温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【PR】2020年7月23日(木・祝)箱根登山電車 箱根湯本駅-強羅駅間 営業運転再開

小田急箱根グループの箱根登山鉄道株式会社(本社:神奈川県小田原市、社長:府川光夫)は、昨年10月の令和元年東日本台風(台風19号)による被害のため、箱根湯本駅~強羅駅間で長期間運転を見合わせておりましたが、復旧作業が進捗し、下記のとおり、全線での営業運転再開日を決定しました。

箱根登山電車

箱根地区では、同台風による甚大な被害が生じましたが、箱根登山電車の全線運転再開により、箱根観光周遊ルート(箱根ゴールデンコース)が全面復旧いたします。
箱根湯本駅~強羅駅間を走る箱根登山電車は、駅や信号場など3か所でスイッチバックしながら、急勾配を走る山岳鉄道です。
全線運転再開によって、沿線地域の活性化や訪れるゲストの想い出に残る体験のお手伝いを通じた箱根観光の発展に貢献します。

営業運転再開日時

2020年7月23日(木・祝)始発より
箱根湯本駅発 5:50~
強羅駅発 5:23~
※7月9日より箱根湯本駅~強羅駅間において試運転を開始いたします。
※箱根湯本~強羅間の代行バスならびに箱根登山バスへの振替輸送は、7月22日までとします。
※箱根登山鉄道では、各施設において新型コロナウィルス感染拡大防止に向けた取組みを行っております。詳細は同社ホームページにてご確認ください。

箱根インフォメーション

(1) 2020年3月20日 箱根登山ケーブルカー新型車両導入
箱根ゴールデンコースの強羅駅から早雲山駅をつなぐケーブルカーを25年ぶりに更新しました。
沿線の新緑や、紅葉に映えるシンプルなデザインを基調といたしました。

(2) 2020年4月1日 「箱根ゴールデンコース」テーマ曲の導入
開通60周年を迎える「箱根ゴールデンコース」を音楽と共に楽しんでいただくことを目的に、特急ロマンスカー・GSEや箱根の乗り物、駅にBGMを導入しました。
テーマ曲は、箱根の風景と旅の思い出を音でつなぐ「Connect(コネクト)」をコンセプトに、「HAKONECTION(ハコネクション)」と名付け、制作は、大河ドラマ「西郷どん」や連続テレビ小説「マッサン」などの楽曲を手がけた富貴晴美さんが担当しました。

(3) 2020年6月5日 箱根てゑらみすオープン
箱根湯本駅から徒歩2分、ティラミス専門店「箱根てゑらみす」がオープンいたしました。
箱根の麓「そうけい珈琲」で焙煎されたコーヒー豆を使用したティラミスやソフトクリームなどを販売しています。
ティラミスには「私を元気づけて」という意味もあり、元気がない時や特別な時に食べるスイーツともいわれています。
「箱根てゑらみす」もひとくち食べればあなたを素敵な気分にしてくれるspecialスイーツです。
箱根湯本で私達の愛する「箱根」を照らす存在でありたい。
そんな願いを店名に込めています。
ふわっと香るコーヒーの香りと出来立てのとろける美味しさで箱根に訪れる旅人を特別で大人な気分にさせてくれます。

(4) 2020年6月29日 箱根インフォビジョン運用開始
箱根山内の主要駅に設置している運行情報ディスプレイ(箱根インフォビジョン)の全面リニューアルが完了します。
訪日外国人への情報提供の充実化を図るために、多言語化するほか、災害時には外国語放送を提供するなど情報発信を強化します。
また、利用者が見てすぐに理解いただけるわかりやすいデザインフォーマットを採用するとともに、混雑情報の提供を開始します。

(5) 2020年7月9日 早雲山新駅舎・新スポット「cu-mo箱根」オープン
箱根登山鉄道㈱、箱根ロープウェイ㈱では早雲山の新駅をリニューアルオープンいたします。
駅舎は地上2階、地下1階の構造で各階にエレベーターを設置し、スムーズな乗り換え動線を確保するとともに、多目的トイレを整備するなどバリアフリー設備も充実します。
また、木目を基調とした温かみのある空間を創出するとともに、安心してご利用いただけるよう授乳室や救護室を設置します。
地上2階には、新スポット「cu-mo箱根(クーモハコネ)」が同日にオープンします。
箱根外輪山、強羅の街なみ、相模湾を一望できる展望デッキを設けるとともに、無料の足湯施設も併設し、ダイナミックな眺望を新たにお楽しみいただけます。
箱根ロープウェイ㈱直営のショップでは、旅の途中に楽しめるスイーツや可愛らしさやレトロ感を出したグッズなどを取り揃えます。

(制作:Ai)

この記事もおススメ!