温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【山形】やまがた日帰り温泉パスポート4、発売!半額で入浴できる施設もあり!103施設がお得に使えるパスポートで湯めぐりしよう


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事



山形の湯めぐりの必携本「やまがた日帰り温泉パスポート」第4弾がついに2018年12月に発売になりました!

発売された週にはYahoo!ショッピングの「地図、ガイド本」人気ランキングで1位になるなど早くも大人気のようです。




やまがた日帰り温泉パスポートとは

写真:スタイリッシュな表紙で第4弾が発売されたやまがた日帰り温泉パスポート

やまがた日帰り温泉パスポート」は、その本一冊で山形県、宮城県、福島県の温泉施設などの受付で掲示することで割引やプレゼントなどの特典が受けられるというもの。各施設2回から3回使用でき、利用ごとにパスポートにスタンプが押されます。中には1000円の入浴料金が半額500円になる、かなりお得な施設もあるようですよ。

そして3回目の来店の際には特別割引があったり、無料になる施設やプレゼントのサービスがある施設も。湯めぐりがさらに楽しくなりますね!

対象施設はなんと103施設!1冊につき1人適用、本の価格は1000円。山形県内の書店、コンビニとヤフーショッピングで販売中です。

特典有効期限は2018年12月1日から2019年11月30日までの1年間となっているので、早めに手に入れてたくさんの温泉をめぐりたいですよね。

今回で4冊目となるこの日帰り温泉パスポートですが、温泉マップが追加されたことでよりわかりやすくなったとの声も。山形の温泉ガイドとしても使えそうですよね。

温泉天国山形県!

写真:山形県内は温泉がいっぱい!パスポートには分布図も。

パスポートには温泉の泉質の説明や、山形県の温泉地図分布も掲載されているんです。

この温泉分布を見てビックリする人も多いのではないでしょうか。

山形県は県全体に数多くの温泉が散らばっており、その数137箇所!泉質の中でもっとも多いのは塩化物泉(51箇所)。塩成分の多い「あったまりの湯」で、殺菌効果もあるそうです。次に多い硫黄泉(25箇所)は、動脈硬化症や心臓疾患にも効果のある「メタボの湯」とも言われています。

山形県は東京からの新幹線で約3時間。

温泉街はもちろん、さくらんぼをはじめとする果物や、豊富な海の幸や魚介を使ったラーメンなどの人気グルメもあり、東京から日帰りで観光する人も増えているとのこと。

日帰り温泉パスポート、山形への旅行で大いに活用できそうですね!

それでは、パスポートで利用できる評判の温泉をいくつかご紹介しましょう。

強酸性のお湯で美肌効果バツグン!蔵王温泉

スノーリゾートとしても人気の蔵王温泉

こちらのお湯は東北屈指の強酸性の硫黄泉です。酸性のお湯は天然のピーリング効果があると言われているので、美肌効果も期待できますね。

温泉パスポートを利用できる「たかみや瑠璃倶楽部リゾート」は、蔵王の絶景も楽しめるラグジュアリーなリゾートホテル。パスポートがあれば、瑠璃倶楽部リゾートの源泉掛け流しのお湯をお得に楽しめるという贅沢もできちゃいますよ!(通常入浴料金:800円、1回目・2回目は300円引き、3回目半額)

写真:すのこの湯 かわらや。すのこの隙間から湧き出す温泉

また、同じく蔵王温泉の「すのこの湯かわらや」も人気です。源泉の上にお風呂があり、湯船のそこにあるすのこの間からお湯が湧き出してくるのだとか。湧き出してくる源泉に直接つかることができる珍しい温泉、これは温まりそうですね!(通常入浴料金:450円、1回目・2回目は50円引き、3回目100円引き)

神山城の城下町に広がる情緒あふれる温泉街 かみのやま温泉

写真:温泉パスポートの中身を一部ご紹介!左:ほほえみの宿 滝の湯 右:仙渓園 月岡ホテル

江戸時代の面影の残る蔵や町並みが残る古い温泉街、かみのやま温泉。市内には足湯も5ヶ所あるそうで、散策しながらの湯めぐりを楽しめる温泉街です。

日帰り温泉パスポートが使える、かみのやま温泉 仙渓園 月岡ホテルは、日本庭園に囲まれた老舗旅館。柔らかくお肌に優しいお湯が特徴で、クレンジング、保湿、リラックス効果と様々な効能があるそうですよ。クレンジングと保湿効果を期待できるなんてエステのような温泉ですね!
(通常入浴料金:1,000円、1回目〜3回目200円引き)

将棋の街、天童温泉も日帰りで楽しめる!

山形県天童市と言えば「将棋駒」の生産量日本一の将棋の街としても知られています。街のあちこちに将棋駒のモチーフが飾られているほど。

そして将棋ファンならご存知、将棋の棋戦「竜王戦」が行われる「竜王の間」に宿泊できるのは、以前、おんせんニュースでも紹介されている「ほほえみの宿 滝の湯」です。

【山形】将棋の聖地「竜王の間」に泊まれる特別プラン登場!12月にまさに竜王戦が開催される部屋

山形日帰り温泉パスポートはこちらの旅館の日帰り入浴でも使えます。男湯・女湯合わせると約1000㎡もある広々とした大浴場。とても柔らかい泉質で、飲むこともできるそうですよ。(通常入浴料金:800円、1回目〜3回目半額)

やまがた日帰り温泉パスポートでバラエティに飛んだお湯を開拓する一年を

写真:イメージキャラクターの猫、さくらちゃん


県内に点在する温泉はその泉質も様々で、年間を通してウィンタースポーツやグルメなどを楽しめる山形県。

やまがた日帰り温泉パスポート、湯巡りしながら山形県のさまざまな魅力も発掘できそうですね!

(まとめ・文:mashiro)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »