温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【長野・山梨】天空にいちばん近い列車・小海線「HIGH RAIL1375」が7月より運行開始【JR東日本】

小淵沢駅(山梨県北杜市)と小諸駅(長野県小諸市)を結ぶ小海線というローカル路線をご存知ですか?名前に「海」が付いていますが、標高1,000m以上の区間が続き、標高1345mの野辺山駅をはじめとして標高の高いJR駅ランキングの1~9位を独占する路線で、別名「八ヶ岳高原線」とも呼ばれています。そんな小海線に7月から天空にいちばん近い列車「HIGH RAIL1375」が運行します。

JR東日本小海線(山梨県北杜市~長野県小諸市)HIGH RAIL1375 ハイレール1375

写真:標高1000m以上の区間が多い小海線を走る新列車「HIGH RAIL1375」




「HIGH RAIL1375」の「1375」は、野辺山駅から清里駅間にあるJR線標高最高地点「1375m」に由来しています。車両デザインは車両をキャンパスに見たて、金属風の質感をベースに、小海線の夜空や、車窓を流れる八ヶ岳の山々をモチーフにしたデザインです。大人にはノスタルジックな旅のイメージが、お子様にはワクワクする旅のイメージが感じられる外観です。

インテリアはロゴデザインをアクセントに四季の星々をあしらった座席、金属風の質感をベースにしたリベット調の窓枠、アート調の装飾を施した黒板風の壁面など、随所に意匠を凝らしたインテリアが旅のときめくひとときを盛り上げます。1号車の座席は車窓からの風景をじっくりと眺められるようにペアシートとシングルシートが配置されています。BOXシートもあるので、一人でもグループでも楽しめそうです。2号車の座席はゆっくりとくつろげるリクライニングシートになっています。

JR東日本小海線(山梨県北杜市~長野県小諸市)HIGH RAIL1375 ハイレール1375

写真:星座をあしらったネイビーのシート

1号車にはお土産などを販売する物販カウンター、2号車には天文関連書籍を閲覧できる「ギャラリーHIGH RAIL」が配置されていて、ドーム型になった天井部分に星空映像の投影もされるんですよ。まるでプラネタリウムのようです。

JR東日本小海線(山梨県北杜市~長野県小諸市)HIGH RAIL1375 ハイレール1375

写真:日本一星に近い列車で星の本を読むのも旅情

また、車内Wi-Fiによるオリジナルコンテンツの配信も実施。スマホなどで宇宙を感じる映像や車載カメラの映像を楽しめます。どんな映像なのかは、実際に乗ってみてからのお楽しみですね。

スイーツやブランチの提供がある列車も。夜の運行では星空観察会もあり

運行は1日3本となっています。気軽に指定席券での利用も可能ですが、オリジナルのサービス付きのプランもあります。「HIGH RAIL1号」では、農林水 産省「料理マスターズ」でシルバー賞を受賞した佐久市の北沢正和氏が監修した地場産の野菜などをふんだんに使用したブランチセット、「HIGH RAIL 2号」では「日本三大ケーキのまち」 と呼ばれる佐久市の老舗菓子店が製造する地元素材を使用したスイーツが楽しめます。小淵沢駅から小諸駅までの約2時間の電車の旅を美味しく彩ってくれます。

夜の運行となる「HIGH RAIL 星空」では、野辺山駅の滞在時間中に、小海線沿線の星空案内人の案内により星空観察会を行います。南牧村は、天文学者が選ぶ「日本で一番綺麗な星空ベスト3」に選ばれるほど星空がきれいな場所なんですよ。野辺山駅には約1時間停車するそうです。これは、「天空にいちばん近い列車」ならでは!澄んだ空気の下では星空もさらに美しく見えるんでしょうね。夜は冷え込むので暖かい服装でお越しください。

JR東日本小海線(山梨県北杜市~長野県小諸市)HIGH RAIL1375 ハイレール1375

長野県といえば、温泉も忘れてはいけません。小諸市の布引温泉、中棚温泉や天狗温泉、佐久市の望月温泉や初谷温泉など、沿線には小さいながらも特徴的な温泉が点在しています。今まで知らなかった温泉地にも足を運ぶきっかけにもなりそうですね。
7月1日には出発式なども行われるそうですよ。爽やかな季節、綺麗な空気を味わいに「HIGH RAIL 1375」で信州にお出かけしてみてはいかがですか?
(まとめ・文:ゆきさね)

HIGH RAIL 1375(ハイレール1375)

http://www.jreast.co.jp/nagano/highrail/
運行区間:小海線:小淵沢(山梨)〜小諸駅
運行期間:2017年7月1日〜9月30日の設定日
本数:1日3本
料金:指定席大人820円 小人410円
問い合わせ:JR東日本長野支社

この記事もおススメ!