各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【冬季休業OPEN】天然なのにバス〇リンにもまけない鮮やかな黄緑色の湯!半年限定で会える効能抜群の湯●国見温泉石塚旅館【岩手】

岩手県と秋田県の県境、十和田八幡平国立公園の最南端にあたる駒ケ岳山麓の標高850mにあるのが国見温泉石塚旅館

駒ケ岳の登山口でもあるこの宿は雪深い山の中にあたり、4月になっても残雪が多く、営業は1年のうち5月中旬からのわずか半年のみ。その半年の間にぜひ入りたいのが、日本でここだけともいわれる鮮やかな「黄緑色」の湯だ。
岩手県雫石町 国見温泉石塚旅館 露天

写真:鮮やかな黄緑色が珍しい国見温泉石塚旅館の湯。写真は混浴露天風呂

日によって蛍光色のようにも見えるという黄緑色の原因は、温泉の中にコロイド状に含まれる硫黄(黄色)と炭酸カルシウム(青)がレイリー散乱によって発色するのだろうと考えられている。総硫黄量は全国で4位と豊富。

岩手県雫石町 国見温泉石塚旅館

写真:木造りの湯治場の雰囲気が黄緑の湯の神秘を引き立たせる(内湯)

岩手県雫石町 国見温泉石塚旅館

写真:女性専用の露天風呂




この珍しい湯は、岩に囲まれた露天風呂(混浴と女性専用)と温泉成分が固着した「千枚皿」のような文様の中にある内湯(男女各2)でたっぷり堪能できる。

岩手県雫石町 国見温泉石塚旅館

写真:女性用のこぢんまりとした内湯

簡素な施設であるが、その分大自然とお湯を存分に堪能できる。

岩手県雫石町 国見温泉石塚旅館

写真:七時雨山の清流からの岩魚など、地産地消にこだわった料理。駒ケ岳の湧水が料理の基本

湯治用の自炊施設もあり。旅館部はトイレ付きの客室もある。創業200年という歴史もあり古くは南部の殿様の隠し湯と言われている。まさに秘湯である。
(まとめ・文:おんせんニュース中の人)

岩手県雫石町 国見温泉石塚旅館

写真:道路が開通したら入浴可能となる

●2017年の営業
2017年5月13日より11月6日頃まで
※入浴は道路開通と同時に可能。5/8予定。

国見温泉石塚旅館

http://www5.famille.ne.jp/~kunimihp/onsen.html
岩手県岩手郡雫石町橋場国見温泉
TEL(営業時期)090-3362-9139(衛星電話)
TEL(休業時期)019-692-3355(冬季事務所)

●アクセス
マイカー:

東北道盛岡ICより50分、玄関先まで入れる

交通機関:
JR田沢湖線雫石駅または、田沢湖駅よりタクシー30分(路線バス等はなし)

●温泉について
・泉質
含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩泉
成分分析表はこちら

・立ち寄り湯
営業時間 10:00~16:00
定休日 不定休
入浴料金 大人500円

●宿泊について
・宿泊料金例
1泊2食付・2名1室の1名あたり(※税込)
旅館部(トイレ付)10800円~

・宿泊者の入浴時間
チェックインからアウトまで(24時間入浴可※清掃時間除く)

・標準チェックイン/アウト
15:00/10:00

この記事もおススメ!