温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【PR】群馬県西上州最古の湯治場・先代館主が惚れ込んで復活させた薬湯 猪田温泉・絹の湯 久惠屋旅館がクラウドファンディングでプロジェクト開始!  ※おんせんニュースは「予約販売」などのコロナ対策を応援します※

今回のプロジェクトを立ち上げたのは、今や世界中で猛威を振るい混乱させている新型コロナウィルスの影響により、宿の経営が深刻な状況に陥っているからです。 2月の半ば頃よりキャンセルが相次ぎ、3月からの予約が激減しました。

本来なら書き入れ時の時期なので、団体やグループなどの予約が立て続けになくなり肩を落とす日々。 状況を見ながら4月に入り自粛営業や臨時休館日を設けるようになりました。

しかし危機的状況になり大切なお客様を守るため、大事なスタッフが安全に働けるため、そして感染拡大防止をするため、目標額を250万円と定め、最低限の維持費を未来の宿泊で支援してもらうのが目的です。

群馬県藤岡市の温泉旅館 猪田温泉 絹の湯 久惠屋旅館は、2020年5月19日よりクラウドファンディングプラットフォーム株式会社CAMPFIREにてクラウドファンディングのプロジェクトを開始いたしました。

~夕暮れ時 ライトアップされた一軒宿 静かな時間をゆっくりと~

「たまご湯」と親しまれていた猪田温泉

宿のある猪田温泉は明治初期に湯治場が来湯し、西上州で最も古い湯治場 として栄えた温泉です。

源泉はメタホウ酸とメタケイ酸、硫化水素を含むアルカリ性の冷鉱泉で無色透明でありますが、独特の卵臭がするため、地元の方々には「たまご湯」を呼ばれ親しまれていました。

皮膚病にとても良いとされ、お医者様に見放された病人が湯に入りに来ていたと古い文献にも記されています。ですが大正期から昭和初期にかけてこの薬湯は廃れてしまい、しばらく源泉は眠ったままになっていました。

先代館主により美肌の湯「絹の湯」として復活

その話を先代館主がききつけ、そんな素晴らしい源泉があるならぜひ復活させたいと思い、当時の源泉の権利者から譲り受け、宿を建て今日に至ります。
周囲の反対もありましたが、およそ10年の歳月をかけ男のロマンを実現させたのです。

今現在は源泉名を「絹の湯」といい、その名の通り絹をまとったようなやわらかな湯でお肌がつるつるになる美肌の湯として皆さまに喜ばれています。

未来の宿泊で絹の湯の「今」をご支援ください

先代館主がそこまで惚れ込んだ源泉を何としてでも後世に残せるように! その一心で湯を守ってきました。

そこで2020年5月19日にスタートしたこの【クラウドファンディング プロジェクト】を通して、未来の宿泊で絹の湯の「今」をご支援いただければありがたいです。

〈プロジェクト概要〉
プロジェクト名 |【群馬県】秘湯の一軒宿を守りたい!未来の宿泊で 絹の湯の「今」を救ってください!
URL|https://camp-fire.jp/projects/view/280034
目標金額|250万円
募集期日|2020年5月19日(火)~7月7日(火)

〈リターン内容の一部〉
・日帰り入浴チケット6枚  3,000円
・施設利用券 10,000円(11,000円利用分)
・全館丸ごと一棟貸し 100,000円(30名まで利用可)
その他の7つのリターンからもお選びいただけます。

〈猪田温泉 絹の湯 久惠屋旅館について〉
名称:絹の湯 久惠屋旅館
代表:深澤 永守
所在地:群馬県藤岡市下日野1254-1
設立:1983年12月11日
事業内容:宿泊業

絹の湯 久惠屋旅館:https://www.hisaeya.com/

この記事もおススメ!