温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【宮城】仙台空港~遠刈田温泉まで直通バスが期間限定運行3/5(日)迄・無料バスに乗り換えで樹氷観光も

まだまだ寒い日が続いていますが、寒い季節だからこそおすすめしたいのが、宮城県蔵王町の蔵王エリアです。
3月5日(日)までの土日祝日、宮城県の玄関口である仙台空港から遠刈田温泉まで直通バス「みやぎ蔵王温泉号」の臨時運行がスタートしました。

bus

運行する「みやぎ蔵王温泉号」は仙台空港から「遠刈田温泉湯の町」バス停を経由して「宮城蔵王ロイヤルホテル」までを結んでいます。

仙台空港からは朝、昼、夕方の1日3便あるので、利用便の到着に合わせて使えますね。帰りの便は1日2便です。所要時間は約1時間。
予約不要で、運賃が片道1,200円と手頃なのも嬉しいポイントですね。

蔵王方面は3月でも雪深く、レンタカーなど慣れない車の運転は不安ですが、直通バスなら雪道に慣れたドライバーさんの運転なので安心ですね。初めての蔵王旅行でも乗換えや降車間違いなどの心配がなく、頼りになるでしょう。

遠刈田温泉の湯めぐりに、蔵王の樹氷観光にも便利

バスの目的地の1つである遠刈田温泉は約400年の歴史を持つ温泉地で、泉質は「ナトリウム」「カルシウム」「硫酸塩」等、やさしいお湯が特徴です。老舗旅館やホテル、オーベルジュなど個性豊かな約70件の宿泊施設があり、日帰り入浴ができる施設もたくさんあるので、湯めぐりもいいですね。

「遠刈田温泉湯の町」バス停の前には、遠刈田温泉のシンボルとも言える「神の湯」があり、温泉入浴施設や足湯があるほか、観光案内所も併設されているのでバスを降りたら立ち寄ってみたいですね。

kaminoyu
遠刈田温泉・神の湯。画像:宮城県経済商工観光部観光課

さて、冬の蔵王といえば「樹氷」が有名、このバスは宮城側からの「スノーモンスター」観光にも便利です。

「みやぎ蔵王温泉号」の停留場所になっている「遠刈田温泉湯の町」バス停のすぐ近くにある観光案内所から、樹氷が見られる「すみかわスノーパーク」へ無料バス(※ただし予約制)が運行しているんです!

「すみかわスノーパーク」では「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」としてキャビン搭載の暖房付乗用雪上車による樹氷観光ツアーが毎日開催されています。

miyagi_zao
みやぎ蔵王の樹氷。画像:宮城県経済商工観光部観光課

この暖房付乗用雪上車「ワイルドモンスター号」での樹氷ツアーは、専属ガイドの案内付、ツアー料金には防寒長靴のレンタル料も含まれているそうです。予約制となっているので、スケジュールが決まったら、予約をお忘れなく。

仙台空港~遠刈田温泉 直行バス「みやぎ蔵王温泉号」

みやぎ蔵王温泉 直行バス「みやぎ蔵王温泉号」限定運行(PDF)
https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/608016.pdf
・2017年1月21日(土)~3月5日(日)
仙台空港発(所要約1時間)
9:20 12:10 16:10

宮城蔵王ロイヤルホテル発(遠刈田温泉湯の町発)
10:50(10:52) 14:45(14:47)

問い合わせ
TEL:0224-83-2044
株式会社ミヤコーバス 村田営業所 

・すみかわスノーパーク
http://www.zao-sumikawa.jp/

この記事もおススメ!