温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【PR】新規オープンから“たった1日で休館” 「休暇村リトリート安曇野ホテル」 ※5月16日(土)より営業再開!※

全国37か所で展開している自然にときめくリゾート休暇村は、これまでの休暇村にはない宿泊特化型リゾートとして「休暇村リトリート安曇野ホテル」(所在地:長野県安曇野市穂高有明7682-4 支配人:渡邊康広)が2020年4月22日にオープンしました。3月時点での予約状況は、オープンから夏まで、ほぼ満室のご予約をいただいておりました。しかしながら、コロナ禍、ご予約は一変、開業できたのも1日でした。スタッフ一同気持ち新たに、5月16日(土)から営業再開いたします。

開放感あふれる「星見暖炉」

リトリートとは

仕事や家庭など日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸り、心身をリセットして新たな活力を得ることを意味します。まさに、感染症との闘いに必要な息抜き空間が提供できるホテルです。

お客様が安心してお過しいただける「快適な滞在」を提供するために

休館期間に、改めて、「衛生管理」と「3密回避」、「スタッフ健康管理」の3つの予防対策を掲げ、更なる「快適な空間とサービス向上」を目指し、営業再開を迎えます。全30部屋しかないプライベート型のホテル(お部屋は全て和洋室、広さは40m2以上が中心です)は、他のお客様との密接や密集を感じることが少ないホテルです。また、暖炉を始め、木漏れ日を感じられるラウンジ、露天風呂、クラフトショップなどございます。ホテル内はもちろん、テラスやデッキ等屋外のオープンエアーのなかでのWi-Fi使用も可能です。

自然にときめくリゾート休暇村×オトナがときめく「安曇野」を具現化したホテル

安曇平に広がる田園風景は日本の原風景とも称され、自然が生み出す景色や風土、食、文化などはその土地の人々と関わり合っています。だからこそ、昔からそして今も安曇野の人々は『丁寧なくらし』の日常を大切にし、訪れる人たちはその豊かさを垣間見、すっかりファンになってしまうのです。

里山ダイニングでは、旬の食材と地域の食文化を融合させ目にも舌にも美味しいお食事をライブキッチンにて出来立てをご用意します。ご夕食は安曇野の四季をたっぷり味わうことのできる会席コースを、ご朝食には「朝が好きになる街 安曇野」に相応しいお料理をお膳スタイルでご用意します。食材の宝庫安曇野の食をお楽しみください。

安曇野穂高温泉郷・標高1450m中房渓谷にある2つの源泉から引湯している大浴場の湯は、刺激が少なく肌にやさしいアルカリ性単純温泉。入浴すると肌が「すべすべ」する「美肌の湯」ともいわれています。広い内湯やサウナ、たくさんの星々を眺められる露天風呂など、ゆったりと温泉が楽しめます。

◆料金
1泊2食 15,000円~(税抜/平日2名ワイドルームバス付き利用時の1名様料金)
※大人のみ入湯税150円

◆営業再開日
2020年5月16日(土)14:00~営業再開
※2020年4月22日(水)オープン日の1日だけ営業、自粛要請を受け5月15日まで休館

◆施設概要
・施設名称:休暇村リトリート安曇野ホテル
・所在地:〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明7682-4
・開設日:2020年4月22日(水)
・客室数:30室(全和洋室) 定員100名
・施設構成:天然温泉(単純温泉・大浴場/露天風呂)、レストラン、クラフトショップなど
・宿泊料金:1泊2食付1室2名利用時 大人15,000円(税抜/入湯税別) 小学生9,000円(税抜)幼児(4歳以上)4,500円(税抜)
・電話番号:(0263)31-0874
・公式HP:https://www.qkamura.or.jp/azumino

この記事もおススメ!