温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【静岡】大井川鐡道の無人駅がアートに!のんびりした景色にとけこむアートの不思議な世界は3/25まで

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

美術館やギャラリーもいいけれど、無人駅にアートがあったらどうでしょう?
……そんな一味ちがった芸術祭が静岡県の大井川鉄道で開催されています。その名も「無人駅の芸術祭」どんなアート空間になっているのでしょうか。

写真:大井川沿いの木材で作られた丸い目のついた小屋「しでかすお友達」Me and My Monster(私とわたしの怪物)




大井川鉄道といえば、SLが走っていることでも有名です。鉄道ファンならずともその光景を目にしたことがあるかもしれませんね。

実はその大井川鉄道、SL車が停車する駅以外はほとんどが無人駅
電車は1時間に1本程度、1日の乗降客が10人にも満たない駅もあるとか。周辺は茶畑が広がる景色。なんとものどかな沿線の風景もその魅力の一つです。

芸術祭のタイトルは「無人」を意味する「UNMANNED」。そのコンセプトは「無人駅が開くと地域が開く」。

8人の県内外のアーティストたちが無人駅エリアを舞台にアートを表現し、無人駅とその周辺の魅力を再発見させてくれます。

5人のアーティストユニット「しでかすおともだち」による、大井川沿いの木材で作られた丸い目のついた小屋。

ちゃんと名前もつけられていて、星空の出た夜の空気を吸うのが好きという設定。見る側の想像力をかきたてる仕掛けがたくさん。

そして「しでかすおともだち」は3月25日には無人駅に出没して世界に2つとない着ぐるみを身にまとい、愛と恐怖の織り成す魅惑の世界を撒き散らしてくれるのだとか。これまた遭遇するのが楽しみですね!

美術作家さとうりささんによる、粘土で作られた丸いオブジェたち。何かを語りかけてくるかのようです。

写真:美術作家さとうりささんによる「地蔵まえ」

夏池篤さんの「森のコースター2」は、本線から逸れた線路が森へと続いていきます。トロッコが人間と動物の世界の橋渡しをするイメージだそうです。

写真:夏池篤さん「森のコースター2」


人の気配のないところに、怪物や森の動物たちが降臨するというふしぎなワールドに誘ってくれる、無人駅の芸術祭。ここだけでしか見られないアートですね。

各駅には持ち帰れる作品キャプションも用意されているので、ぜひ手に取ってみて見てくださいね。

アートだけでなく、周辺エリアの観光にも役立つ「無人駅アート手帖」も発行されています!

写真:無人駅アート手帖はぜひアート巡りのおともに

こちらは、文筆家の甲斐みのりさんが監修。甲斐さん目線の美味しいものや素敵なものが盛りだくさんの手帖です。巻末には作品監修スタンプラリーもついていますよ。
1冊300円で市内書店や、大井川鉄道新金谷駅、プラザロコにて販売中です。

また、お得な川根温泉ふれあいの泉クーポン付切符も販売されています。川根温泉笹間渡駅までの往復乗車券と、川根温泉ふれあいの泉の温泉入浴料金がセットになったお得な切符です!(一日乗り降り自由)

販売は、金谷駅からは大人1820円、小人920円、新金谷駅からは大人1,640円、小人820円となっています。自由に途中下車しながらのんびり楽しめますね。

写真:木村健世さんの「無人駅文庫」

大井川鉄道ではアートを楽しむだけでなく、沿線の茶畑を散策したり、地元のお店でお茶を飲んだりする楽しみもあります。

そしてやはり何と言っても素晴らしい温泉!大井川の秘境と呼ばれる寸又峡温泉まで足を伸ばしてみるのもおすすめです。千頭駅からバスで40分、深い渓谷や滝など、マイナスイオンたっぷりの自然の中にある温泉街です。

とろりとした泉質は「美人づくりの湯」と言われるほどの硫黄泉でお肌はすべすべに!温泉街の周りでは、長さ98mもあるつり橋も有名で、ゆらりゆらりと揺れるつり橋のスリルを味わいに来る人もいるほどです。

周囲の風景に溶け込みながら、その地域の新たな魅力を再発見させてくれる無人駅アート、大井川鉄道の新しい魅力が発見できるかもしれませんね。
(まとめ・文:mashiro)

 


<AD>


無人駅の芸術祭/大井川

http://unmanned.jp/
開催期間:2018年3月9日(金)~3月25日(日)

場所:大井川鉄道無人駅周辺(島田市地域)
(代官町駅・日切駅・五和駅・神尾駅・福用駅・抜里駅・川根温泉笹間渡駅)
入場料等:特になし

問合せ:クロスメディアしまだ
http://unmanned.jp/内の問合せフォームか
TEL:0547-35-0018

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »