温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【温泉地の花火 * 7/29~8/15】峡谷に反響する音でダイナミックな臨場感・18日間毎日打ち上げ●第55回層雲峡温泉峡谷火まつり【北海道】

北海道・大雪山の麓にある層雲峡温泉で、今年も「層雲峡温泉峡谷火まつり」が開催される。火まつりは、7月29日から8月15日までの開催で、毎日夏花火として花火が打ち上げられる。

本まつりは8月1日。まつり太鼓の競演による和太鼓の演奏に、年に一度しか見ることができない、アイヌの伝統儀式・フクロウ神事が行われる。この神事は、独特の音色に合わせてのアイヌ民族舞踊などが行われるなど厳かな雰囲気のものだ。




その他、様々な火にまつわるイベントを開催、クライマックスの花火は21時より打ち上げられる。火まつり期間中にはあわせて1万発、その中で本まつりでは、2000発もの花火が打ち上がる。

打ち上げ会場は層雲峡温泉特設会場で、複数の温泉旅館から花火を見ることができそうだ。荒天の場合は花火の打ち上げが中止される場合もあるが、順延はない。晴れることを祈るばかりだ。

写真:峡谷に音が反響して迫力満点の花火大会

層雲峡温泉の各旅館では、家族連れに嬉しい、お子様向けに手持ち花火プレゼントプランも企画されている。気になった場合は、各旅館に確認を。

峡谷に打ち上がる花火は、音が反響してダイナミックな臨場感を味わえる。アイヌ民族の伝統神事とともに、他ではできない体験になるだろう。

なお、開催期間中の7月29日から8月9日まで、層雲峡温泉から30分程度の上川町では「KAMIKAWAファンタスティックガーデンフェスタ」が開催されている。ハリーポッタシリーズの映画上映会やコスプレイベント、ポケモンイベントなどが連日開催され子供も大人も楽しめそうなので、花火とあわせて立ち寄るのもよい。

第55回層雲峡温泉峡谷火まつり

http://www.sounkyo.net/event/detail.php?id=2
夏花火:2017年7月29日(土)~8月15日(火)
本まつり:8月1日(火)21:00?
 ※いずれも小雨決行本まつりは順延なし
打ち上げ場所:層雲峡温泉特設会場
打ち上げ発数:期間中10,000発(うち、本まつり2,000発)
昨年の動員数:10,000人

この記事もおススメ!