各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【冬季休業OPEN】標高1380m、登山者に嬉しい設備も揃った山の秘湯の温泉宿。アルプスの雪解け水の地ビールも●有明荘【長野】

長野県北アルプスの名峰、燕岳・大天井岳・有明山に囲まれた中部山岳国立公園内中房渓谷、標高1,380mにある有明荘。2017年の営業は4月21日から始まっており、11月25日の宿泊までの予定だ。燕岳への登山者の利用も多く、登山の前後泊などにも便利だ。

冬季休業の温泉OPEN 長野県安曇野市 北アルプス 有明荘

写真:木と石を使い山の風情と清潔感が漂う有明荘の外観

泉質は単純硫黄泉で、無色透明の湯色だが硫黄の香りが心地よい。近接する源泉から約70度の湯が豊富に湧き出している。肌当たりがよく、身体の芯から温まる湯は登山の疲れも吹き飛ばしてくれそうだ。

岩風呂の大露天風呂は大自然に包まれた開放感抜群。初夏から初冬まで季節を感じながら入る露天風呂はまさに極上。特に新緑が美しい5、6月と紅葉が目に鮮やかな10月中旬はおすすめのシーズンだ。

冬季休業の温泉OPEN 長野県安曇野市 北アルプス 有明荘

写真:有明荘の露天風呂。アルカリ性の硫黄泉は汗疹などの肌トラブルによいとされる




他にも木材がふんだんに使用され、安らぐ木の香りに包まれた内湯、宿泊客優先の家族風呂もある。家族風呂は予約等は必要なく、空いていれば24時間利用できる、贅沢なプライベート空間となっている。日帰り入浴は午前10時から午後5時まで利用できる。登山後の利用におすすめだ。

有明荘は登山者に嬉しい設備が充実しているのも特徴だ。手荷物の一時預かりや休憩所は無料で利用できるのがありがたい。

冬季休業の温泉OPEN 長野県安曇野市 北アルプス 有明荘

写真:有明荘の休憩室

食事処は昼食営業もしている。蕎麦や野沢菜の漬物、わさびの醤油漬けなど、長野ならではのメニューも多い。穂高地ビールはアルプスの雪解け水を使用した珍しいビール。訪れた際にはぜひ飲んでみたい一品だ。

冬季休業の温泉OPEN 長野県安曇野市 北アルプス 有明荘

写真:食堂。昼食営業もしており穂高地ビールなども楽しみだ





アクセスは安曇野ICから約1時間。カーブが多く、道が狭い部分もある。猿などの野生動物もいるので車の運転には十分に注意したい。また、休館日が設けられているので、訪れる際にはHP等で確認を。
登山者もそうでない人も優しく迎え入れてくれる有明荘。街の喧騒を離れ、大自然に囲まれた時間の移ろいに身を任せる贅沢な時間を過ごせそうだ。

●2017年の営業~2017年4月21日より11月25日
※休館日:5月9日、6月13日、7月4日、11月14日




有明温泉 有明荘

〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明中房
TEL:0263-84-6511
URL:http://www.enzanso.co.jp/ariakeso/

●アクセス
マイカー:
安曇野ICから車で60分
交通機関:~JR大糸線穂高駅からバスで55分

●温泉について
・泉質 単純硫黄泉(アルカリ性低張高温泉)

・立ち寄り湯
10:00~17:00
料金:大人/620円  小人/310円

●宿泊について
宿泊料金例)
1泊2食付 1名あたり
スタンダードプラン 10,150円~(税込)

宿泊者様入浴時間
15:00~7:00(清掃時間を除く)

標準チェックイン/アウト
15:00/9:00

この記事もおススメ!