温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【長野】温泉街から直結の野沢温泉スポーツ公園に日本最長のジップ・スカイライド!真夏に雪で遊べるナスキーパークやサマーゲレンデも!

2017年7月1日から野沢温泉スキー場の日影ゲレンデに「野沢温泉スポーツ公園」がオープンしています。家族や仲間と、みんなで身体を動かしてアクティブに盛り上がれるスポーツパークになっていますよ。

写真:野沢温泉スポーツ公園の全景。夏のゲレンデがまぶしい!

それでは、どんなアクティビティがあるかご紹介しますね。

1つめは、日本最長!全長652m、最高時速は約70kmになるというジップ・スカイライドです。標高差122mを滑り降りるいわゆるジップラインなのですが、専用のハーネスがロープ型ではなくシート型になっており、安定感があるので誰でも気軽にチャレンジできるようになっています。空中散歩の爽快感はそのままに、壮大なスケールを体感できるライドはスリル満点!1回の料金は大人2000円、小中学生1200円、要予約となっています。

写真:最高時速は約70kmになるというジップ・スカイライド

<ジップ・スカイライドのご予約詳細はこちら>
http://nozawaonsen.co.jp/zipsky/booking/




2つめは、全長500m、幅30mもあるサマーゲレンデです。本物の雪のような次世代スノーマットが使われているので、夏でも雪に近い感覚でスキーやスノーボードを楽しめちゃいます。1日券は3500円、火・水・木が定休日となっています。(7月15日〜8月20日は毎日営業)

写真:真夏にスキーやスノボができる!

3つめは、小さなお子様でも遊べる遊具がいっぱいのナスキーパークです。ドーム型トランポリンの「ふわふわマウンテン」、斬新なデザインの次世代ジャングルジム「3Dプレイネットコスモ」、お子様大満足の「キッズジップライン」、浮き輪型のチューブに乗って人工芝を滑り降りる「チュービング」と、どれも子供が夢中になりそうなものばかりです。

写真:アスレチックのような遊具もいろいろ

入場料は大人も子供も500円、付き添いの保護者1名と3歳以下のお子様は無料、再入場可となっていますので、家族みんなで思いっきり遊べちゃいますよ!

写真:暑い夏に雪遊び……のように見えるトランポリンのようにとびはねて遊ぶ遊具「ふわふわドーム」

スポーツ公園のある日影ゲレンデへは、温泉街から「遊ロード」という屋根付き、無料の動く歩道で楽々アクセスできるのもうれしいところ。OPEN記念キャンペーンで、宿泊者はジップ・スカイライドが半額で利用できるプランもありますので、夏もお得に野沢温泉を満喫したいですね。

<OPEN記念キャンペーンについてはこちら>
https://nozawa.jp/#oyu

野沢温泉スポーツ公園

http://nozawaonsen.co.jp
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8005-2

営業時間:(9:00~17:00)
※サマーゲレンデは9:00~16:00
定休日:(11月12日まで毎日営業)
※サマーゲレンデは火・水・木定休日

問合せ
野沢温泉スポーツ公園
TEL:0269-85-2623

この記事もおススメ!