温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【PR】青森屋 馬車で公園を巡りながらりんごの食べ比べ!「紅葉りんご馬車」運行 期間:2020年9月1日~11月30日

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2020年9月1日~11月30日の期間、木々が色づく秋の公園を巡り、赤と黄の2種類のりんごを食べ比べできる「紅葉りんご馬車」を運行します。
ソーシャルディスタンスを保ち、密にならないよう安心してご利用いただけるように、各回1組限定、最大4名で運行します。

名馬の産地である青森の文化を体験するアクティビティ

かつて名馬の産地と呼ばれていた青森県南部地域では、馬は家族のように大切な存在でした。
その文化を青森屋で体験してもらえるように、公園を巡る馬車の運行をしています。

春は、炉端で「じゅね餅(*)」を焼く「花より団子馬車」、夏は冷たい果物を食べる「冷っこい果実馬車」、冬は薪ストーブで暖まれる「ストーブ馬車」と内容が変わり、季節ごとに楽しめます。
*じゅねとは、青森の方言でエゴマのこと。エゴマを煎って味噌と和えた「じゅね味噌」を餅に塗った青森の郷土菓子。

本プログラムにおけるコロナ対策

・馬車内でソーシャルディスタンスを保てるように、各回1組限定、最大4名で運行します。
・同行するスタッフはマスクを着用します。また、健康・衛生管理を徹底します。
・アイテムは、適切に消毒したものを使用します。
・集合場所のフロントに、手指消毒用アルコールを設置します。また、馬車内は常時換気を行います。
・検温によりお客さまの健康状態を把握します。発熱等が認められた場合には、参加をお控えいただく場合があります。

秋に収穫期を迎えるりんごを馬車で提供

紅葉りんご馬車は、馬車内でりんごを食べながら紅葉を眺められる秋のアクティビティです。
りんごの生産量日本一の青森県だから仕入れられる珍しい品種のりんごを馬車の中で提供します。
品種によって、甘味や酸味、食感などはさまざまで、赤と黄の2種類を食べ比べて味わえます。

「紅葉りんご馬車」概要


■期間:2020年9月1日~11月30日
■場所:公園内
■時間:9:00/9:30/10:00/10:30
■定員:各時間4名
■所要時間:1周約20分
■料金:大人1,200円/小学生1,000円/未就学児700円(税別)
■予約:公式サイト([https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/]{https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/})にて3日前まで受付
■備考:天候や馬の体調により中止になる場合があります。

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施

星野リゾート青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
青森県三沢市字古間木山56/客室数236室
https://www.hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

(制作:Ai)

この記事もおススメ!