温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

温泉好きなライターさん募集しています・簡単な電話取材が可能な方【プロ歓迎】

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

※2018年6月の急募については終了いたしました※

おんせんニュースでは、ニュースの増加に伴い、温泉好きな助っ人ライターさん(在宅ライター)を募集します。
プロのライター・編集者として活躍されている方はもちろん大歓迎ですが、プロ経験がなくても温泉好きで文章を書くことが苦にならない人であれば、指導いたします。

●趣味・環境
・温泉や旅行、ご当地グルメが好きで詳しい。
・温泉地に住んでいる。
・温泉や観光の仕事をしている。

●スキル
・文章を書くのが好き。
・旅館やお店へ(お客様の立場として)電話で問い合わせができる。
・社会人としての電話応対経験がある


上記にあてはまる方であれば、丁寧に指導いたします。副業の方大歓迎です。ふるってご応募をお待ちしております。なお、今回は下書きのみのライターさんの応募はしておりません。

電話取材(といったら大げさですが、わからないことの先方問合せと捉えていただいたらいいと思います)ができる方をお待ちしております。礼儀ある電話応対ができて、日本語で記事が書ければ、年齢性別は不問です。

・旅行主任者
・各地の観光マスター
・温泉ソムリエ
・温泉観光士


等の資格をお持ちの方は、知識が役に立つと思います。

気になる報酬は?…案件によるが1本3000~4000円前後

おんせんニュースでは文字数でカウントする原稿料+作業単位の編集料として報酬を計算いたします。

スキルと文章量によりますが、プロの方で1本あたり大体4000円、アマチュアの方で3000円前後になると思います。

 

●原稿料


完成(掲載)原稿1文字計算となります。原稿は本文系とデータ系と2種類の料金体系があります。

原稿料1:本文系
本文・キャプション・見出しなど。ライターの文章力構成力が必要な部分です。

本文系1文字あたり 1.2円~1.7円スタート ※経験値による

 
・プロ経験なし 1.2円スタート
・プロとして雑誌や旅行情報誌経験がある 1.7円スタート
※スキルがあがるにつれてアップします。

※原稿の長さは1200文字前後を基準とします。
最低800文字~2000文字程度までですが例外もあります。

原稿料2:データ欄
データ欄はフォーマットに従ってデータを調べて埋めるだけの作業です。

データ欄1文字当たり 1.0円固定

 

 

●編集料…できる作業によって1000~1800円


・電話取材なしの場合 1000円

 

原稿案を先に執筆して、先方に連絡して確認してもらうだけ。質問は3~4問同時に送信します。
初期連絡・メール(FAX)送信・原稿確認・修正回答反映・画像ファイルのリネイム
プロ経験がない人はまずはこちらから少しずつ慣れていただきます。

・電話取材有の場合 1400円

 
電話取材をしてから原稿を執筆するパターン。
初期連絡・メール(FAX)送信・電話取材・原稿確認・修正反映・画像ファイルのリネイム

その他加算

※画像解像度の変更ができる +100円 ソフト一括変更を想定しています
※ワードプレスでの直納品ができる(HTML知識必要) +300円

 

この料金体系は、おんせんニュース中の人のスピードで仕事ができた場合、時給2000円程度になることを目安に決めています。
首都圏・関西圏などにお住まいのプロライターの方には、少し安いと感じられるかもしれません。

将来的に、サイトの収益性があがれば基本料金自体を引き上げますが、安い時代から手伝っていただいていて実力がある方は、引上げ方を考慮します。

なお、執筆業務の委託に当たっては、原則的に業務委託契約書を取り交わします。

原稿の本数ノルマとかあるの?

原稿執筆本数のノルマなどはありません。引き受けられれば引き受けていただき、私用などで難しい場合はお断りいただいても大丈夫です。ただ、積極的に引き受けていただいている方は、スキルアップも早く、報酬基礎額がアップする傾向があります。

電話取材がハードル高いのですが……

取材先はだいたい温泉施設・旅館ホテル・観光協会などになります。最近は「おんせんニュース」をご存知の取材先も多いので、最初の電話から丁寧あるいはフレンドリーに応対されることが多いです。つっけんどんに対応されたり怒られたり、ということは中の人の経験ではゼロに近いです。

取材先に営業をするわけではないので、普通の社会人経験程度の礼儀と、時間を割いて応対してくださっている相手への思いやりがあれば問題がありません

ただ、最近は報じられているようにサービス業関連では「人手不足」の傾向があり、何度ご連絡しても担当がいつもいない、確認のお返事や画像をなかなかくれない、という取材先も一定数います。

その場合、3回連絡しても返信いただけないなど、諦めても大丈夫なルールもあります。その場合、初期連絡費用の報酬が出ます。

連絡がついたら、あとは自分が行くとしたら気になることを聞くだけですが、実はそこがセンスと経験が物をいう場所。

訪れたこともない新しい温泉について、どんな魅力を持つ場所なのか聞き出せるのは、今までに他の温泉などで「自分がこんなところに魅力を感じた」という経験の積み重ねです。

日ごろから温泉や旅先で、自分や同行者の「感動ポイント」を整理しておき、活かすといいですね。

なお、お電話については案件数が多く、一定期間経過したライターさん対象に電話の貸与制度もあります。
(ただし電話貸与の場合、編集料が100円引きとなります)

現地取材がしたいのですが……

残念ながら、おんせんニュースは、現時点では現地に取材にいっていただくほど儲かっておりません(笑)

ただし、一定スキル以上あるライターさんであれば、自分が温泉に行ってきたという写真付きレポートをご提案していただくことは可能です。ご提案が採用された場合は、規定原稿料+編集料に、取材補助費として1本あたり2000~3000円程度が加算されます。

取材のための出張費用と考えるともちろん足りないですが、「個人的に遊んできたレポートがおんせんニュースで売れた」と考えていただければ、と思います。

応募は

応募は、下記フォームよりお気軽にご応募ください。問い合わせでも歓迎です。
それではお待ちしております!

<応募フォームは↓こちら↓>
https://onsennews.com/writer_entry_form/
※2018年6月の急募については、多数の応募をいただき、予定数以上のライターを確保いたしましたので、終了いたしました。ご注目いただきありがとうございました※

※ご応募時にいただいた個人情報は、株式会社ザクプランが選考のみに使用します。その他の用途に利用することは一切ありません。
※選考が終了しましたら、採用者以外の情報は速やかに破棄します。
 採用者の情報については、その後の業務委託契約関連のみに使用します。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »