温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【大分】城下かれいの最も美味しい時期がスタート!徳川将軍にも献上されたブランド食材・キャンペーンも

徳川将軍にも献上されていた、江戸時代からのグルメ・城下かれいの旬は5月~7月。産地である大分県日出町では新鮮かつリーズナブルに極上の味を楽しめますよ!4月28日からは日出の温泉リゾートの宿泊券などもあたるキャンペーンも開催されますよ!




城下かれい」は、大分県日出町の特産。日出町は別府市の隣に当たります。

「城」とは、別府湾を望む場所に築かれていた日出城のこと。昔も今もこの城の下に広がる海には、海底の数カ所から真水が湧き出していて、海水の塩分濃度が低いため、ここで獲れるマコガレイは泥臭さが皆無。他の地域のかれいとは一線を画する上品な美味しさなのです。

大分県日出町ご当地グルメ ブランド食材 城下カレイ

写真:城下かれいは、頭が小さく、尾ヒレの形態なども他の地域のマコカレイとは違う

その城下かれいが最も美味しくなるのが5月から7月にかけて。古くから多くの美食家に愛されてきた逸品が一番おいしい時です。

産地だからこそ、獲れたての「殿様献上の味」をお値打ち価格で味わえる!

江戸時代には「殿様魚」と称され、江戸の将軍にも献上されていた城下かれいは、現在も高級魚。
でも、日出町にでかければ、正真正銘の城下かれいをリーズナブルに味わうことができますよ。

大分県日出町ご当地グルメ ブランド食材 城下カレイ

写真:なんといっても刺身。半透明の身がとても美しく、舌の上で旨みが弾む。

毎年5月中旬(今年2018年は5月12日、13日)に開催される「城下かれい祭り」で行われる「城下かれい賞味会」は、お得な特別メニューが用意されるとあって、4月下旬の予約申し込み開始と同時に満席になる店もあるというほどの人気。
花火大会や漁師の味ひろばなどのイベントもあるので、例年大勢の人で賑わいます。

でも、残念ながら予約がとれなかった、日程が合わず祭りに行けなかったという人も諦めないで!
祭りが終わっても城下かれいの旬はまだまだ続きます。

刺身はもちろん、天ぷら、煮付けなどどんな料理でも美味しさが引き立つ城下かれい。
日出町内の食事どころでは、会席で城下かれいフルコースを堪能することも、手軽な昼膳で楽しむことも可能です。

大分県日出町ご当地グルメ ブランド食材 城下カレイ

写真:生でも煮ても揚げても美味。これがかれい?と驚く人も多いとか

そして、4月28日からは、1万円分のお食事券や、ホテルペア宿泊券、日出町の特産品セットなど、“華麗(かれい)なる”賞品があたるキャンペーンも開催されますよ。
(取材・文:まつもとようこ)

写真:食べて!当てて!城下かれいキャンペーンのチラシ。スタンプ2個で応募できる

食べて!当てて!城下かれいキャンペーン

 
期間:2018年4月28日~7月1日
日出町内の対象料理店で城下かれい料理を食べ、「かれい最中」やひとくち饅頭の「かれい浪漫」などのおみやげ品を購入し、合わせて2個のスタンプを応募ハガキに押して応募。
※応募ハガキ付きキャンペーンちらしは、キャンペーン対象店舗で配布予定で、ダウンロードしたものは無効となるのでご注意下さい。

日出町観光協会HP ひじナビ
https://hijinavi.com/events/detail/31
http://hijinavi.com/category/food/karei/
日出町内で城下カレイがいただけるお店

○日出町へのアクセス
・大分空港からエアライナーで約27分
・別府フェリーターミナルから車で約20分
・大分空港道路日出ICから車で約5分
・JR別府・杵築からそれぞれ日豊本線約15分暘谷駅下車

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »