各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【大分】「おんせん県」CM・シンフロナイズに出てきた露天風呂は、濁り湯の紅葉露天だった!
●新清館

秋になると町中が山の紅葉に彩られるといっても過言ではない大分県九重町の中でも紅葉が見事な鳴子川のほとりにある。
享保13(1728)年に湯小屋を建てたのが始まりという歴史ある筌ノ口温泉、川端康成が滞在したことでも知られる温泉地だが、その中にある明治35年創業の老舗旅館がこの新清館だ。

フロントがある建物には木造りの階段や、部屋には五葉松の天井、部屋の周りを囲む廊下などに創業当時の湯治風情が残る。湯上りには囲炉裏スペースもある。もっとも、古い建物は宿泊にはあまり使われていないようだ(希望すれば泊まれる?)。食事処としての利用がメイン。

宿泊客が主に案内されるのは古民家風にしつらえられた新館。ゆえに古さからの歪みとか、不便さなどは感じない滞在となる。

筌ノ口温泉 新清館

黄褐色の濁り湯に包まれて見上げれば、明るい紅葉の上に突き抜ける青空

宿から振り返るとそこには清流・鳴子川の紅葉絶景がみられる。清流の冷気のせいか川沿いのほうが紅葉が少し早い。

新清館の敷地の中の露天風呂は広葉樹の林の中にあり、黄金色を中心に明るい雰囲気の紅葉が露天風呂を囲む。混浴と女性専用、どちらも広々としていて、金色に染まった木々ごしに見上げる青空の開放感は素晴らしい。とても広いのでシンフロCMロケ地に起用されたのがよく理解できる。ホント、泳ぎたくなる広さなのだ。

Drawing2

鳴子川の紅葉。宿の前の橋から見える。

 

お湯の成分もとても濃ゆく黄褐色に濁り、タオルがベージュ色に染まる。湧出時は透明な源泉が、空気に触れると褐色の湯の花ができてにごるのだ。湯船の中で歩くときは底が見えないので、凹凸に気を付けないと文字通り「足をすくわれる」。

かけ湯のそばには「千枚皿」のように固まった成分が見られるのも温泉好きにはたまらない。濃いがPHは中性で、肌にはやさしい。個人的な経験でいえば、ここの湯に入ると乾燥アトピーや主婦湿疹の手の痒みが毎回ひく。

なお、源泉48度と使用位置に近いのも大変魅力だ。熱い場合の温度調整は山の清水を使うというが、紅葉の時期は、冷え込むのでほぼ埋めずに使われるだろう。内湯は24時間使えるが、シャワーがないので留意を。なお昨年2015年の紅葉の見ごろは11月上旬~中旬までだった。

 

新清館  


http://www.oct-net.ne.jp/~shinkan/
大分県玖珠郡九重町大字田野1427-1(筌ノ口温泉)

TEL:0973-79-2131
温泉日帰り利用 500円
7:30~23:00(最終受付22:00)、不定休
宿泊者は内湯は24時間利用可
宿泊
1泊2食(1室2名時)
10,800円~※消費税込 入湯税150円別途
標準チェックイン/アウト 15:00/10:00

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫黄塩泉(PH:6.6)源泉48度
楽天トラベルで旅館 新清館の情報を見る

この記事もおススメ!