温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【PR】信州松本「onsen hotel OMOTO」、7月18日にオープン!ニューノーマルを備えて、旅館の再生を起点とした 観光まちづくりに挑戦

松本市浅間温泉エリアの観光活性化を目的として、宿泊施設の運営や観光関連施設の誘致などに取り組む株式会社WAKUWAKU浅間温泉(本社:松本市浅間温泉、代表取締役社長:岡 嘉紀、以下「WAKUWAKU浅間温泉」)は、「onsen hotel OMOTO」を7月18日にオープンすることをお知らせいたします。

地元の主要旅館であった「おもと」のリニューアル(第一弾)を完了し、ニューノーマルにも対応しつつ、新しい時代に向けた旅館再生と観光まちづくりのモデルの創造を目指します。

「onsen hotel OMOTO」URL:https://www.omoto.co.jp
※2020年6月17日に公開予定

■地域の事業者との共存共栄

「onsen hotel OMOTO」(以下「OMOTO」)は、地域事業者との連携を大切にし、地域に開かれた宿であることを志向しています。

OMOTOは、北アルプスの絶景を望む展望大浴場や客室の良さを活かした宿泊に特化し、夕食や観光スポットなど、信州松本の楽しみ方をお客様に訴求する様々な取組を行います。

オープンにあたり、地元で300年以上続く「山屋御飴所」、発酵食品、お米、パンなどの老舗や名店とコラボレーションしました。

北アルプスを望む客室

■楽しく、感染予防にもなるサービス

地域の食材を活かしたこだわりの朝食をお弁当にして、お部屋で美しい景色を眺めながらお召し上がりいただけます。
また、開放感のあるラウンジでも、安心してゆっくりとお過ごしいただけます。

展望大浴場には、通気窓も新設し、風が通る気持ちの良いお風呂になりました。

お部屋にご用意するアメニティを充実させ、大浴場などへの設置物を減らすことで、館内の清潔感も高まりました。

朝食は景色を眺めながら

■多様性を受け入れる環境

今回のリニューアルにより8種類のお部屋をご用意しました。

従来の旅館らしい和室の良さはそのままに、シモンズベッドを和室になじませたお部屋を新設し、ペットとお泊り頂けるお部屋も設けました。

10人以上で利用できる大部屋も増やし、スポーツ大会や合宿の際にもご利用いただき易い宿泊プランをご用意しています。また、会議やミーティングに使用しやすい設備も充実しています。

シモンズベッドの和洋室

■主要旅館の再生を起点とした観光まちづくり

コロナ禍の影響により、観光業には厳しい状況が続くことが予測される中で、ニューノーマルに向けた取組が求められています。

OMOTOは、旅館と地域との関係を見つめなおし、当館のような部屋数の多い宿への宿泊客の増加が地域の収益にもなるような運営を行います。

地域の魅力を伝え、地域の良さを体感する滞在環境の提供を通じて、国内外のお客様に信州松本・浅間温泉の旅を選んでいただけるようにしてきたいと考えています。

絶景の展望大浴場

【株式会社WAKUWAKU浅間温泉 概要】
会社名:株式会社WAKUWAKU浅間温泉
代表者:岡 嘉紀
所在地:長野県松本市浅間温泉三丁目13番10号
URL:https://www.omoto.co.jp

(制作:Ai)

この記事もおススメ!