温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

岐阜・新平湯温泉「タルマかねこおりライトアップ」今年も12月下旬から開催。氷結した滝が幻想的に光る!

岐阜県の奥飛騨温泉郷にある新平湯温泉では、2020年12月下旬から2021年2月28日まで、親水公園一帯で氷のライトアップが楽しめる「タルマかねこおりライトアップ」が行われます。

写真:ハートのイルミネーションがかわいい。

凍てついた滝の幻想的な美しさ

山の中腹から溢れ出る奥飛騨の名水・たるま水が滴り落ちる「たるまの滝」は、普段はとても流れのやさしい滝。宿やお土産店が連なる温泉街から少し離れた清流沿いにあり、せせらぎに心癒される新平湯の名所として知られています。

写真:雪が降り積もる会場入り口の様子(2019年)

厳しい冬の寒さに凍てついた滝は、寒さを忘れて見入ってしまう幻想的な美しさで、自然の圧倒的な力を感じます。

木々に水を吹きかけて作った氷のオブジェは、青や紫、黄色や緑の灯りでライトアップされ、夜の闇に照らし出されて神秘的な雰囲気を醸し出します。

写真:水を吹きかけることで大きく育った氷の柱。

また、例年、もてなしの館となる合掌小屋・たるまの館で、商売繁盛・家内安全を祈願する新平湯温泉の冬の風物詩「絵馬市」は今年は残念ながら中止となっていますので、来年度の開催を待ちたいですね。

写真:イルミネーションが綺麗な砂防ダムトンネル。タルマ姫像が祀ってある場所に「ご縁札」を飾ることができる。

「奥飛騨冬物語」は見どころいっぱい!

このほかにも、奥飛騨温泉郷では平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の全5エリアで、12月下旬から3月下旬にかけて「奥飛騨冬物語」と題した様々なイベントが開催されます。

白銀の景観美、自然が創りだす幻想的な世界は雪国ならでは。かまくらまつり、イルミネーション、雪像コンテストなどがあり、こちらもおすすめです。(※新型コロナウイルス感染拡大の状況や気象条件により、開催内容の変更や中止になる場合があります)

奥飛騨冬物語については、公式ホームページから確認してみてくださいね。

長湯を楽しめるこの季節、しんしんと降り積もる雪を眺めながら露天風呂に浸かれば、日常を忘れて心が穏やかになる時間が過ごせそう。冬の奥飛騨へ、心身ともに癒される温泉旅に出かけてみませんか。

写真:ライトアップされ幻想的な雰囲気の氷のオブジェ(2019年)

(まとめ・文:hotspring727 情報更新:hotspring727 2020年11月)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

<AD>



タルマかねこおりライトアップ

http://www.okuhida-fuyumonogatari.com/taruma.php

開催期間:2020年12月24日〜2021年2月28日
※開催は氷の成長具合によるので変更の場合あり。
開催時間:17:00〜21:30(*荒天時は中止になる場合あり)

開催場所:しのぶ親水公園 GoogleMAP
※新平湯温泉バス停より徒歩約7分

「奥飛騨冬物語」
http://www.okuhida-fuyumonogatari.com/index.php

問合せ:
奥飛騨温泉郷観光協会
TEL:0578-89-2614

奥飛騨温泉郷のホテル旅館一覧を楽天トラベルでチェック

奥飛騨温泉郷の人気温泉宿ランキングをチェック


 
この記事もおススメ!
人気記事