各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【熊本】おひなめぐりで地元蔵特製の美味しい梅酒が無料ふるまい!「人吉球磨は、ひなまつり2017」

熊本県人吉球磨川地域一帯では、2017年2月1日(水)から3月20日(月・祝)の期間中、恒例の「人吉球磨は、ひなまつり2017」が開催されています。

poster

「すべての女性を優しく迎える春のひとよし・くま」をテーマに行われる主に女性向けのイベントも今年で20周年。
人吉球磨川地域11の会場で可愛らしいひな人形が提示されるほか、各種イベントや企画で訪れる女性をもてなそうという趣向がこらされています。

メイン会場となるのは、JR人吉駅界隈の鍛冶屋町通りとおひな通りにかけた駅周辺の一帯で、人吉城下町の風情が色濃く残る鍛冶屋町と、ショッピングやランチなどを楽しめる九日町、五日町の初春の通りを、ひな人形たちが艶やかに彩ります。

kokonoka

九日町の会場から、可愛らしいおひなさま。

球磨川流域の各会場では、市民が手作りしたひな人形をはじめ、愛らしい人形を頭上から吊るした「つるしびな」、木材で制作した「まげわっぱ人形」といった、バラエティーに富んだひな人形がほんのりと春らしい笑顔で迎えてくれます。

hina_tenji

囲炉裏の周りに展示されたおひなさま。球磨地方ならではのおひなさまも。無料ふるまいの梅酒をいただきながら愛でよう

これら人形を展示する11の会場では、地元の焼酎蔵(人吉球磨地方といえば球磨焼酎が有名ですよね)が造った梅酒が無料でふる舞われます。

またひなまつりパンフレットを女性が提示すると、デザートのサービスや料金割引など、飲食店を中心に45のお得なサービスを受けることができます!

また、各会場に置かれたスタンプを集めて応募すると、
地元温泉旅館やビジネスホテルで使える宿泊補助券2万円などの豪華賞品が当たるスタンプラリー、といったおいしい企画も用意されているのも嬉しいですね。

人吉梅園・4600本の梅も3月に満開に!

■本文
期間中は土日を中心にさまざまな企画も用意されています。
2月17日~18日には、人吉球磨ひなバルとして、おつまみ+ワンドリンクのはしごを楽しめます。

3月3日のひなまつり当日は、イベントに協賛する宿泊施設において、女性は100円で入湯可。

また、同じ3月3日には、くま川鉄道の観光鉄道列車「田園シンフォニー」で、列車内でおひな様展示とお接待を行う「おひな列車」が運行します。

また期間中、地元温泉旅館とホテルでは、特別宿泊プランの「ひなの宿パック」や特別ランチの「おひな御膳」が提供されます。見た目もかわいくて春らしい料理を楽しみながらの時間に癒されるでしょう。

hinagozen_umesh

写真は「あゆの里」のひな御膳。写真右は、ひなめぐりでふるまわれる梅酒。

ちょうどこの時期は、人吉市南部の人吉梅園の梅の開花とも重なります。
8ヘクタールの丘陵に植えられた4600本の梅は2月下旬に開花し、ひなまつり頃にちょうど満開を迎えて絶景となります。

images

梅の香りと絶景とともに、愛らしいおひなさまに会う旅は春にぴったりですね。

人吉球磨は、ひなまつり2017

http://www.hitoyoshikuma.com/q/aview/49/931.html

期間:2017年2月1日~3月20日(月・祝)
会場:熊本県人吉球磨川流域一体
問い合わせ
TEL0966‐22-2411
人吉市観光案内所(JR人吉駅構内) 

人吉梅園
熊本県人吉市大畑麓町(肥薩線大畑駅から徒歩5分)

この記事もおススメ!