温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【宮城】はらこめし食べたら温泉宿泊券をGETのチャンス!はらこめし発祥の地・亘理町で「はらこめしスランプラリー」開催中!〜11/30

宮城県亘理町では、11月30日まで「はらこめしスタンプラリー」を開催中です。「はらこめし発祥の地」亘理町で、秋鮭とイクラをふんだんに使用した「元祖はらこめし」を食べて応募すると、温泉ペア宿泊券や地場産品詰合せなどが抽選で当たります。

旬の郷土料理をおいしく食べて豪華賞品をGETできる、まさに一挙両得なスタンプラリーなんですよ。毎年恒例のイベントなので、このシーズンを楽しみにしている人もたくさんいると思います。




「鮭×イクラ」は鉄板の美味しさ!亘理町は、今が旬真っ盛りの「はらこめし発祥の地」

はらこめし」ってご存知ですか?駅弁などでも見かけることがあるので、なんとな〜く分かるという方が多いのではないでしょうか?

「はらこめし」は、炊き込みご飯の一種で、醤油や酒などで鮭を煮た煮汁で炊き込んだご飯の上に、煮汁で煮た鮭の身とはらこ(イクラ)を乗せたもの。白飯や酢飯の上に鮭の身やイクラを乗せた「鮭イクラ丼」とは別の料理なんですよ。

亘理町には、鮭の遡上する川として昔から有名な、阿武隈川が流れています。亘理町の「はらこめし」は、「農山漁村の郷土料理百選」にも選出されている宮城県を代表する秋の味覚です。

盛り付けも美しい「はらこめし」。ご飯にも鮭の旨味がしみ込んでいます!

写真:盛り付けも美しい「はらこめし」。ご飯にも秋鮭の旨味がしみ込んでいます!

ちょっと気になる「はらこめし」の由来ですが、その昔、仙台藩主・伊達政宗公が貞山堀の工事を臨検した際に、亘理荒浜の漁師がもともと漁師料理だった鮭の腹子(はらこ)をご飯に炊きこんだ「腹子飯」を献上したところ、政宗公がことのほか喜んで側近に吹聴したことが世に珍重されるに至った始まりと伝えられています。

ちなみに「腹子」とはコレ。イクラのことです。

ツヤツヤのイクラはまるで赤い宝石!

写真:ツヤツヤのイクラはまるで赤い宝石!

私、「はらこめし」と「鮭イクラ丼」は一緒のものだと思っていました。亘理町の皆さん、伊達政宗公、ごめんなさい!

写真:亘理町観光PRキャラクター「わたりん」も、「はらこめし」食べてます。右は亘理町の風景

亘理町で「元祖はらこめし」を食べて、豪華賞品を当てよう!

亘理町には、はらこめしを提供している飲食店が20軒以上もあります。さすが、はらこめし発祥の地だけあって密度がすごいですね!

開催中の「はらこめしスタンプラリー」への参加方法は、とてもシンプル。実施期間中にスタンプラリー参加店舗で「はらこめし」を注文すると、1食につきスタンプカードにスタンプを1つ押印してもらえるので、スタンプを集めてスタンプカードを応募箱に投函するだけです。
スタンプカードと応募箱は、参加店舗にて配布および設置してあります。切手を貼って送る必要などがないのは、手軽で嬉しい限り。

スタンプをいくつ集めればいいんだろう…そんなにはらこめしを食べ歩きなんてできない!という皆さんもご安心を。
応募のコースは、スタンプ1個で応募できる「スタンプ1個コース」と、2店分のスタンプ、つまりスタンプ2個で応募できる「食べ歩きコース」の2種類。

数あるスタンプラリーの中でも、かなりハードルが低いうれしいルールになっていて、スタンプ1個コースに至ってはその参加店舗の中で応募まで済んでしまうという簡単さです。

しかも賞品が豪華なんですよ!
両方のコースで参加店舗で利用できるお食事券や、亘理町の特産品のイチゴを使ったジャムやお菓子などの地場産品詰合せが抽選で当たります。どんなものはもらえるのかは、届いてからのお楽しみ~。

地場特産品詰め合わせは、亘理の特産品を使った加工品などおいしいものが詰まっていますよ。

写真:地場特産品詰め合わせは、亘理の特産品を使った加工品などおいしいものが詰まっていますよ。

また、目玉賞品は「食べ歩きコース」の特賞「わたり温泉鳥の海」ペア宿泊券!
おいしく旬の郷土料理を食ベて、温泉宿泊券まで当たるなんて…これはもう幸せすぎですよね。

「わたり温泉鳥の海」は、秋保温泉にある有名温泉宿「ホテル佐勘」がプロデュースする温泉施設で、太平洋や牡鹿半島、金華山などが望める絶景ビューの温泉が自慢です。2018年4月にリニューアルオープンしたばかりの宿に宿泊できる絶好のチャンスですよ!

写真:今年のリニューアルでより魅力的になった「わたり温泉鳥の海」

もちろん露天風呂も完備。浴場が最上階にあるので、見晴らしが抜群なのがうれしいですね。パノラマ景観を楽しみながらゆったり寛げます。

写真:特賞で泊まれる「わたり温泉鳥の海」。露天風呂からの眺めは、まさに絶景!

「わたり温泉鳥の海」は、日帰り入浴も可能なので、はらこめしを食べて、立ち寄り温泉というゴールデンコースも、もちろんオススメですよ。

今回のスタンプラリーには、23軒のお店の「はらこめし」が参加。はらこめしとしての大まかな作り方は同じとはいえ、お店ごとに味や盛り付けは千差万別。それぞれのこだわりが詰まった「自慢の逸品」揃いなので、ぜひ食べ比べをして味の違いを楽しみたいですね。

写真:ひとくちに「はらこめし」といっても店によってこんなにさまざま。

ほとんどの店舗で定食と折詰、2つの形式ではらこめしを提供しているので、1店舗目では定食を食べて、2店舗目では折詰をお土産として購入なんてこともできますよ!各店舗の営業時間や定休日などのチェックもお忘れなく。

きっとお気に入りのはらこめしが見つかって、来年もでかけたくなることまちがいなし。
宮城を代表する秋の味覚・はらこめしを腹一杯食べて、豪華賞品をGETしちゃいましょう!

(まとめ・文:ゆきさね)

<AD>




 
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »