温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【東京】新宿に温泉旅館 由縁(ゆえん) 新宿がOPEN!都心にいながら箱根の湯に憩う贅沢…2019年4月プレOPEN


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事






東京・新宿5丁目に最上階に温泉施設を備えた宿泊施設、温泉旅館 由縁 新宿(ONSEN RYOKAN YUEN SHINJUKU)が2019年春にオープンします。

大都会の真ん中に温泉旅館が誕生!いったいどのような施設になるのでしょうか。

写真:ホテル外観イメージ。高層ビルの立ち並ぶ新宿に温泉旅館が!

江戸時代には宿場町だった新宿

新宿と言えば東京の中でももっとも賑わう場所のひとつ。

新宿駅は1日の乗降客数が約347万人!これは横浜市の人口に匹敵するそうです。世界一とも言われていますね。乗り換えで利用するだけでも人の多さに圧倒されてしまうほどです。

かつて新宿はその名の通り、江戸時代に甲州街道沿いに設置された「新しい宿場町」だったそうです。江戸時代から多くの人が行き交い、たいへんにぎわっていた街だったのですね。

ONSEN RYOKAN YUEN SHINJUKUは、実はそんな歴史ある場所「新宿3丁目」駅から徒歩5分という立地に誕生します。

新宿3丁目駅は、3つの地下鉄の線が乗り入れ、百貨店や高級ブランド店、映画館などが集まっており、東京の中でも屈指のオシャレな雰囲気のエリア。

こんなところにまさか温泉が?!と驚くような場所ですよね。

YUENの意味とは?

旅館名「YUEN」は、「ことの起こり」や「由縁」から名付けられたそうです。

旅館の「由縁」、つまり日本旅館特有の無駄がなく静かで落ち着いた空間、削ぎ落とされた美などを旅行者にリーズナブルな価格で提供するというコンセプト。

手がけるのは、無印良品のホテルMUJI HOTEL」などを手がけているUDS株式会社。まだ開業前ですが、モダンでスッキリと落ち着いた施設が想像できますよね。客室は靴を脱いで上がるスタイルとなっており、四季を感じられるしつらえにもなるそうです。まさに旅館ですね!

きらびやかな大都会の中にあってホッと一息つける空間になるのではないでしょうか。

新宿の温泉、そのお湯はどこから?!

そして最上階18階には、露天風呂付きの温泉が!

内湯と露天風呂があり、露天風呂のお湯は箱根温泉から運んでくるとのことで、まさに本格的な温泉に入ることができるのですね。

露天風呂からは東京都庁など新宿副都心を一望。東京らしい夜景を楽しむことができますよ。新宿の真ん中で温泉露天風呂に浸かるってどんな気分になるのでしょうか。

コワーキングスペースとも連携!さまざまな用途で利用できる

そしてUDSが近隣で運営するコワーキングスペースINBOUND LEAGUE」と連携しているのも特徴のひとつ。

インバウンド事業者が多く集まるスペースで、外国人向けのツアーデスクも設置されているそうです。インバウど事業者以外も利用可能。INBOUND LEAGUEでは、新宿5丁目の地元商店会と連携し、YUEN周辺の商店街のお店や催し物を案内したりと、新宿のローカルな魅力を楽しめるサービスも予定されているそうです。

ビジネスで利用する場合も、仕事が終われば温泉に入って疲れを癒すことができたり、新たな発想が生まれそう。都会にいながらにして日本旅館の雰囲気を味わえるため、日本人だけでなく外国人観光客にも喜ばれるはず。

東京オリンピックも控え、日々めまぐるしく変化する新宿に、和の情緒あふれる客室と温泉露天風呂。新しい癒しのスポットの誕生が待ち遠しいですね!

(まとめ・文:mashiro)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »