各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【冬季休業OPEN】東北最高地・海抜1400mの秘湯!雄大な山の大自然の中で天然泥パック!●藤七温泉彩雲荘【岩手】

東北最高地、標高1400mにある人気の秘湯が藤七温泉彩雲荘だ。岩手山や八幡平を借景に、雲海を眼下に望む温泉宿で、さながら天空にいる気分に浸れる。

岩手県八幡平市 藤七温泉 彩雲荘

写真:東北最高地1400mにある温泉

泉質は単純硫黄泉で、濃度の濃い白濁した湯は少し青みがかっているのが特徴。お風呂の種類も豊富で、5つある混浴露天風呂も人気だ。タオルを着用しての入浴もできるので、女性でも利用しやすいのはありがたい。

岩手県八幡平市 藤七温泉 彩雲荘

写真:露天風呂は混浴と女性専用露天がある




また、女性専用の露天風呂もある。湯量が豊富で、9つの湯船の湯床からはプクプクと温泉が湧き出ている。湯床は泥になっている湯船もあり、滑らかな泥はまさに天然の泥パックのようだ。宿泊者は24時間入浴可能(※清掃時間除く)なので、存分に自慢の温泉を堪能できる。

岩手県八幡平市 藤七温泉 彩雲荘

写真:開放的な環境の山のにごり湯

おすすめは秋の紅葉シーズンで、岩手山や八幡平が赤く染まる姿は絶景だ。また、高山植物も多く生育しているので、普段は目にすることが少ない貴重な植物を楽しむことができる。
宿泊者なら、日の出前の早朝の露天風呂はぜひ体験したい。雄大な岩手山の影を浮き上がらせながらの山の朝焼けは大感動するだろう。

岩手県八幡平市 藤七温泉 彩雲荘

写真:雲海を眼下に望む山の宿

標高の高い過酷な環境ゆえに電線が通っておらず、電力は自家発電。状況によっては電圧が不安定な場合もあるとのこと。不便さも楽しむつもりで訪れるのがいいだろう。

岩手県八幡平市 藤七温泉 彩雲荘

写真:夕食は地元素材や山菜をバイキングで

宿へ向かうルートは4月下旬より開通しているが、5月と雪が降り始める10月下旬には状況により夜間交通規制をしている場合があるので、注意が必要だ。
路線バス利用の場合、宿泊者限定で八幡平山頂バス停から無料送迎を実施している。予約の際に問い合わせてみると良いだろう。(まとめ・文:ゆきさね)

●2017年の営業
2017年4月29日より10月下旬予定

藤七温泉 彩雲荘

http://www.toshichi.com/
岩手県八幡平市松尾寄木北の又
TEL:090-1495-0950

●アクセス
マイカー:

東北自動車道・松尾八幡平ICよりアスピーライン・樹海ラインで1時間
東北自動車道・鹿角八幡平ICより国道341号~アスピーラインで1時間

交通機関:
JR盛岡駅より岩手県北バスで2時間
JR田沢湖駅より羽後交通バスで2時間、岩手県北バスに乗り換え5分
宿泊者限定、路線バス利用の場合、八幡平山頂バス停からの送迎あり(要予約)

●温泉について
・泉質 単純硫黄泉

・立ち寄り湯
8:00~18:00
料金:大人/600円  小人/300円

●宿泊について
宿泊料金例)
1泊2食付 2名1室の1名あたり
スタンダードプラン 13,110円~(税込)

宿泊者様入浴時間
24時間可能 ※ただし7:00~8:00は清掃

標準チェックイン/アウト
15:00/10:00

この記事もおススメ!