各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【秋田】男鹿半島の旬の味「とろとろわかめ」、普通のワカメとどう違う?

秋田県の男鹿半島では2月下旬の早採れわかめを皮切りに、新わかめ漁がスタート。海辺にわかめがずらりと干されている風景も男鹿半島の春の風物詩です。

男鹿の天然わかめは、三陸産などの大きくて厚いわかめとは異なり、小さめでしなやか。
だからそのままさっと湯通しするだけでも色鮮やかでふんわり柔らかな味わいが楽しめるのが特徴なんです。
そして、この男鹿半島の新わかめをより一層おいしくする食べ方が「とろとろわかめ」。

写真:キラキラの緑色で箸でつまみにくいほどとろっとろ!




地元ではおなじみの食べ方で、これじゃないとわかめじゃない!という人も多いそうですが、男鹿半島以外ではあまり知られていません。

「とろとろわかめ」は、採れたての男鹿半島産わかめで作ります。
まず芯(固い軸の部分)を取り除いた生わかめに塩を加え、白い泡がでてくるまでしっかり揉み込みます。その後、水ですすいで完全に塩抜きをしますが、この揉み方と塩抜きが味の決め手になるとのこと。塩抜きしたわかめの水を切ってから、さっと湯通しして冷水で色止めすれば「とろとろわかめ」のできあがりです。

元々柔らかな男鹿産わかめがこの手間をかけることで、より柔らかく、独特のねばりがでて、舌の上でとろんととろける食感に。食べる前に刻めばますますねばりが増して、まさに文字通りの「とろとろわかめ」になります。

「とろとろわかめ」は、そのまま醤油やポン酢、ドレッシングなどをかけてつるるんと味わうほか、地元では熱い味噌汁に入れるのも定番。塩蔵わかめと違って塩抜き不要で、しかもしっかりとろみのついたこくのある味噌汁ができます。

写真:生姜と三杯酢を添えても。もちろん秋田の地酒と相性抜群

しゃきしゃき歯ごたえのわかめに慣れている人にとっては「これがわかめ?」と驚きの味わいの「とろとろわかめ」。

新わかめの季節には、男鹿温泉の旅館の食事や、男鹿市内の飲食店でも酢の物の小鉢などで登場することが多いんですよ。男鹿を訪れた時に初めて「とろとろわかめ」を食べて、その心地良い喉ごしと鮮やかなわかめの風味にはまる人も多いとか。

以前は家庭でもよく作られていた「とろとろわかめ」ですが、手間がかかるため最近では加工済みのものも販売されています。これならお土産にもできますね。

写真:観光物産館やみやげもの店ではできたてを冷凍保存したものが買えます。

お取り寄せも可。【冷凍便発送】 三高水産 とろとろわかめ

とろとろわかめ

秋田県男鹿半島の名物。
取り寄せは三高水産など
http://sanko.akita.jp/product/?pid=2

この記事もおススメ!