温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

静岡「茶の間」茶畑の中にある貸切絶景露天カフェ!茶農家さんが淹れる最高のお茶や茶氷と開放感に癒される

静岡県にある「茶の間」の予約受付が再開になりました。茶の間とは2020年にスタートした、一面に広がる茶畑の絶景を見渡す貸切のプライベートティーテラスで自慢のお茶のおもてなしを受ける、いわば「貸切露天カフェ」サービス。

お茶&チョコのクラフトチョコの販売も始まった、茶の間の魅力について紹介します!

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間。天空の茶の間

写真:静岡市清水区にある「天空の茶の間」。標高350mの山間部の傾斜地で20種以上の品種のお茶を育てる豊好園

お茶が生まれる美しい場所で最高に美味しいお茶をいただく

お茶といえば、の静岡県。広く普及しているやぶきた種のお茶の発祥地でもあるお茶の街・静岡市を中心に、富士山を望むエリアのいたるところに緑色の茶畑が広がり、すがすがしい気持ちにさせてくれます。

そんな静岡ならではの茶畑の絶景をひとりじめにしながら、自慢のお茶を味わえるのが茶の間です。

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間

写真:富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する「全景の茶の間」。日本観光地100選の標高307メートルの丘陵地・日本平にある。若き茶農家集団「ぐりむ」が運営。

するが企画観光局の鈴木さんによると、「茶園でお茶を飲むのが一番美味しいのではないかというシンプルな仮説」に基づき、静岡のお茶の生産とお茶がある美しい風景を守るようにと考え出されたとのことです。

現在、茶の間は静岡県内に6か所。「お茶畑の絶景」を目の前に、絶品のお茶を味わうことができます。
時間制の貸切なので胸がすくような絶景はもちろん独り占め(おひとり様での利用も可能とのこと!)。

お茶農家が愛情込めて淹れた一杯を育てているお茶を眺めながら味わう贅沢

お茶が育っている風景を眺めながらのお茶は最高の一杯になるでしょう!

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間

写真:産地で味わう究極の一杯

それぞれのお茶農家さんの紹介は公式HPに詳しく掲載されています。

基本は茶の間を貸切、お茶のおもてなしを受けるコースとなりますが、予約ページを見ると各茶の間の個性を生かしたプランもあるようです。例えば「天空の茶の間」では雲海の絶景に出会えるかもしれない「早朝時間貸しプラン」、

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう。天空の茶の間

写真:茶畑の絶景を眺めながら、茶農家こだわりのお茶を味わえる。写真は「天空の茶の間」

「富士の茶の間」では「合組プラン」があります。これはお客様の好みにあわせてオリジナルのお茶のレシピを創りあげてくれるというもの。気になる人は茶の間に問い合わせてみてくださいね!

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間

写真:茶畑越しに望む富士山の雄姿が美しい「富士の茶の間」。生家の五代目茶師として国内外で茶を振る舞う茶人としての顔も持つティーマスター本多茂兵衛さんのお茶が味わえるのも楽しみ

富士山を眺めながら、自分だけのオリジナルのお茶を味わえるなんて、贅沢ですよね。

もちろん、お茶農家さんが育てたお茶は、買って帰ることもできます。お取り寄せなどに出回らない希少品などもあるのでお茶ファンには見逃せません!

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間

写真:静岡市の山間部、諸子沢にあるここにしかない「黄金の茶の間」。希少種「黄金みどり」が広がる絶景を目の前に貴重な一杯を味わう。黄金みどりの茶葉は購入可

茶の間のベストシーズンはいつ?

茶の間のベストシーズンは4月~5月の新茶シーズンです。

「茶葉が青々としており、とても綺麗ですよ。他に過ごしやすい秋の季節もおすすめです」、と鈴木さん。ほんのり漂うお茶の香りの5月の風は気持ちいいでしょうねえ……

昨年一番お客様が来たのは猛暑の8月。お茶のかき氷「茶氷」が人気を集めたようです。

昨年はコロナ禍で一番いい新茶シーズンに営業できなかったとのこと、今年は楽しみですね!

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間

写真:広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原にある「大地の茶の間」。一面の茶畑の中で園主柴本さんの素晴らしい釜炒り技術による逸品のお茶はぜひ味わいたい

基本的に茶の間は通年営業。冬も全茶の間営業しているとのこと。

冬の茶の間は少し寒いですが、富士山がきれいに見える時期とのこと。空気も澄んで素晴らしい絶景を目の前に温かいお茶が染み渡るでしょうね……

地元チョコレート店のクラフトチョコレートとお茶のマリアージュもぜひ!

