温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【島根】日本五大名飯の「隠れた」逸品。歴史ある郷土料理・石見うずめ飯って何?キャンペーンも

日本五大名飯(または銘飯)って知っていますか?
はてなキーワードによると1939(昭和14)年、宮内庁の全国郷土料理調査において選ばれた5つの郷土料理とのこと。
昭和14年て、戦前。宮内庁の権威も今よりもっと強大だったと思われるそのころに選ばれた、晴れある5つの逸品は下記の通り。

1.サヨリめし(岐阜県)
2.深川めし(東京都)
3.うずめめし(島根県)
4.忠七めし(埼玉県)
5.かやくめし(大阪府)

中の人は、「深川めし」と「かやくめし」と、漫画「美味しんぼ」のおかげで「うずめめし」は知ってました。
たしか9巻だったと思いますが、家に帰らなくなった旦那さんの心を取り戻すために、電子レンジ新婚妻に山岡さんが教えてあげたのがこの「うずめ飯」だったはず。
具だくさんのお茶づけみたいで美味しそうだな~、と思ったのを記憶しています。

歴史ある郷土料理が石見地方のブランド食材とコラボしたご当地グルメに

さて、しみじみ美味しそうな「うずめ飯」ですが、新しいご当地グルメ「石見うずめ飯」としてデビューしています。

mainoichi
(写真:神楽の里 舞乃市の石見うずめ飯)

そもそも「うずめ飯」は島根県西部の石見地方にある小京都・津和野に古くから伝わる郷土料理。
(石見地方は津和野藩・浜田藩・幕府直轄領から成る)
tsuwano
(写真:津和野の街並み)

なんでも津和野の殿様がひどく倹約家で贅沢な食事をするのを嫌ったため、庶民たちがおかずをご飯の中にかくして食べたことから具をごはんを「うずめる」=「うずめ飯」となったそう。
まさに「隠れた美味」ですね!

郷土料理として伝わるうずめ飯は、よい香りのセリ、細かく切って薄味で煮たしいたけやにんじん、豆腐や山菜などがご飯の下に隠れています。ご飯の上から特製のダシをかけていただきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
特産のわさびをのっけるといっそう香りが素敵なんだとか。
材料から見てもヘルシーで体にやさしそうです。ダイエット中でもいただけそう。

新しい「石見うずめ飯」では、伝統的な郷土料理の「うずめ飯」と、現代風にアレンジした肉や魚を使った新しいうずめ飯をセットにしたもの。
石見エリアの食事処や旅館で創意工夫した「石見うずめ飯」に出会えます。

uzume

セットの肉・魚バージョンに使われる素材も石見地方のブランド牛・豚、アナゴやフグ・鯛など、
「そりゃ見つかったら殿様に怒られるでしょ(笑)」
というような贅沢な食材が目白押し!

石見地方の食材の豊かさを感じることができるグルメメニューに仕上がっています。

さて、石見地方といえば、有福温泉・温泉津温泉といった歴史ある温泉地に、三瓶温泉など絶景湯、泉温36度と高温で湧く泡付き炭酸泉で全国的に珍しい小屋原温泉など温泉好きにも楽しいエリア。

yunotsu
(写真:世界遺産・石見銀山への入り口にもあたる温泉津温泉の薬師湯。源泉の濃い成分がびっしり付着している)

今の時期はスキーで訪れる人も多いでしょう。

また、2018年4月1日で廃止されるJR三江線が通っており、鉄道ファンは絶対に見逃せないエリアでもあります。

また伝統芸能の石見神楽もこの地を訪れたらぜひ必見!油断していたらびっくりするほどの見応えがあります。

kagura

スキーに温泉に鉄道旅に、古くて新しい「石見うずめ飯」も味わってみたいですね。

なお、2017(平成29)年2月28日まで「石見うずめ飯」を食べて感想や意見をメールしてくれた人から10名に「石見の神楽めしクーポン券(2000円分)」をプレゼントするキャンペーンも実施中です。

石見うずめ飯キャンペーンアンケート

島根の郷土料理 石見うずめ飯

http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0612215901/

TEL:0855-29-5647(石見観光振興協議会)

石見うずめ飯がいただけるお店
津和野のお宿 よしのや(津和野)
沙羅の木 松韻亭(津和野)
ホテル松尾(浜田)
神楽の里 舞乃市(江津)
温泉リゾート 風の国(江津)
四季の宿さひめ野(三瓶山)

この記事もおススメ!