温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【北海道】北海道むかわ町へホンモノのししゃもを食べに行こう!10~11月の時期しか獲れない貴重な美味!

気軽に食べられるししゃも、リーズナブルで美味しいですよね。でもちょっと待ってください!
あなたが食べてるししゃも、本物ではないかも……。北海道太平洋沿岸の町、むかわ町でだけ獲れる、正真正銘ホンモノのししゃもについてご紹介します!




日本固有種の本物のししゃも、実は希少

写真:銀白色に輝く本物のししゃもはとてもやわらかな食感が特徴

実は私たちがふだんスーパーなどで購入するししゃもだと思っている魚は、カペリン(和名:カラフトししゃも)という別の魚なんです。もちろん、全く別の魚というわけではなく、本物のししゃもと親戚のような種類の魚だそうです。

市場に出回るししゃもと名のつく魚のうち、本物のししゃもはわずか10%未満

カペリンはオホーツク沿岸など比較的広範囲に生息していますが、ししゃもは日本固有の種で、北海道の太平洋沿岸のみに生息し、漁獲量は大きく違います。そのため、本物のししゃもには本場までいかないとお目にかかれないのです。

またカペリンは海岸の波打ち際で産卵しますが、ししゃもは鮭などと同じように海から川を上り、河床で産卵する魚です。ししゃもも川を上る魚なんですね!なぜ北海道むかわ町近辺でしか見られないのかなど、実は今だに謎につつまれた部分が多いのだそうです。

ししゃもとカペリンでは味や食感もかなり異なり、本物の方が味が濃厚で甘みがあるのが特徴食感もふっくらとしていて焼いたときの香りも濃厚だそうです。また、オスとメスでも味に違いがあり、オスの方が卵がない分、身が引き締まっていてより濃厚な味わいを楽しめます

ほんのり甘みのあるししゃも、ぜひとも食べてみたいですね!

ししゃもの町、北海道むかわ町

北海道太平洋沿岸の町、むかわ町はししゃもの町として知られています。

むかわ町の名物はししゃも寿司。これは10月~11月の時期しか食べられません。ししゃもはとても傷みやすいので、鮮魚は市場にはほとんど出回らず、水揚げされたばかりのものでないとお寿司として食べることはできないのだそうです。また、水揚げ量が少ない場合は、寿司ネタにできるものも少なく、品切れになることもあるとか。

つまり、この時期、この場所でしか食べることのできない、貴重なものなのですね。

またその期間中にも、ししゃもの味は変化していきます。

10月初旬のししゃもは脂が多く、次第に脂が抜けていきます。そして後半には卵のプチプチした食感を楽しめるようになります。同じ魚でも日によって、味や食感が違ったり、産卵期になると全身が黒ずんできたりと色まで変わってきます。これはししゃもだけの特徴で、カペリンにはそのような変化は見られないそうです。

写真:本物はこの時期にしか食べられない。絶品焼きししゃもを食べに行こう

むかわ町では、町魚としてししゃもが制定されるなど、ししゃもは町のブランドとなっています。豊漁を祈る儀式や、ししゃもが遡上する姿を表現した和太鼓の曲があったりするのを見ると単なる町のブランド商品という以上に町全体で大切にしているのがわかりますね。

かつてアイヌの人たちに神がくれた魚として尊ばれた歴史もありました。町魚の制定はししゃもの生きる環境を守り、資源として未来に残していくことを趣旨としているようです。

むかわ町では毎年、この時期にししゃも祭りも開催され、そこで絶品限定メニューししゃも寿司をいただくことができますよ!

写真:2018年も11月3日・4日にししゃも祭りが開催された

 まとめ

2018年9月、震災の影響が大きかったむかわ町ですが、今年も10月からはししゃも漁も解禁となり、ししゃも祭りも震災復興イベントとして開催されました。

原稿準備中に地震があり、旬の時期に記事が間に合わなかったのですが、本物のししゃもを味わいに、ぜひ一度訪れてみたい町ですね!
(まとめ・文:mashiro)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »