温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

富山・宇奈月温泉「黒部峡谷鉄道トロッコ電車運転体験会」ディーゼル機関車を運転!非売品グッズも 12/26〜

北アルプスを走る「黒部峡谷鉄道」が冬季限定のイベント、「トロッコ電車運転体験会」を12月26日から開催します!

また、体験会が開催される宇奈月駅周辺は、富山でも有数の温泉地。黒部峡谷の絶景を眺めながらしっとりすべすべ美肌の湯を堪能できますよ。

写真:実際に使われているディーゼル機関車を運転できる

ディーゼル機関車を自分で運転できる貴重な体験

写真:トロッコ電車が実際に走る線路で運転を体験!

北アルプスの山々の間の深い峡谷を縫うように走る機関車。黒部峡谷鉄道では、宇奈月から終点欅平まで、全長約20kmを片道1時間20分でトロッコ電車が走ります。

エメラルドグリーンの湖や黒部万年雪、仏岩など、沿線には見どころも多数あり、峡谷のスリリングな絶景も楽しめます。窓のない客車もあり、峡谷美を間近に感じながらの旅を満喫できる鉄道です。

鉄道ファン必見!トロッコ電車運転体験会

トロッコ電車の運行期間は11月30日まで。冬の間の運休機関に開催されるのが、「トロッコ電車運転体験会」です。

運転体験コース約150メートルを2往復、ディーゼル機関車の運転を体験できます。本物の機関車を、ふだんは実際に電車が走っている線路の上で運転できるなんて貴重ですよね!

運転できるのは宇奈月駅構内。とはいえ、機関車の運転なんてできるの?!と思うかもしれませんが、運転の前に映像を見ながら操作方法の説明を受けられるので安心。

写真:事前に操作方法の講習を受ける

実際に運転するのは、工事列車や貨物列車として活躍しているディーゼル機関車。タイプは2種類あります。

運転の際には、現役の運転士が助手席でサポートしてくれるそうです。ぜいたくな体験ですね!実際の線路を走るので、リアルな体験ができますね。

写真:参加者だけがもらえるお宝グッズ

参加者には、黒鉄オリジナルグッズ、非売品の「鉄カード」、「特製クリアファイル」、昔懐かしい「硬券」と呼ばれる切符(好きなもの1枚)などのプレゼントがもらえます。運転士のネームプレートも発行され、気分はすっかり運転士!

さらに参加者のみ購入できる記念品の販売も。鉄道好きには見逃せないイベントですね!

写真:運転士のネームプレートが用意されている!

お得に体験できるクーポンもあり

運転体験会の申込みは電話で受付しています。空き状況によっては当日の申込みも可能です。

参加費は10,000円。GoToトラベルの地域共通クーポンや、「がんばる黒部プレミアムクーポン」が利用できる他、宇奈月温泉に宿泊した場合は、2,000円の割引が受けられます。

富山県民ならさらにお得な割引があり、富山県民キャンペーン「ドコイコ?とやま旅。」を利用して5,000円で参加できますよ。

富山県の名湯、宇奈月温泉

写真:北陸の名湯、宇奈月温泉©公益社団法人とやま観光推進機構

北アルプスのほぼ中央から流れる黒部峡谷は、標高差3,000mの切り立った谷に透明度の高い黒部川が流れる、長さ86kmにわたる大峡谷です。

その黒部峡谷の玄関口にあるのが、富山県随一の規模を誇る宇奈月温泉郷。黒部峡谷鉄道の始発駅である宇奈月駅周辺に温泉街が広がります。

黒部川上流の黒薙温泉を源泉としています。黒部川の水と同じように日本一透明度の高いお湯と言われており、無色透明の湯は、弱アルカリ性の単純温泉

古くから美肌の湯と言われているお湯は、油や角質を落としてお肌しっとり、すべすべにする効果や、炭酸ガスにより体の中まできれいにするデトックス効果も。

温泉街には旅館の他、日帰り温泉施設もあり、観光案内所の2~3階も源泉かけ流しを楽しめる浴室になっています。湯上り後も体がしっかりと温まるお湯を堪能できますよ。

温泉街には足湯が点在していて、宇奈月温泉駅から徒歩5分のところにも足湯「おもかげ」が設置されています。観光で疲れた足を癒してリフレッシュできますよ。

季節ごとに表情を変える黒部峡谷の景観とともに宇奈月温泉の名湯を楽しんでみてくださいね。

写真:アルプスの絶景の中を走る黒部峡谷鉄道©公益社団法人とやま観光推進機構

(まとめ・文:mashiro、編集:hotspring727)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

黒部峡谷鉄道

https://www.kurotetu.co.jp

所在地:富山県黒部市黒部峡谷口11番地 GoogleMAP
TEL:0765-62-1800「運転体験会」係(月曜~金曜 9時30分~16時30分)

●トロッコ電車「運転体験会」
開催期間:2020年12月26日~2021年3月21日までの土、日曜日及び祝日
※1月1日~1月3日及び2月11日は除く
参加費:10,000円



 
この記事もおススメ!
関連記事
No articles