温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【長野】旧軽井沢ホテルをリブランド、ヒルトン日本初進出のブランドホテル「KYUKARUIZAWA KIKYO,Curio Collection by Hilton」がオープン

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

長野県軽井沢町にある「旧軽井沢ホテル」をリブランドし、ヒルトン日本初進出となるブランドホテル「KYUKARUIZAWA KIKYO,Curio Collection by Hilton」が2018年4月19日(木)にオープンしました。

写真:ヒルトン日本初進出のブランドホテルが軽井沢に誕生




KYUKARUIZAWA KIKYOの「KIKYO」は、ふるさとに帰る【帰郷】と、古くは軽井沢に自生していた植物【桔梗】を語源としています。かつて「桔梗」が咲いていたこの町に、何度でも帰ってきてほしい。軽井沢の深い緑と家族のようにあたたかなおもてなしによって作り上げるプライベートな空間で、明日への活力を取り戻していただきたい。そんな想いが、「KIKYO」には込められているそう。

客室のコンセプトは「ELEGANT×RESORT」。出迎えから始まるリッチな体験

軽井沢駅からホテルまで、お客様をもっとも安全に快適にお送りする車としてメルセデス・ベンツが採用されています。軽井沢に着いたその時から、これから別荘へむかうような体験を味わえます。チェックイン時のロビーでは、ウェルカムサービスで、シャンパンや長野県産のアップルジュースとともに、到着後のくつろぎのひとときを過ごせます。

客室のデザイン監修は、コンラッド大阪を始め数多くのラグジュアリーホテルのデザインを手がける橋本夕紀夫(はしもとゆきお)氏が担当。「ELEGANT×RESORT」がコンセプトとなっている客室は、全50室。6タイプある客室のうち、約9割の客室が40平米を超える広々とした間取りとなっています。

写真:コートヤードデラックスは中庭に面したお部屋でゆったりと寛げる

ベッドは数多くの高級ホテルで採用されているサータ社製のマットレスを使用。素晴らしい寝心地と快適な睡眠を提供してくれます。

写真:コートヤードスイートは最もゆとりある56.25平米

バスアメニティにはパリ発のブランド「Maison Margiela」を採用。同ブランドのフレグランス「Tea Escape」を使用したアメニティの採用は日本初となっています。グリーンティーの爽やかな香りにキンモクセイやジャスミンのフローラルノートをプラス、ベルガモットとピンクペッパーでほのかなスパイシーさも感じられる香りに包まれます。

また、女性に人気の「BUDDHI」のリトリートオイルも客室アメニティとして採用されていますので、その日の気分に合わせてお好みの香りで肌をケアできますよ。

写真:プレミアムルームウィズタタミには6帖のタタミスペースがある

バスアメニティにもこだわりの大浴場「SILENT SPA」

客室のバスルーム以外に、地下1階には大浴場「SILENT SPA」があります。浴室は、木を多用し、朝日・夕日・月明かりと照明が時間とともに移り変わる浴室、岩を多用した浴室の2タイプあり、日毎に男女入れ替え制となっています。宿泊して、どちらの大浴場も楽しみたいですね。

写真:木をモチーフにした大浴場は時間とともに移り変わる照明も楽しみたい

洗い場のボディーソープ・シャンプー・リンス、脱衣スペースにある化粧水・乳液などのアメニティは、天然アロマならではの上質で豊かな香りと穏やかな使い心地で人気の日本ブランド「La CASTA」が採用されています。

メインダイニングは「SONORITÉ」。「SONORITÉ」はフランス語で「共鳴」という意味。独創的なアイデアと繊細な味付けで、地元信州の食材を中心に、世界各国から取り寄せた食材を共鳴させて料理を提供する」ことから名付けられたそう。

写真:「SONORITÉ」では、洗練されたラグジュアリーな空間でコース仕立てのフランス料理を

シェフの中西隆(なかにし りゅう)さんは、フランスのリヨンや、「ベージュ アラン・デュカス東京」や「ドミニク・ブシェ」などで修行を積んだ後、旧軽井沢ホテルのレストラン「ル・シーニュ」で副料理長を務めており、今回のリニューアルオープンに際して料理長に就任しました。

オマール海老のプリッとした食感が魅力の「信州とオマール」、信州プレミアム牛の上質な旨みを堪能できる「信州とフランス」、見た目にもかわいい小前菜「プレリュード」など、その時期の美味しい食材に合わせたメニュー構成のコースとなっているので、何度訪れても新しいお料理に出会えそうですね。

朝はハーフブッフェスタイル、ランチとディナーはコースのみ。また、別荘にいるような気分で軽井沢の空気や自然を楽しめる、苔が美しいコートヤード(中庭)のテラス席も飲み物に限り利用することができます。

メインダイニングの隣に位置するラウンジスペース「KIKYO ラウンジ」では、ランチタイムとディナータイムの間に、喫茶メニューが用意されています。また、ヒルトンオーナーズラウンジとしても利用でき、長野産のストレートジュースのほか、信州産ワイン、丸山珈琲のブレンドコーヒーやお菓子などの軽食が楽しめます。

ヒルトンオーナーズには、到着日中に登録することもでき、(年会費・登録料無料)、滞在期間中は無料で利用することができます。登録すると、世界中にあるグループホテルの宿泊でポイントが貯まり、さまざまな会員特典が受けられるので、より充実した滞在を…という方におすすめです。

写真:TECHNOGYM社製のマシンが置かれたジムは、宿泊者は24時間無料で利用できる

いかがでしたか?伝統あるリゾート地・軽井沢にオープンしたヒルトン日本初進出のブランドホテル「KYUKARUIZAWA KIKYO,CurioCollection by Hilton」。

軽井沢駅や旧軽井沢銀座から徒歩圏内、別荘地として愛され続ける旧軽井沢の中心に位置しており、深い緑に囲まれたプライベートな空間で、ゆったりとした時間が過ごせそう。周辺には軽井沢ならではの街歩きや自然を楽しめるスポットが点在しているので、観光も楽しめそうです。

憧れの軽井沢で特別なひと時を過ごすなら、やはりこんな特別なホテルに泊まってみたいですよね。
(まとめ・文:hotspring727)


<AD>



KYUKARUIZAWA KIKYO CurioCollection by Hilton

(旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン)
http://www.kyukaruizawa-kikyo.com
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢491-5 GoogleMAP
TEL:0267-41-6990(平日9:30〜17:30)

●宿泊について
宿泊料金例)
1泊朝食付 1室2名
デラックスルーム  34,000円~(サ込・消費税別)

宿泊者の入浴時間
6:00〜24:00(10:00〜15:00はメンテナンスのため利用不可)
*サウナは15:00〜24:00

標準チェックイン/アウト
15:00/12:00

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンの情報を楽天トラベルで見る

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンの情報をじゃらんnetで見る

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »