温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【秋田】稲庭うどんの街・湯沢に全国19のご当地うどんが集結!じゃじゃ麺やきしめん、沖縄そばもうどんの仲間として集合!9/30~10/1

みなさん、うどんは好きですか? 日本三大うどんの一つとも言われる「稲庭うどん」。その稲庭うどんの街、秋田県湯沢市で日本各地のご当地うどんが楽しめるイベントが開催されますよ。

その名も「全国まるごとうどんエキスポ2017in秋田・湯沢」!今年で7回目の開催となる人気イベントなんです。

全国まるごとうどんエキスポ2017in秋田・湯沢

東日本大震災からの復興の先駆けとして湯沢から東北を、そして日本を盛り上げようという地域の情熱から生まれました。

全国各地のご当地うどんが湯沢に集結!来場者による投票によってグランプリが決定する、うどんの一大イベントなんです。

写真:会場は大賑わい。うどんはハーフサイズなので並んでいる間にお腹がすきそう

昨年の来場者数は約11万人以上!1店舗1日平均1,000~1,500杯のうどんが提供されるとのことで、昨年はなんと1日あたり5万食がみなさんのお腹に消えていったそうです。みなさん、うどんが好きなんですね。

2017年の開催は9月30日と10月1日。

北は北海道から南は沖縄までの19の地域からご当地うどんが出店します。稲庭うどんと同じく日本三大うどんの一つとされ、もはや国民食とも言えるほど全国的な人気を誇る讃岐うどんや水沢うどん、五島うどんなどの有名うどんが一度に食べることができます。

全国まるごとうどんエキスポ2017in秋田・湯沢

その他にも名古屋きしめんや沖縄そば、白石温麺などもありますよ。多彩な顔ぶれを見てると、うどんの定義が気になるところ。このイベントでの「ご当地うどん」は、イベントに賛同する全国各地のご当地うどんで

(1)地域で日常的に食べることができる料理であること
(2)麺、具材、汁のいずれかにおいて特筆できるアピールポイントを持つこと
(3)今回の出店を契機に、ご当地うどんを活用して地域振興に結びつけようという熱い気持ちを持っていること

などの条件を満たすこと、と定義されています。

写真:左上:岩手のじゃじゃ麺 右上:香川の讃岐うどん 左下:宮城の白石温麺 右下:三重の伊勢うどん 細麺から太麺、こしが強い固麺からまで柔らか麺までバラエティ豊かなご当地うどん

昨年のグランプリは、今年も出店の「北海道純雪うどん」でした。今年もグランプリを獲得して2連覇となるのか、それとも昨年2位だった地元・稲庭うどんが雪辱を晴らすのか…勝敗の行方も気になります。

写真:会場地元の稲庭うどん。つるりとした腰がたおやか




自分の投票でグランプリが決定するのも、フードイベントの楽しみですよね。料金はチケット制となっていて、1セットで「うどん1杯券」が3枚となっています。「3杯も食べられない!」と思うかもしれませんが、1杯の量は少なめ(ハーフサイズ)となっているので、案外スルスル(ツルツル?)と入ってしまいそうですね。1枚づつ切り離しても使用可能、かつ余ったうどんチケットは、特産品販売ブースや商店街の利用加盟店で金券として使用できるとのことです。

また、1日目には親子で参加の「手打ちうどん体験(無料)」も開催されます。参加者募集中なので、HPをチェックしてみてください。会場には地酒を楽しめるバルブースや特産品の販売コーナー、足湯も登場する予定ですよ。

その他、協賛イベントとして、各ご当地うどんの販売や、「東北の灘」と言われるほど酒造りが盛んだった湯沢市の酒蔵見学、様々なジャンルの音楽が楽しめるミュージックストリートなども予定されています。

また、開催日限定でJRのクルージングトレイン「快速うどんEXPO号」の運行も決定しています。本当に盛りだくさんの内容で、盛り上がること間違いなしですね。


湯沢の湯もバラエティ豊か!乗り合いタクシーで秘湯めぐり

うどんエキスポが開催される湯沢市は、地名に「湯」とあるように温泉もたくさんありますよ。「秋ノ宮温泉」は、奈良時代に発見されたと言われる県内最古の温泉で、武者小路実篤など文人も足繁く通ったとされています。各温泉宿がそれぞれ源泉を有する贅沢な温泉地です。

その他にも小安峡温泉(オヤスキョウオンセン)、秘湯の奥小安(オクオヤス)・大湯温泉、白濁した湯色の泥湯温泉など「小町美人七湯」とされるバラエティに富んだ温泉地が揃っていますよ。

ちょっとアクセスしづらい温泉地もありますが、ご安心を。湯沢市の玄関口・湯沢駅と温泉、温泉と温泉を結ぶ乗合タクシーサービス「こまちシャトル」があります。公共交通機関ではたどり着けない「川原毛地獄」や泥湯温泉などの秘湯へも迷うことなく連れて行ってくれます。「秘湯線」、「泥湯線」など複数の路線があります。

前日までの事前予約制ですが、なかなか行くことができない秘湯に行くことができるので、オススメです。

うどんと温泉の街が最大級に盛り上がる2日間。うどんと湯沢の魅力を満喫できそうですね。
(まとめ・文:ゆきさね)


<AD>


全国まるごとうどんエキスポ2017in秋田・湯沢

http://www.udonexpo.net/
開催期間:2017年9月30日(土)~10月1日(日)※雨天決行、荒天中止
開催時間:
9月30日:10:00~18:00、
10月1日:10:00~17:00
開催場所:湯沢市役所駐車場特設会場 GoogleMAP
料金:前売券:1,000円、当日券:1,200円(うどん1杯券3枚綴り)

酒蔵見学の日程と時間(予約不要)
両関酒造株式会社 9/30・10/1 
9:15〜15:15(30分毎に案内)
秋田銘醸 株式会社 9/30のみ 
10:00〜15:00(15時で受付終了)
株式会社 木村酒造 9/30・10/1 
9:00〜16:00(自由見学)

問合せ:
全国まるごとうどんEXPO実行委員会
TEL:0183-73-6111(湯沢商工会議所内)

この記事もおススメ!