温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【静岡】伊豆白浜の郷土料理「さんま寿司」まつり開催中! 砂糖をたっぷり使った〆さんまのお味とは…?

秋の欠かせない味覚・さんま。今年は名物イベントが中止されるなど、不漁の影響が出ていましたね。皆さんは、どんな食べ方がお好きですか?
大根おろしを添えた塩焼きもいいですが、静岡県伊豆白浜の郷土料理「さんま寿司」はいかがでしょうか?

こちらの「さんま寿司」は握り寿司ではなく、シメさんまの押し寿司になります。

酢飯の上に乗ったさんまの半身は、銀色に輝いていて美しい!その上に並んでいるショウガスライスが可愛らしく、どこか懐かしさを感じさせます。

このさんま寿司、作るのにとても手間がかかっているんですよ。

簡単に作り方を見てみると…

1・背開きにしたさんまを24時間塩漬けにした後、1時間ほど塩抜きをする。
2・塩が抜けたさんまを今度は10時間ほど酢漬けに。
3・さらにたっぷりのお砂糖を加えて8時間。砂糖が溶けるまでじっくり漬け込みます。
4・酢飯に乗せ押し寿司専用の箱に詰めて押すこと8時間…

ようやく、完成です!

約3日もかかってできあがったさんま寿司は、青魚特有の生臭さは消えており、たっぷり使った砂糖はどこへやら?さっぱりとしたお味なんですよ。

光り物のお寿司は苦手なでも、このさんま寿司は食べられるという人もいるんだとか。また、さんま寿司に使用するさんまは「脂がのっていない」もののほうが、おいしく仕上がるんだとか。

このさんま寿司が食べられるのは、さんまが水揚げされる、10月から翌5月頃まで。伊豆白浜地区の民宿やペンションで提供されています。
また、伊豆白浜温泉の民宿「みどり荘」では、この時期の夕食で食べることができますよ。

味覚の温泉宿 みどり荘
http://midoriso.shizuoka.jp/


このさんま寿司は製造日を含め3日間保存できるので、地方発送もOK。行けないけど食べたい場合にも嬉しいですね。
また道の駅 開国下田みなと2Fにある物産店「まるごと下田館」では11月3日~5月6日までの土日祝日のみ、販売されています。下田を訪れたらぜひ買って帰りましょう!

また、伊豆白浜地区では12月20日まで「さんま寿司まつり」を開催中です。さんま寿司と新鮮な磯料理を予約できる宿泊キャンペーンです。こちらは予約制となっているので、観光協会まで問い合わせを。

(まとめ・文:ゆきさね)

さんま寿司まつり

http://www.izu-shirahama.jp/
開催期間:2017年月10月1日(日)〜12月20日(水)※予約制

開催場所:伊豆白浜 
※味覚の温泉宿 みどり荘
http://midoriso.shizuoka.jp/
静岡県下田市白浜1232−1 GoogleMAP

問合せ:
伊豆白浜観光協会
TEL:0558-22-5240

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »