温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【長崎】日本一長い足湯・全長105m!足湯でのんびり温泉蒸しをつまみに生ビールはいかが?「足湯deナイト」開催中・9/30まで!

長崎県の小浜温泉にある、全長105mの日本一長い足湯「ほっとふっと105(いちまるご)」では、2017年9月1日(金)〜9月30日(土)まで、普段は19時までの営業時間を21時まで延長する「足湯deナイト!」を実施しています。

熱量日本一の小浜温泉の源泉温度、105度にちなんで作られたこちらの足湯、長いだけでなく目の前が橘湾のパノラマビューという絶景スポット。

長崎県雲仙市小浜温泉 全長105mの日本一長い足湯 ほっとふっと105(いちまるご)

写真:足を温めながら絶景の夕陽を眺められる

期間中は生ビール(500円)が販売されますので、海を眺めてのんびり足湯に浸かり、冷たいビールをくーっと一杯!なんてこともできます。土日には露店が並び、たこ焼きや唐揚げ、蒸しカニも食べられます。運転がある人にはノンアルコールビール(250円)もありますよ。

長崎県雲仙市小浜温泉 全長105mの日本一長い足湯 ほっとふっと105(いちまるご)

写真:足湯で生ビールも!




実はこの足湯、他にも楽しめる仕掛けがいっぱいなんです。豊富な源泉が流れ落ちる湯棚は、塩化物泉で山吹色に染まりモクモクと湯煙が。底に埋め込まれた小石が足ツボを刺激するウォーキング足湯、ワンちゃんと一緒に楽しめるペット足湯もあります。

また、是非利用したいのが隣接する蒸し釜。30分200円の蒸しカゴ使用料を払えば誰でも利用できるセルフ方式で、使用方法や蒸し時間の目安が目立つ所に表示されています。

長崎県雲仙市小浜温泉 全長105mの日本一長い足湯 ほっとふっと105(いちまるご)

写真:高温の温泉を利用した蒸し釜で好きなものを蒸して食べられる

定番のたまごや野菜だけでなく、タコやサザエ、車エビの表示までされているところがさすがですね。温泉で蒸したじゃがいもはホクホクとして、ほんのりと塩味が感じられる感動的な美味しさ。期間中は蒸し釜も営業時間が延長され、午後8時まで利用することができます。

空も海も、一面オレンジ色に染まる橘湾の夕景は、時間を忘れて眺めていたくなる美しさ。夕陽の時間から滞在して蒸した地元食材をいただき、生ビールを飲みながら夜を待つのもいいですね。

源泉近くはお湯が熱めなので、のんびり過ごしたい方は下流に座るとちょうどいい湯温になっています。

<小浜温泉マップと夕陽の時刻表はこちら(PDF)>
http://obama.or.jp/themes/topnew/pdf/kankomap.pdf

また、同じく2017年9月1日(金)からは「小浜温泉夕やけガニ祭り」も開催されており、温泉街の旅館や飲食店でワタリガニをいただくことができます。

蒸し上げた甲羅が夕やけのように真っ赤に色づくことからこの名がついたそうで、温泉の蒸気で蒸されたカニは甘味と旨味が凝縮され絶品です。宿の夕食でお腹いっぱい海の幸を堪能してから、「足湯deナイト」に出掛けるのもオススメですよ。

長崎県雲仙市小浜温泉 全長105mの日本一長い足湯 ほっとふっと105(いちまるご) 蒸しカニも

写真:温泉で蒸した小浜名物の「夕やけガニ」は絶品!

<夕やけガニ祭りについてはこちら>
http://obama.or.jp/modules/news/?p=1039
(まとめ・文:hotspring727)


<AD>


足湯deナイト!(ほっとふっと105)

http://obama.or.jp/modules/hotfoot/details.php?bid=11
開催期間:2017年9月1日(金)~2017年9月30日(土)
所在地:長崎県雲仙市小浜町北本町 GoogleMAP
無料駐車場あり

参加料金:無料
営業時間:19:00~21:00 ※ほっとふっと105は10:00~
(蒸し釜の利用は20:00まで)

問合せ:
小浜温泉観光協会
TEL:0957-74-2672

この記事もおススメ!