茶の間でのおもてなしは、それぞれの農家さん自慢のお茶がメイン。時期ごとで夏は冷茶、秋冬は温茶等、一番美味しく味わえるものを出してくれます。

上でも紹介した通り、夏はお茶を凍らせてかいた「茶氷」が楽しみ。

昨年12月から、地元のチョコレート専門店「Conche」とコラボし、お茶とクラフトチョコレートのお土産も販売。こちらもぜひ味わってみたいですよね!

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間

写真:静岡県中部エリア6箇所の様々なお茶(煎茶2種・ほうじ茶2種・紅茶・烏龍茶)の特長に合わせた産地別カカオのタブレットをペアリングしたクラフトチョコを開発

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間

写真:クラフトチョコとお茶のマリアージュを「茶の間」でぜひ味わいたい

茶の間を訪れるときに気を付けたいこと

胸がすくような絶景を味わえる茶の間。

お茶畑の高い場所にぽつんとあるケースもあります。だからこその絶景ですが、受付場所からは畑の舗装されていない道を登るケースもあるので、茶の間を訪れる場合、歩きやすい服装、足元はスニーカーなどの歩きやすい靴がいいでしょう。

そして「茶の間」なので靴をぬぎます。ぬぎにくい靴は避けた方がいいですね。

茶の間は屋根がない露天状態がほとんど。お天気でやむなく営業をお休みすることがあります。

雨天でお休みになる場合は、前の日の昼頃営業判断をして予約客に伝えるそうです。

近くに温泉がある茶の間は?

絶景でお茶を味わった後、もしくは味わう前に温泉も楽しみたい…という人には、黄金の茶の間、里山の茶の間の近くに温泉施設があるとのこと。

編集部で調べたところ、黄金の茶の間から4.5㎞の場所に市営の湯ノ島温泉浴場、里山の茶の間から11㎞の場所にSLが見える露天風呂として有名な川根温泉ふれあいの泉がありました。

静岡県茶畑の絶景の中で最高に美味しいお茶を味わう茶の間。天空の茶の間

写真:島田市山あいの村、笹間にある「里山の茶の間」。150年、5代に渡る伝統の茶づくりの風景

夏場なら温泉の後で茶の間を予約しておくと茶氷が身に沁みそうです!

静岡ならではのお茶の絶景に癒されよう

絶景に癒された
お茶がこんなにおいしいとは!
と訪れたお客さんからの大絶賛の茶の間。

現在(4/16段階)で茶の間は6か所ですが、これからも茶の間としてふさわしい絶景地があれば増やしていくとのこと。近日中に富士市の大淵笹場という場所に新しい茶の間もできるそうなので、公式HPでの情報公開を待ちたいですね!

最後に、するが企画観光局より。「完全屋外、胸がすくような開放感の中で、その地で採れたお茶を味わう茶の間。絶景に癒されに、是非静岡にお越しください!

(取材・文:やまめタグ、編集:Vermiliおん)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

茶の間

https://chajihen.com/contents/chanoma

所在地:静岡県中部(静岡市・富士市・牧之原市・島田市)に6か所
※完全予約制。https://select-type.com/rsv/index.phpより予約。

・各受付場所 ※いずれも事前予約のみ
天空の茶の間 静岡市清水区布沢270(豊好園)
全景の茶の間 静岡市清水区馬走1500-2(日本平ホテル1階テラスラウンジ)
黄金の茶の間 静岡市葵区諸子沢219(黄金みどり茶園 佐藤さん宅)
大地の茶の間 牧之原市勝俣2695(釜炒り茶柴本 柴本さん宅)
富士の茶の間 富士市富士岡1765(富士山まる茂茶園 本多さん宅)
里山の茶の間 島田市川根町笹間上914(深山園 岡村さん宅)

定休日:各茶の間による
営業時間:各茶の間による 
貸切時間:各茶の間・プランによる(90分~)
※前日に天候を見て実施判断。

利用料金 1人3000円(1名から利用可)
※支払いは現地にて現金


TEL:054-251-5937(するが企画観光局)

 
この記事もおススメ!
人気記事