温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【東京】羽田空港への玄関口の天然温泉!リニューアルオープンした天然温泉平和島でリフレッシュ



今年のゴールデンウィークは10連休!すでに海外旅行を予定している人も多いのではないでしょうか。

羽田空港まで最短で15分、空港利用客に人気の天然温泉平和島が今年3月、リニューアルオープンし、さらに充実した温泉施設に生まれ変わります!




リニューアルだけでなく、新しくオープンする施設も

写真:新しくオープンする岩盤浴

今年1月からリニューアル工事に入っていた天然温泉平和島。いよいよ3月末にオープンしますが、新しく様々な設備が完備されているようです。

海外旅行の行き帰りにやはり大変なのは荷物ですよね。リニューアル後には、131個のスーツケースロッカーが完備されます。すぐにスーツケースを預けて温泉でゆったりくつろげますね。

館内の中央部分を開放した広々としたフリーラウンジを新設し、全館フリーのWi-Fiを整備するなど、旅行者にとっての利便性がさらにアップ!フリーラウンジでは、充電コンセント付のカウンターもあるので、出張前にPCで作業したい場合にも便利ですね。

そして新しく、岩盤浴ラウンジ「Ganban」がオープンします。

都内では珍しい2段式で日差しが入る岩盤浴だそうですよ。岩盤浴といえば窓のない施設が多いので、日差しの中でポカポカ温まれるのはうれしいですね。

7種類の石を楽しむことができ、ロウリュウを楽しめる汗蒸幕、女性専用の岩盤浴も完備されているそうです。

岩盤浴の隣に配置されたリラクゼーションエリア(無料)は、男女共有(椅子50台)と女性専用(椅子23台)があり、椅子はすべてフラットになります。

写真:汗蒸幕で体の芯まで温まろう

さらにもともと4000冊あったコミックも10000冊に大増冊

読みたいコミックをすぐに探せる検索システムが完備されました。時間を有効に使いたい旅行者にとっては至れり尽くせりですね。

コミックはリラクゼーションエリア・フリーラウンジの他、岩盤浴内でも読むことができますよ。

羽田空港直結の温泉ならではの利便性

天然温泉平和島はやはり羽田空港へのアクセスの良さが最大の魅力!

海外旅行の場合は特に、前泊しなければならないほどの早朝便での出発や、深夜に到着してしまい、どうしよう?となることもありますよね。

天然温泉平和島では空港まで15分の温泉という立地を生かし、深夜の国際線ターミナル行きや、早朝のターミナル発の送迎バスとセットになった深夜プランも

出発前、または帰国後に温泉でリフレッシュできる上に、椅子がフラットに倒れるリクライニングチェアのあるリラックスルームで仮眠をとることもできるのが好評。

空港からの出発の乗り場は国際線ターミナルをエレベーターで降りてすぐ。海外旅行後に重いスーツケースを抱えて移動する旅行者にとってはありがたいですね。

すでにリニューアル後のプランの予約も受付中なので、ゴールデンウィークに羽田空港からの旅行を予定している人は要チェックです!

実は都内屈指の湯量を誇る天然温泉

写真:都内にある質の高い天然温泉の一つ

岩盤浴などの他にも、エントランス、ロビー、浴室、リラックスルームも改修されました。

天然温泉平和島はもともと地下2000mから1日150tものお湯が湧き出している天然温泉。保湿・保温効果があると言われ、入った後は翌日も肌がしっとりしているという声も。

また、炭酸が多く含まれた「高濃度ナノ炭酸泉」のお湯もあり、こちらは炭酸ガスの効果で血流を増加させ、新陳代謝の促進が期待できるそうです。

さらに女性向けの美泡トゴール湯が新設されました。これは酸素を含んだ細かい泡を発生させ、その泡が超音波で体を芯から温めるというもの。湯上り後はお肌しっとり効果も期待できるそうです。

バラエティ豊かな浴室が完備された天然温泉。

岩盤浴と合わせて利用することで、さらにしっかり旅の疲れを癒せそうですね!

(まとめ・文:mashiro)

天然温泉平和島

https://www.heiwajima-onsen.jp/

所在地:東京都大田区平和島1丁目1-1 BIGFUN平和島B館2F GoogleMAP
TEL:03-3768-9121

●温泉日帰り利用
24時間営業(年中無休)
入浴料:
7時間制
大人平日:2,000円 土日祝日・特定日:2,300円 7時間まで
3歳~小学生全日:1,000円
3歳未満全日:300円
岩盤浴:500円
延長料:1時間:200円
深夜料:24:00〜5:00に入館・滞在 1500円

ホテル料金比較『トリバゴ』で近くのホテルを調べる




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
関連記事
No articles
人気記事
Translate »