温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【岩手】MVPにはペア宿泊券が当たる!雫石の温泉宿「ゆこたんの森」でSNS投稿キャンペーン開催中。2/3まで

岩手県・雫石町の温泉宿「ゆこたんの森」で、SNS投稿キャンペーンを開催中です。しかも、MVP賞に選ばれるとペア宿泊券など豪華賞品がもらえちゃうんですよ!

雫石南網張ありね温泉の旅館「ゆこたんの森」で開催されている、「新発見!再発見!雫石の【SNS映え】スポット投稿キャンペーン」。最近ではSNSを利用したキャンペーンも市民権を得たようで、よく見かけるようになりましたね。

写真:小岩井農場の一本桜。入賞賞品には美味しい「小岩井農場製品セット」も




こちらのキャンペーンは、雫石で撮影した写真に2つのハッシュタグ「#雫石」、「#ゆこたんの森CP」をつけてFacebook、twitter、Instagramに投稿するだけで応募は完了!

写真:まるでピンクのじゅうたんのような芝桜の丘/花工房らら倶楽部

抽選でMVP賞として「ゆこたんの森」ペア宿泊券が1名様。雫石で育てた菜の花から絞った、なたね油「菜の雫」、小岩井農場製品セット、雫石産甘酒等などの雫石の特産品が5名様に当たります。

ハッシュタグをつけて投稿するだけで宿泊券が当たるかもしれないですよ。

投稿する写真はいつ撮影したものでも大丈夫。投稿期限は2018(平成30)年2月3日で、雫石はまだまだ雪に覆われている時期ですが、春の菜の花畑や芝桜、夏の新緑やカフェでのひとときの様子などでもOKです。もちろん、冬の美しい雪景色やスキーを楽しんでいる様子も大歓迎ですよ!

写真:春先の小岩井農場・まきばの散歩道は菜の花で鮮やかな黄色に染まる

写真:雫石の野菜や果実、松原牧場の濃厚ミルクを使った松ぼっくりジェラート

雫石には見所がたくさんあります。「御所 矢櫃の渓流」や「駒ケ岳」、「網張温泉 犬倉の冬景色」など雫石を代表する景勝地14ヶ所は「雫石十四景」と呼ばれています。
冬場は行けないような場所もありますが、これから雫石に行って写真を撮る場合には、ぜひ候補に入れてください。
メディアで「日本のスイス」と紹介されることもある雫石。きっと納得できるはずです。

写真:紅葉に染まる岩肌と雄大な滝とのコントラストが美しい葛根田渓谷

賞の決定は抽選で行うので写真の優劣は関係ないのも、SNSや写真初心者にも嬉しいところ。大切なのは「雫石を心から楽しんでいる」という気持ちですね!

写真:インスタ映え抜群!季節のフルーツを使った、Cafe Chou Chouのパフェ

キャンペーンを行なっている旅館「ゆこたんの森」は、雫石町の大自然に包まれた一軒宿です。
「ゆこたん」って聞きなれない言葉ですよね。「ゆ」は「温泉の湯」、「こたん」はアイヌ語で「集落」という意味なんですって。とってもあたたかいネーミングですね。

泉質は含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で、透明度の高いお湯が特徴です。
日帰り入浴もできるお風呂は、檜風呂や岩風呂があり四季折々・季節の移ろいを楽しむことができます。冬は風情満点の雪見風呂がイチオシですよ。

また、宿泊者専用の展望露天風呂からは、「南部富士」とも呼ばれる岩手山とその裾野に広がる牧野を一望することができます。冬には一面が銀世界で、晴れた日の青空とのコントラストがまるで絵画のような美しさ。宿の中でもSNS映えしそうな写真がたくさん撮れそうです。

なお、応募写真は、ゆこたんの森のほか、雫石町、しずくいし観光協会、撮影場所の事業所、および被写体に写っている商品の製造・販売事業所が、SNS、WEBまたは広告等の印刷物に使用させていただく場合があるとのこと。

写真:小岩井農場恒例のウィンターイルミネーションは11月18日~2018年1月28日まで

写真:「いわて雪まつり」は2018年2月14日~18日開催。過去の画像での投稿もOK

「ゆこたんの森」に宿泊していなくてもエントリー可能なので、雫石町内に住んでいる人ももちろんOK。地元民しか知らない隠れスポットなどをみんなに知ってもらうチャンスにもなりますね。
気軽に投稿して、自分が見つけた雫石の素敵なところをみんなでシェアしちゃいましょう!

(まとめ・文:ゆきさね)
 


新発見&再発見!雫石の【SNS映え】スポット投稿キャンペーン

http://blog.yu-kotan.jp/2017/10/sns.html
開催期間:2017年10月27日(金)〜2018年2月3日(土)

開催:
岩手 南網張ありね温泉 ゆこたんの森
岩手県雫石町長山猫沢3-6 GoogleMAP

問合せ:岩手 南網張ありね温泉 ゆこたんの森
TEL:019-693-3600

この記事もおススメ!