各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【島根】トロッコ列車「奥出雲おろち号」今年も4/1から。気になる2018年廃止予定の三江線との接続を検証してみた

トロッコ列車「奥出雲おろち号」が今年2017年は4月1日から運行が開始されます。

「奥出雲おろち号」は、島根県JR木次線の木次駅から備後落合駅間を結ぶ1日一往復する臨時列車で、毎年春から秋にかけての金土日祝日と夏休み・大型連休・紅葉時期には平日も運行しています。

今年の運行は、4月1日から11月26日まで、木次駅10:07発備後落合駅に12:26着と後落合駅12:57発木次駅15:57着の運行予定だそうです。出雲市駅から片道延長運行の日もあるようですので、詳しくはホームページをご確認ください。

今年度の運転初日の4月1日には、出雲市駅で出発セレモニーが開催されます。

出雲坂根駅から三井野原駅へ行く途中には、列車が進行方向を二転する三段式スイッチバックがあります。出雲坂根駅と三井野原駅との標高差は約160mもあるため、一旦バックで折り返すように坂を登り、更に途中でもう一度折り返して、ジグザグに登っていきます。この三段式スイッチバックは全国的にもとても珍しいのだそうです。

古事記の神話の地・奥出雲を走り、窓を取り払った開放感のある車内からは、奥出雲の自然を堪能できます。

車内は木製の座席やランプ風の照明などレトロな内装になっていて、トンネルを走行中には車内のイルミネーションが点灯するなど、景観・内装ともに見応えのある観光トロッコ列車として、毎年人気となっているそうですよ。

列車そのものも特徴的でとても魅力的ですが、奥出雲には美味しいものや観光地などもたくさんあります。
奥出雲和牛焼肉弁当や笹ずし、スイーツなどが車内販売でも食べられます。要予約のものもあるので、ホームページを確認してみてください。奥出雲の自然を眺めながら食べるお弁当は格別でしょうね。

出雲坂根駅では、おろち号の運行に合わせて臨時売店「延命の里」が開設されています。この店の名物は「焼き鳥延命の里」で、絶品のタレで香ばしく焼き上げた焼き鳥はファンも多いのだとか。産直市がある駅もあるので、停車駅と沿線の美味しいものは要チェックですね。

おろち号の沿線には、温泉も数多くあります。
海潮温泉は蛍の名所で、初夏になると蛍鑑賞ツアーなどもあるそうですよ。秘湯の湯としても人気の海潮荘では出雲大東駅までの送迎も行なっているそうです。

また、ドラマ「砂の器」のロケ地にほど近い亀嵩温泉、佐白温泉、日本三大美人の湯とされている斐乃上温泉の3つを合わせて「奥出雲美肌温泉郷」という、なんとも魅力的な名前の温泉郷もあります。どの温泉に行こうか迷ってしまいますね。




廃止が来年2018年に迫った三江線と、同日に乗車することはできる?

なお、中国地方のJRといえば、2018年4月1日で廃止される三江線にぜひ乗っておきたい!という鉄道ファンの人も多いはず。
地図で見るとわりと近いし、「奥出雲おろち号」と三江線を一気に楽しめるのではないか?と考え、おんせんニュースでは「奥出雲おろち号」との三江線との接続状況を時刻表で調べてみました。

あいにく通常期については、備後落合~三次間でちょうどいい列車がなく、備後落合駅か三次駅で2時間以上の待ち合わせが発生します。もしも1日で「奥出雲おろち号」と三江線を制覇するには、

奥出雲おろち号……備後落合 12:36着
普通列車359D ……備後落合 14:43発
         ……三次 16:03着
普通列車432D  ……三次 17:02発
 ※途中浜原駅で430Dに乗り換え
         ……江津 21:27着
(この後「奥出雲おろち号」が出発した出雲市まで戻るとしたら山陰本線の江津発21:32発~出雲市着23:06がある)

上記のようなプランしかありません。

このプランだと陽が長い夏(5~7月)でも、三江線の浜原駅以降、日が暮れて車窓が真っ暗になってしまい、「江の川鉄道」の名前通りの絶景が見えなくなるのが難点です。しかし逆方向だと、江津発で同じ日に「奥出雲おろち号」に乗車することすらできません。(三次~備後落合間は季節列車が運行する場合もある)

……というように、1日で両方乗車しようとする場合は、かなりハードルが高めです。車窓風景を堪能したい場合は、沿線で1泊するほうがよさそうですね。
先にご紹介した温泉でゆっくりと奥出雲の歴史と温泉を堪能するのも良いかもしれません。

トロッコ列車「奥出雲おろち号」

http://www.hiikawa-summit.info/orochi/
運行期間:2017(平成29)年4月1日~11月26日の金・土・日・祝日、GW
※夏休みと紅葉の期間は平日も運行
木次~備後落合間 1日1往復運行

運賃+指定席料金例)
木次~備後落合 1140円+520円

◎運転情報の確認は……
JRおでかけネットで検索
https://www.jr-odekake.net/

◎切符購入について
JR主要駅・みどりの窓口・旅行代理店等にて、乗車券・指定席券を購入。
(乗車1ケ月前から購入できます)

この記事もおススメ!