温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【秋田】人気の乳頭温泉郷の最奥部!黒湯温泉 ブナ林の中で茅葺きの風情、黒たまご、乳白色の濃い温泉を満喫

先達川上流に位置する黒湯温泉は、秋田県でも人気の温泉地・乳頭温泉郷の中でも最奥部に位置する。敷地内の河原から源泉が湧き出ており、湯量の豊かさでは温泉郷随一だ。

2020年の営業も4月18日から11月7日までと約7ヶ月間だけだが、ブナの林に抱かれるように立ち並ぶ茅葺きや杉皮葺きの宿泊棟をはじめ、湯小屋の風景はまるでタイムスリップしたかのような風情にあふれる。冬季休業明けの新緑も盛夏の緑も、もちろん紅葉も楽しめる秘湯だ。

茅葺きの風情と黒たまご

ブナ林に囲まれた茅葺きや杉皮葺きの建物の風情を楽しみ、敷地内の源泉から湧き出る乳白色の温泉を満喫することができる。

山懐に抱かれるように建つ茅葺き屋根が印象的(ザクプラン高山撮影)

風情ある自炊棟の近くには源泉が(ザクプラン高山撮影)

名物は、その直源泉で茹でた「黒たまご」。ひとたび殻を剥けば白と黒のコントラストが印象的だが、山盛りで売られていると迫力がある。

源泉で茹でた「黒たまご」が名物。温泉でほんのり味がついている(ザクプラン高山撮影)

山盛りで「黒たまご」が売られている(ザクプラン高山撮影)

乳白色の「濃い温泉」 湯めぐり気分の楽しみも

2つの源泉のうち「上の湯」は酸性度が高い乳白色でまさに「濃い温泉」を堪能できる。温泉は男女別の内湯と露天のほかに、混浴の内湯、露天、そして、男女共用の打たせ湯小屋もあって湯めぐり気分も味わうことができる。

混浴露天 木のぬくもりを感じる露天風呂

旅館部では山菜や川魚を楽しめる。囲炉裏付きの自炊部やグループで離れを貸し切るのもいい

山菜や川魚などが膳に並ぶ素朴なもてなしの旅館部のほか、囲炉裏付きの自炊部もある。お腹が一杯になったら、居心地の良い客室でゆっくり。

写真:黒湯温泉の夕食。山菜や川魚など山の幸が並ぶ。

写真:たけのこ汁(夏季限定)やきりたんぽといった郷土料理も嬉しい

簡素だが居心地の良い客室

グループで訪れるなら、昭和39年に高松宮様が春スキーで滞在された時に建てられたという離れを貸し切るのもいいだろう。

5月の新緑も、盛夏の緑も、紅葉も美しい

10月中旬からの紅葉はもとより、標高850mの雪深い場所だけに、5月下旬から一斉に芽吹く新緑の美しさは格別だ。例年4月中旬から11月中旬までの約7ヶ月間という限られた営業期間だが、いつの季節も乳頭温泉郷の最奥部で美しい風景を楽しみながら温泉に浸かれそうだ。

錦繍の男女別露天

冬季休業明けすぐ、残雪の残る風景を混浴露天風呂から(ザクプラン高山撮影)

盛夏の男女別露天

(情報更新:すてぃーぶん 2020年3月)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

楽天ふるさと納税で人気ランキングを見る♫

楽天ふるさと納税で体験型返礼品を探す♪

<AD>


乳頭温泉郷 黒湯温泉

http://www.kuroyu.com/

秋田県仙北市田沢湖生保内字黒湯沢2番地1 GoogleMAP
TEL:0187-46-2214

●アクセス
マイカー:

東北道盛岡ICより80分、黒湯温泉駐車場まで。(旅館まで徒歩約50m)

交通機関:
JR田沢湖線田沢湖駅よりタクシー40分
JR田沢湖駅から乳頭温泉郷行き(乳頭線)バスで50分、
乳頭蟹場温泉下車。バス停から温泉まで送迎(宿泊者 要予約)あり。

●温泉について
・泉質:単純硫黄温泉

・立ち寄り湯
営業時間 9:00~16:00
定休日 無休 冬季休業 11/中旬〜4/中旬
入浴料金 大人600円

●宿泊について
・宿泊料金例(※税別)
1泊2食付の1名あたり
旅館部(トイレなし)12500円~、(トイレ付)14500円~
自炊部 4000円~

・宿泊者の入浴時間
チェックインからアウトまで(24時間入浴可※清掃時間除く)

・標準チェックイン/アウト
14:00/9:30

楽天トラベルで乳頭温泉郷の温泉旅館・ホテルをチェック♪

秋田 人気温泉旅館・ホテルランキング【楽天トラベル】

 
この記事もおススメ!
人気記事