温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【PR】東京荻窪天然温泉なごみの湯が「つるつる温泉」を導入 ~「美肌の湯」の新温泉が東京都杉並区に登場!~

株式会社 なごみリゾート(本社:東京都杉並区、代表取締役:安益濬、以下なごみリゾート)が運営する温浴施設「なごみの湯」の露天風呂に、2019年12月14日(土)、「つるつる温泉」を新たに導入いたします。温泉に入った瞬間にその違いが分かるほど素晴らしい「美肌の湯」をお楽しみ頂けるようになります。

株式会社 なごみリゾート(本社:東京都杉並区、代表取締役:安益濬、以下なごみリゾート)が運営する温浴施設「なごみの湯」の露天風呂に、2019年12月14日(土)、「つるつる温泉」を新たに導入いたします。
なごみの湯は、JR中央線荻窪駅西口から徒歩一分の温浴施設です。

画像はイメージです。実際の色は無色透明です。

東京の多摩地域の温泉はアルカリ性の高い温泉 美肌の湯

都内をはじめとして、関東各地で湧出する温泉は、基本的に黒湯と呼ばれる塩化物泉がほとんどです。
その中でも、東京の多摩地域の温泉はアルカリ性の高い温泉(無色透明)のものがあり、美肌の湯と呼ばれるほどの評判です。
なごみの湯では、長らくこの黒湯を使用してきましたが、近年、「女性が本物体験を重要視する」ようになり、なごみリゾートとして、都心近くでその声に応えることができないかと検討を重ねてまいりました。

この度、東京都日の出町の「生涯青春の湯 つるつる温泉」(所在地:東京都西多摩郡日の出町大久野4718)に協力をお願いすることで、本物の「美肌の湯」をお客様に提供できることとなりました。
その温泉をタンクローリーで定期的に運搬をして、荻窪の地でも美肌の湯「つるつる温泉」をお楽しみ頂けるようになります。
今後は、日の出町の特産物を使用した料理やお土産品の取り扱いも実施する予定でいます。

新温泉(露天風呂)概要

①源泉名称:ひので三ツ沢 つるつる温泉
②泉質:アルカリ性単純温泉(ph値:10.1)
③泉温:27.4℃(源泉)
④効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・冷え性など
⑤加温加水:源泉そのまま利用(ろ過循環あり)。温度維持のため加温のみ、加水無し
⑥源泉湧出量:111.3リットル/分
⑦特徴:ph値が7.0を超えるアルカリ性のお湯は、クレンジング作用があり、肌の汚れや古い角質を落としてすべすべな肌に整えてくれる効果があります。
⑧源泉地温泉URL:http://www.gws.ne.jp/home/onsen/ (生涯青春の湯 つるつる温泉)
⑨新温泉開始日:2019年12月14日(土)予定
⑩温泉ご利用可能時間帯:10:30~25:00


なごみの湯 概要
①所在地:東京都杉並区上荻1-10-10

②営業時間:10:30~翌9:30(温泉利用時間:10:30~25:00)

③入館料
大人:1980円(入湯税150円含む)、子供:1070円、幼児:540円
土日祝・特定日は+200円 ※特定日:お盆期間・年末年始期間
深夜料金:1380円(25:00以降滞在の場合)

④施設    
・お風呂
【天然温泉・超高濃度炭酸泉・ジェットバス・ロッキーサウナなど】
https://www.nagomino-yu.com/bath.html

超高濃度炭酸泉


・ヒーリングスパ
【岩盤浴・ロウリュウ・胎内浴・ヴィフィタズフォレストなど】
https://www.nagomino-yu.com/healingspa.html

ヒーリングスパ内「ヴィフィタズフォレスト」は2019年10月登場


・各種リラクゼーション
【あかすり・ボディケア・足ツボ・エステなど】
https://www.nagomino-yu.com/relax.html
・お食事処
【旬彩庵しおん】
https://www.nagomino-yu.com/sion.html

⑤コンセプト
「いつもゲンキ!いつもキレイ!」をコンセプトに、「ココロとカラダのうるおいエイジングケア」をはかる都市型温泉リゾート施設。

この記事もおススメ!