県福島市飯坂温泉oncafe(オンカフェ)

写真:

以前はコミュニティカフェとして使われていたこともあったこのスペースを、2012年にリニューアルオープンしたのが現オーナーの藤原 純さん。

「鯖湖湯の真ん前というこの立地がなによりだと思っています。建物を生かして、インテリアはミッドセンチュリーを意識したというか……」

内側から見ても美しい格子窓はもちろん、天井の格子や壁の柱など、随所に木の質感が生きた店内に、椅子やテーブルは敢えて色や形がばらばらのものを配置。

どっしりしたソファがあるかと思えば、懐かしいビニール椅子も。その間には、人台やゾウのオブジェといったアイテムがさりげなく取り入れられているのも楽しい。
席ごとに異なる雰囲気が味わえ、しかもどこに座ってもほっと和める-ここはそんな空間だ。

福島県福島市飯坂温泉oncafe(オンカフェ)

写真:窓際?ソファ席?どの席にするか迷ってしまいそう

メニューはどれも手作り感たっぷり。定番人気はラジウム玉子の親子丼やランチプレート

「料理にはできるだけ手をかけたいと思っています」

という藤原さん。週替わりのランチプレートも、最初はメイン料理+2品程度のセットだったが、

「これもあったら喜ばれるかなとか思って添えているうちにどんどん内容が増えてきたんですよ」

と笑う。客にとってはうれしい限りである。

そしてoncafeで是非味わって欲しいのが、ラジウム玉子入り親子丼。
ラジウム玉子とは、飯坂温泉の源泉を使って作る温泉玉子のこと。日本で初めてラジウムの存在が確認されたのが飯坂温泉だということにちなんだ名称だ。

丼の中心にころんと割り入れられている温泉玉子を崩し、大ぶりの鶏肉、たまねぎ、しめじなどの具とからめて味わう親子丼はボリューム満点。レタスのしゃきしゃき感も良いアクセントになっている。

福島県福島市飯坂温泉oncafe(オンカフェ)ラジウム玉子入り親子丼

写真:オリジナルのラジウム玉子入り親子丼はドリンク付きで850円

ほかに、スープカレーや生パスタ、グラタン、そしてガトーショコラやレアチーズなどのケーキも人気。
また冷製パスタなどの季節限定メニューも随時登場するので見逃せない。

福島県福島市飯坂温泉oncafe(オンカフェ)

写真:定番人気のグラタンにもキッシュやサラダなどが付く

oncafeのonは温泉の温。いろいろな人が集って笑顔になる場所

oncafeは、飯坂温泉の共同場めぐりを楽しむ人や宿泊客など観光客に人気の店だが、実は地元カップルのデートスポットや子連れママの交流場所としてもよく使われている。そしてこの店での食事を楽しみにしている年配の常連さんも多く、

「男性ひとりのお客様も結構いらっしゃいますよ」

と藤原さん。ここは幅広い客層の人たちがほっこりできる、まさに温泉のようなスペースなのだ。
鯖湖湯を訪れたら、湯上がりの喉と心を潤すカフェタイム、是非体験してほしい。

(取材・文:まつもとようこ)

福島県福島市飯坂温泉oncafe(オンカフェ)

oncafe(オンカフェ)

HPなし
FB:https://www.facebook.com/iizaka.oncafe/
福島県福島市飯坂町字湯沢26
TEL:024-542-3159
営業時間/定休日
10:30~18:00/水曜定休
駐車場 5台
席数 20席

この記事もおススメ!