温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【群馬】ビューバスから浅間山を望むプレミアムルームと室内温水プールがリニューアルOPEN!153㎡露天風呂付ファミリースイートも!軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

北軽井沢高原、標高1130mに位置し、豊かな自然の中で別荘のようにくつろげる「軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130」に、ビューバスから浅間山を望むプレミアムルームと室内温水プールが2018年7月にリニューアルオープンしました。




癒しの休日が過ごせるリゾートホテル「軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130(イレブンサーティー)」は、東京から車で約2時間半。浅間山や鬼押出しがある嬬恋エリア、雲場池やアウトレットがある軽井沢エリア、白濁の硫黄泉が人気の万座エリアなどの観光拠点に便利なリゾートホテル。

浅間山の麓、地下深くから湧き出る鬼押温泉は、黄褐色のナトリウム硝酸塩泉。高原の爽やかな風に包まれながら、とろりと柔らかな肌触りの湯を源泉掛け流しで贅沢に楽しめることでも人気です。

お部屋のビューバスで浅間山の眺望を満喫

リニューアルオープンした客室は「天空を望む露天風呂&Sky View Room」付ファミリースイートと、「絶景浅間View露天風呂」付客室(2タイプ)。

写真:「天空を望む露天風呂&Sky View Room」付ファミリースイート

「天空を望む露天風呂&Sky View Room」付ファミリースイートは、なんと153平米。広々としたリビングや和室、浅間山が一望できるビューバス、天井から季節の星々を眺めるスカイビュールームがある贅沢な造りとなっており、二世代や三世代、記念日旅行におすすめのお部屋です。

「絶景浅間View露天風呂」付客室は、2人旅におすすめのスーペリアツインと、グループやファミリーにおすすめの4ベッドスイートの2タイプ。どちらも浅間山が一望できるジャグジー付きとなっています。

写真:ジャグジーからは浅間山が一望!

ジャグジーは温泉ではありませんが、高原の清涼な空気と樹木に育まれた、清らかな地下水源の沸かし湯を使用。浅間山の四季、樹海のダイナミックな眺望を独り占めにしたような贅沢な気分が味わえますよ。

みんなで楽しめる室内温水プール

子供に人気のスライダーや、子供専用ジャグジーまで備えられた室内温水プールは、大人も子供も一緒に遊べる空間となっています。プール中程にあるアイランドには船に見立てたジャグジーがあり、天井の雲からは雨が降ってくるなど、楽しい仕掛けもありますよ。

写真:アイランドには船に見立てたジャグジーもある

写真:天井の雲から雨が降ってくる仕掛けが楽しい

公式ホームページから宿泊予約をすれば、利用料は無料。ビジター利用もOKで温泉入浴が付いてくるので、宿泊の前後や、そのほかのレジャーと組み合わせての利用もできそうです。

<温水プールの利用についてはこちら>
http://www.karuizawaclub.co.jp/hotel1130/relaxation/pool/

夕食は、和会席、フレンチ、ビュッフェから選べるプランもあり、ファミリーやカップル、友達同士の旅行など、様々なシーンで旅行のスタイルに合わせて旅のプランニングができそう。
今年の夏は、高原の澄んだ空気を間近に感じる絶景のお部屋で、贅沢な時間を過ごしてみませんか。
(まとめ・文:hotspring727)

<AD>



軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130

http://www.karuizawaclub.co.jp/hotel1130/

所在地:群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1453-2   GoogleMAP
TEL:0120-12-1130(9:00〜19:00)
*携帯・スマートフォンはTEL:0279-86-6111

●温泉日帰り利用
立ち寄り湯:14:00~20:00
入浴料:
大人:1180円 子供:570円 
※ゴールデンウイーク・夏期・年末年始・その他連休日等繁忙期の利用時間は
14:00~17:00まで(最終入場16:00)

●宿泊について
宿泊料金例)
1泊2食バイキング付 1室2名の1名あたり
スタンダードツイン 14500円〜(税サ込・入湯税別)

宿泊者の温泉入浴時間
14:00〜25:00 5:00〜11:00
(火・水曜日は14:00〜25:00 5:00〜10:00)

標準チェックイン/アウト
15:00/10:00

軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130の写真やクチコミをじゃらんnetで見る



 
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »