各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【山口】日本初のホタル舟は下関市豊田町から!大乱舞の中を屋形船でいくホタル観賞

 山口県下関市というと三方を海に囲まれた海峡の町というイメージがありますが、下関市豊田町は下関市の東に位置し、美肌で有名な一の俣温泉をはじめとする山々に囲まれたいで湯の里です。

 中でも(?)町内を流れる木屋川に生息するゲンジボタルは、別名「豊田ホタル」とも呼ばれ、1957年に国の天然記念にも指定されています。
 
木屋川は古くからゲンジボタルの里として有名だっだそうですが、乱獲や環境の変化などで、一時期数が激減したそうです。そこで天然記念物に指定し、保護・飼育・研究に努め、今では豊田町と言えばゲンジボタルの生息地として知られるようになりました。

 その木屋川で今年もホタル舟が運航されます。舟からホタルを観賞する「ホタル舟」はここ豊田町が発祥なのです。

山口県下関市 豊田町 日本初のホタル舟

写真:木屋川をたゆたうホタル舟




 ホタル観賞といえば、通常は川岸からを想像しますが、宵闇の中、ゆったりと川面を滑る船から、手の届く距離を漂うホタルの光。目の前を数千とも数万ともいわれるゲンジボタルが乱舞する様子はまさに幽玄の世界ですね。

山口県下関市 豊田町 日本初のホタル舟

写真:木屋川のホタル大乱舞

 船は800mの距離を約30分かけ、船頭さんが竿をあやつりゆっくりと下っていきます。

 1年のうち、わずか20日間足らず、川下りとホタル観賞をいっぺんに楽しむ、贅沢なひと時を過ごせます。

山口県下関市 豊田町 日本初のホタル舟

写真:ホタル舟船内より

集合場所は道の駅「蛍街道西の市」。乗船料金は大人2000円、子供1000円。一隻につき23名乗船可能で、乗船場と下船場間は無料送迎バスがあります。
(大人気なので、5/30現在ですでに予約がかなり埋まっているとのことです。空席状況は直接お問合せください。)

 余談ですが、豊田町にはホタルの様々なことを学んだり、体験できたりするホタルの里ミュージアムがあります。
 このホタルの里ミュージアム、上から見るとホタルの形をしてるんですよ。Googleearthを見ることが出来る方は、是非確認してみてください!
(まとめ・文:えこぴ)

日本初のホタル舟

http://toyotacho.com/enjoy-hotarubune.html
山口県下関市豊田町

開催日時 
平成29年6月1日~6月18日※但し6月3日除く
乗船時間:20時15分/20時45分/21時15分
(最終受付は乗船時間の45分前まで)
※要予約
※荒天中止
※救命胴衣着用

集合場所:蛍街道西の市
山口県下関市豊田町大字中村876-4

問合せ先:
豊田町観光協会
TEL:083-766-0031

この記事もおススメ!