温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【静岡】ぬる湯の名湯、伊豆の日帰り温泉「源泉 駒の湯荘」がリニューアルオープン。毎分約200リットル湧出の源泉をかけ流しで



ぬる湯の名湯、伊豆の日帰り温泉の老舗「駒の湯 源泉荘」が、2017年11月28日に「源泉 駒の湯荘」としてリニューアルオープンしました。

静岡県伊豆の国市 源泉 駒の湯荘

写真:改修した女性露天の檜風呂。あつ湯とぬる湯に分かれている。




昭和52年7月にオープンし約40年間、優しいぬる湯で疲れた身体や心を癒してきた「駒の湯 源泉荘」。2017年の9月に一旦閉館していましたが、経営者が新しくなり2017年11月28日から「源泉 駒の湯荘」としてリニューアルオープン、営業を再開しています。

2015年7月、明治日本の産業革命遺産としてユネスコの世界文化遺産に登録された「韮山反射炉」から車で約15分。渓流のせせらぎと緑に包まれた「源泉 駒の湯荘」は、2本の自家源泉からこんこんと湧き出るぬる湯が自慢の日帰り温泉。毎分約200リットルもの湯量を誇っています。

温泉は、リニューアルオープンに際して内湯と脱衣所をリフォーム。豊富な湯量を生かして、内湯には大きな浴槽が5つ、小さな浴槽が3つもあり、あつ湯、半身浴、浴槽ごとに湯温が異なる温度差浴が楽しめます。

静岡県伊豆の国市 源泉 駒の湯荘

写真:リフォームした内湯では温度差浴が楽しめる

渓流沿いの露天風呂も男女ともに4つの浴槽があり、あつ湯、ぬる湯、数種類の薬草が日替わりで入る薬草風呂、うたせの湯とバリエーションに富んだ入浴ができるようになっています。(冬季・12〜3月はうたせの湯はお休み)

無色透明でアルカリ性の単純泉は泉温が38.8度、湯温は36〜41度と体温より少し温かい程度のぬるめに調整されていますので、のんびりと長湯を楽しみたい方におすすめ。じっくり浸かっていると身体がポカポカと温まります。

また、これまでは有料だった休憩所を無料化。大広間は自由に休憩できるように解放され、お茶の無料サービスで入浴後の乾いた喉を潤すことができるようになりました。

静岡県伊豆の国市 源泉 駒の湯荘

写真:明るく落ち着いた雰囲気の玄関

軽食やおつまみがいただけるお食事処は、昼のみの営業。お米は「伊豆産 減農薬あきたこまち」または「御殿場コシヒカリ」、卵は「御殿場さくら卵」と、地元産の食材を使ったメニューを提供しています。清水町の板倉こうじ製造所の米麹を使った「自家製甘酒」源泉で淹れた「駒の湯コーヒー」などオリジナルのメニューもあり、今後もメニューを増やしていく予定だそう。

このほか、年代を問わず心身ともにリラックスして、今の健康を維持していただくお手伝いをするために、温泉ヨガや健康講座などのイベントも開催予定とのこと。

プチ湯治気分でゆっくり過ごしたい時には貸切にできる個室もありますので、友達同士や家族で利用すれば、人目を気にせずさらにのんびりとぬる湯を満喫できますよ。

(まとめ・文:hotspring727)

静岡県伊豆の国市 源泉 駒の湯荘

写真:伊豆・ぬる湯の名湯が「源泉 駒の湯荘」としてリニューアルオープン


源泉 駒の湯荘

https://komanoyusou.com
所在地 静岡県伊豆の国市奈古谷1882-1 GoogleMAP
TEL:055-949-0309

営業時間
10:00〜20:00(最終受付19:30)

定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)、年に数回メンテナンスのため休業あり

入浴料
大人:1時間450円、3時間700円、1日券1000円、19時以降400円
3歳から小学生:1時間220円、3時間350円、1日券500円、19時以降200円

個室利用料
Aタイプ 2名様ご利用で4400円~(1日券と浴衣付き入湯税込)
Bタイプ 2名様ご利用で3800円~(1日券と浴衣付き入湯税込)
*Aタイプは5名様までご利用可能、個室利用は開店から18時までとなります。

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »