温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【福島】日本初の本格的ドライブシミュレーター設置ホテル!二本松市・岳温泉にアクティビティに着目した温泉宿mt. innが2019年4月オープン。長期滞在用の自炊キッチンコーナーも!


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事





2019年4月、福島県二本松市の岳温泉にリニューアルオープンした温泉宿「mt.inn(マウントイン)」。新しいコンセプトは安達太良高原のアクティビティ(スポーツやアウトドア活動)を存分に愉しむための情報と場の提供です。

特に変わったのはその要素が詰まったロビーです。活動のための情報収集だけでなく、他の利用者との情報交換や交流の場としても便利な新しいスタイルの温泉宿をご紹介します。

写真:新しくリニューアルしたmt.inn




自然豊かな安達太良山では四季折々でいろいろなスポーツ遊びが楽しめます。

春には残雪の雪山でスキーを、夏や秋には登山やトレッキング、サイクリングなどが楽しめ、冬にはスキーやスノートレッキングなど、美しい大自然の中でのびのびと体を動かせる、そんな素晴らしい環境がここには広がっています。

写真:四季折々の大自然を満喫

行動派のための新しいスタイルのホテル

代表の鈴木安太郎氏はリニューアルに際し「街に人流を生み出し、お金を落とすものは何か」と考えた結果、アクティビティの楽しさや大切さに行きついたそう。
そのため、一般社団法人岳温泉観光協会とともに独自のアクティビティの開発を行い、アクティビティツアープロジェクト『ADATARA ACTIVITY(あだたらアクティビティ)』を開始しました。

写真:ロビーにあるアクティビティのコミュニケーションスペース

アウトドアブランドとのコラボ商品の展示や販売スペースがあったり、ポールレンタルや行動食の販売、ウェア・リュック・小物などのギア展示なども行っています。そのほか、ホテル内に本格的ドライブシミュレーターを設置しています。宿泊施設に設置するのは全国初の試みです。

安達太良エリアはアクティビティの聖地だ!

mt.innから車で10分圏内には数々のアクティビティフィールドが点在しています。

1.自然の沢や森のネイチャーアトラクション
2.福島県内一登山客の多い安達太良山
3.世界的ドリフトの聖地エビスサーキット
4.スケートボードやスポーツクライミング、スラックラインの3つが体験できる全国初の屋内複合施設スカイピアあだたら・アクティブパーク(SAPP) など。

写真:ファミリーに人気のシャワーウォーキング

写真:エビスサーキットでドリフト体験

車で10分の距離に登山口があります。ロープウェイを使えば山頂まで約1時間半。家族連れや年配の方でも楽しめます。さらに登山ガイドの手配もしてくれます。

写真:山ガールも多い!

100%源泉かけ流しのお湯で温泉文化を発信!

写真:滑らかなお湯でリフレッシュ

源泉は安達太良連峰の中腹にある鉄山の直下から自然落下を利用した引き湯。約8kmにもおよぶ日本一長い引き湯を守っているのが、地元の湯守たちです。まろやかで美人の湯ともいわれるお湯は、古くから湯治に適しており、長期滞在することでより温泉の効果が期待できます。

写真:嬉しい源泉かけ流しです

熱湯とぬる湯の2つの湯船があり、加温や加水は一切していないので、温泉の効能を最大限に楽しめます。

誰でも「ニッポン温泉文化」を楽しめるよう、タトゥーや湯浴み着もOKです。

写真:温度の違う二つの湯船

HUB(仲間が集う)をとことん楽しんで欲しい

ロビーにはGlobalとLocalが集う場として設置されたカフェ&バーがあり、冷えたドラフトビールや地元の二本松の地酒、薫り高いオリジナルブレンドコーヒーなどが用意されています。心地よいリズミカルな音楽が流れ、国を超えた老若男女が交流できます。

地図読みやニューモデルの道具のチェック、安達太良山登山講習、スポーツやアウトドアに関する情報交換の場など、コミュニケーションスペースとして利用できます。

写真:交流も楽しいカフェ&バー

旅のスタイルに合わせて、食事スタイルもいろいろ!

体を思いっきり動かして活動するためにも食事はしっかり取りたいものですね。

宿では朝夕食に「マウントイン御膳」を用意しています。糖質やたんぱく質をきちんと補えるアスリートフードを意識したメニューが人気です。ほかにもウッドデッキで楽しむBBQプランは、仲間やファミリーに人気!

写真:朝食の一例

写真:夕食の一例

このほか、冷蔵庫やシンク、IHヒーター、電子レンジなどを設置した長期滞在者向けの自炊キッチンコーナーがあり、食事&交流スペースとなっています(食材は宿泊客が持参)。

お部屋のタイプもロフトタイプや1~3名のスタンダードタイプ、30~180畳のシェアルームなどいろいろ。シェアルームは合宿にも便利ですね。

自然の中で、スポーツやアウトドアを存分に愉しみ、その後はのんびり温泉に入って体を休め、共通の話題で交流…。そんな行動的な旅を楽しみたい方にはもってこいの宿だと思います。

(まとめ・文:吉川)

mt.inn(マウントイン)

https://mt-inn.jp/

所在地
福島県二本松市岳温泉1-7 GoogleMAP
TEL:0243-24-5234

●温泉日帰り利用
立ち寄り湯:定休日:なし
入浴料:
大人:600円 子供300円

●宿泊について
縮約料金例)
1泊2日付 1室2名1名あたり
スタンダードプラン  9,000円(税サ込・消費税込・入浴税別)

宿泊者の温泉入浴時間
24時間

標準チェックイン/アウト
15:00/10:00



 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »