温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【温泉地の花火 * 8/15】~ダバダ~♪のCMを思い出す。千人の女性による幻想的かつ華やかなる灯籠踊りに大感動!●山鹿灯籠まつり8/15~16【熊本】

仏前で灯籠に明かりをともす。これには、真っ暗闇と言われているあの世で、祖霊が道に迷わないように、足元を照らしてあげるためという意味があるそうです。灯籠を頭に載せた女性たちが輪になって踊る幻想的な情景が全国区で有名な「山鹿灯籠まつり」が今年も開催されます。

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

写真:幻想的な千人灯籠踊り。16日山鹿小学校にて




熊本県山鹿温泉はケガをした鹿が傷を癒したことが温泉名の由来とされ、約800年の歴史を誇ります。平安時代の文献「和名抄(わみょうしょう)」にも温泉として登場しているんですよ。その町並みは豊前街道の宿場町として栄えた面影が情緒豊かに残ります。

山鹿灯籠まつりは、毎年8月15・16日に開催される熊本を代表するお祭りです。千人の女性が輪になって踊るシーンは、コーヒーのCMになったことで一躍全国区で有名になりました。(もうずいぶん昔なのに印象に残っているんですよね)

山鹿灯籠まつりの初日(8/15)は、神社境内における山鹿灯籠踊り保存会による「奉納灯籠踊り」で祭りの幕が開きます。

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

写真:15日、大宮神社で行われる奉納灯籠踊りでまつりが始まる

この日は、神社参道、特設のお祭り広場などで各団体による灯籠踊りを見ることができ、もちろん夜店も出て祭りを盛り上げます。午後8時からは菊池川で一時間にわたる花火大会(約5,000発)もありますよ。川面に映る花火と灯籠、山鹿の街中を明かりがつつみます。

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

写真:8/15にあがる花火

祭り二日目(8/16)、まずは、ふれ太鼓・子どもたちによるお神輿・少女灯籠踊り。

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

写真:千人会場で行われる少女灯籠踊り

宵闇が訪れるとともにいよいよフィナーレの千人灯籠踊り(第1部18:45〜20:15・第2部21:00〜22:00)。
お揃いの浴衣に身を包み、和紙でできた金銀の灯籠を頭に掲げた1000人もの女性達が「よへほ節」にあわせてゆったりと優雅に櫓の周りを踊る様子は凛として華やか。幻想的な雰囲気も感じられます。

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

写真:山鹿灯籠踊り保存会による優雅な灯籠おどり

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

写真:奉納される上がり燈籠

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

写真:千人灯籠踊り

今年は締め切ってしまいましたが、山鹿灯籠まつり実行委員会では毎年200名程度、市外在住の方を対象に踊り手(千人踊り参加者)を募集しています。灯籠踊りに魅了されたという人は、来年以降応募してみてはいかがでしょうか。

ところで、舞う女性たちが頭にのせている灯籠、重くないのかな……?なんて心配になりませんか?実は、この金灯籠は紙でできていてとっても軽いんです。(180g※約たまご3個分)

会場近くの「山鹿灯籠民芸館」では、この金灯籠を手にすることができます。軽くてびっくりですよ! 現役の灯籠師に手ほどきを受けながら、手のひらサイズの金灯籠を作る体験コース(要予約・90分・3000円)も人気です。

なお、山鹿灯籠民芸館は旧安田銀行の建物で国指定登録有形文化財なんです。重厚な雰囲気の洋館は一見の価値ありですよ!

温泉地としての山鹿温泉は、湯量も豊富で「山鹿千軒たらいなし」、つまり洗濯にたらいを使わず、かけ流しの湯を使う、と唄われてきた実力。湯は透明でやわらか、万人向けです。

そんな山鹿の湯はランドマークの共同浴場「さくら湯」などで楽しめます。日帰り湯OKの宿もあり、それらは源泉かけ流しの施設がほとんどです。
(まとめ・文:えこぴ)

熊本県山鹿市 山鹿灯籠まつり 山鹿温泉

山鹿灯籠まつり

http://yamaga-tanbou.jp/about/toromatsuri/
日時:2017(平成29)年8月15日(火)~2017(平成29)年8月16日(水)
メイン会場 熊本県山鹿市(山鹿小学校グラウンド、大宮神社、菊池川河畔)
問合せ先
山鹿灯籠まつり実行委員会(山鹿市商工観光課)
TEL:0968-43-1579
駐車場 山鹿中学校・カルチャースポールセンター 他(有料)

●「山鹿灯籠民芸館」ミニ金灯籠作り体験
料金:体験料3000円(要予約)
営業時間 9:00~18:00
定休日 年末年始
※別途、入館料一般210円、小中学生100円が必要
TEL: 0968-43-1152

この記事もおススメ!