温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【紅葉露天・栃木】秘境中の秘境!歩いてしか行けない絶景温泉旅館●日光・奥鬼怒温泉郷 八丁の湯

栃木県の「八丁の湯」は、日光・奥鬼怒温泉郷のなかでも突き抜けたロケーションの宿。
日光国立公園内にあり、旅館のある場所は、なんとマイカー規制区域内女夫淵(めおとぶち)無料駐車場から、約90分のハイキングコースとなっている。

宿泊の場合と、送迎・食事付きの休憩パックを予約した場合のみ、送迎車が出迎えてくれる。

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:紅葉に囲まれた八丁の湯の外観

貴重な大自然の秘境にあり、鬼怒川の源流地点に近く、あたり一面は山に囲まれている。秋はブナやナラなどの森が一斉に紅葉の時期を迎える。

そんな秘湯中の秘湯、八丁の湯で楽しめるのは、100%自然湧出のかけ流し温泉。

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:山肌の紅葉を間近に眺める露天風呂




昭和4年開業時からの歴史ある野天風呂「雪見の湯」のほか、「滝見の湯」「石楠花の湯」の3つの混浴露天風呂と、滝見露天風呂 (女性専用)があり、目の前に流れる滝を眺めながら浸かることができる。

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:モミジが美しい滝見の湯

湧出時に十分に高温なので、一切追い炊きをする必要がない自噴の湯は中性で刺激が少ない。「どこまでも柔らかい」湯と評判だ。また、湯の華が舞い踊る温泉らしい風情も楽しめ、効能も風情も抜群だ。

料理は、なんといっても名物のいのしし鍋が自慢。そのほか、ヤシオマスのお刺身&しゃぶしゃぶなど、山の味覚が温かく迎えてくれる。

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:名物のいのしし鍋を始めとする山の幸の料理

客室は、本館の和室と、ログハウスがある。暖炉のあるサロンもあり、山の宿らしい趣がうれしい。

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:日本秘湯を守る会の宿

なお、1988(昭和63)年まではランプの宿として知られていた八丁の湯。今でもオーナー選りすぐりのランプが温かく照らしてくれている。

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:夜も風情抜群の岩風呂

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:晴れた日は散策が気持ちいい

★紅葉について
見頃:例年10月第3週~11月上旬
露天の紅葉ライトアップ:なし

見頃チェックSNSまたはブログ:
https://www.facebook.com/八丁の湯-157930994780260/

源泉かけ流しの紅葉露天風呂特集 栃木県日光市 日光・奥鬼怒温泉郷  八丁の湯

写真:深い深い山に抱かれた秘境の滝


八丁の湯

https://www.8tyo-no-yu.co.jp/
栃木県日光市川俣876(日光・奥鬼怒温泉郷)
TEL:080-5477-9926(予約専用ナンバー)

●休館日
HPで要確認(8月・10月は無休)

●立ち寄り湯
営業時間:9:00~15:00(要予約)
定休日:不定休
立ち寄り料金:大人500円、子供300円
昼食・送迎付日帰り入浴パック3000円~
要予約/前日まで受付(入浴のみは当日でも場合によっては可)

●宿泊について
●宿泊料金例)
1室2名利用の場合の1名分の料金(紅葉時期)
1泊2食付き14,000円~(消費税込・入湯税別途150円)

●宿泊者の温泉利用について
露天利用時間(宿泊した場合):
滞在中はいつでも利用可(24時間)

●標準チェックイン/アウト
14:00/10:00

この記事もおススメ!
関連記事
No articles