各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【鹿児島】黒湯が出る!文豪も愛した紅葉に包まれる湖畔の宿。12/9の紅葉状況、終わりがけ
●吹上温泉みどり荘

12/9現在の露天風呂周りの紅葉はかなり落ちてしまったそうです。今年はあっという間に色づいてあっという間に散ったといったところ。駐車場のあたりでは紅葉が楽しめるようです

鹿児島西部、吹上温泉(ふきあげおんせん)にある昭和7年創業の老舗【湖畔の宿 みどり荘】。

斎藤茂吉(さいとうもきち)が愛したという宿は、大きなみどり湖を含む広い敷地を持ち、四季折々の豊かな自然を楽しめる。
例年、11月中旬頃から紅葉に染まりゆく敷地の中には、純和風造りの離れが全部で八棟だけ。
鮮やかに色づいた紅葉ごしに湖の絶景が窓の前に横たわる。天気がよければ湖を眺める藤棚の下でのオープンエア朝食が気持ちいい。

mdoriike

ぬるぬるの肌触りがなんともいえない2種類の湯。1つはなんと黒いお湯

みどり荘の湯は単純硫黄泉の源泉かけ流し。アルカリ性で「石鹸がいらないほど、お肌がすべすべになる」と評判の源泉だ。

roten

みどり湖をのぞむ露天風呂。紅葉の見ごろは昨年2015年は11月下旬だった。

紅葉が楽しめる露天風呂と、内湯の大浴場で2種類の違う源泉を楽しめるのも温泉ファンには見逃せない。内湯のほうは、黒い湯の花が出ることがあり、底に手をつくと手のひらが真っ黒になることも!

昔ながらの風情と泉質を味わってほしいという思いから温泉にはシャワーがない。上がり湯をシャワー代わりに利用しよう。

sansaku

露天風呂へは湖畔の紅葉を楽しみながら散策気分。

夕食はきびなごにさつま揚げ、黒豚、鹿児島和牛といった地元の幸が楽しみだが、地元の芋焼酎。
みどり荘では地元・西酒造の焼酎が楽しみだ。紅葉の時期はちょうど焼酎の新酒が出る時期でもある。
味と香りの輪郭が鋭く「青い味がする」とも表現される新酒は、旅をさせるとその個性と良さが失われるため、蔵の近くでしか味わえない。

みどり荘は、温泉旅館で焼酎の新酒が味わえる珍しい宿の1つである。

湖畔の宿 みどり荘   こはんのやど みどりそう

http://www.midorisou.com/
鹿児島県 日置市吹上町湯之浦910
TEL:099-296-2020
 
●立ち寄り湯
10:00~19:30、不定休
大人600円 子供300円

●貸切湯(内湯)
10:00~19:30(※予約不可)
60分、850円

露天利用時間(宿泊した場合)	:
チェックイン~23:00 
朝6:00~チェックアウト

宿泊料金例)
1泊2食つき2名1室の1名あたり
基本会席~梅~ 16,200円~
(消費税込・入湯税別)
この記事もおススメ!