温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【熊本】阿蘇火口を上からヘリコプターで!神秘的なエメラルドグリーンの湯だまりも。意外に安い3000円~

ヘリコプターに乗ったことはありますか?熊本県阿蘇山では阿蘇山の火口を上空から見ることができる、遊覧ヘリコプターが運行しているんですよ。しかも意外と手軽に、料金的にも手ごろに体験できちゃうんです!

阿蘇山遊覧ヘリコプター

阿蘇山遊覧ヘリコプターが運航しているのは、動物たちとのふれあいが楽しめるレジャー施設「阿蘇カドリー・ドミニオン」です。

カドリー・ドミニオンは休園日以外の基本毎日運航しているので、いつでも体験できるのは、旅行計画を立てる際などにとても嬉しいですね。ただし、この運行は天候次第なので、予約ではなく受付順。その運行も毎朝10:00に決定するので乗ってみたい!という人にはてるてる坊主も必要かもしれません。

7分間で噴火口上空まで到達!エメラルドグリーンの湯だまりなど短時間で大迫力の体験!

「ヘリコプターでの遊覧飛行なんて、料金が高そう…」と思ったアナタ!

実は、思ったよりもリーズナブルなんですよ。

約2分間のミニフライトコースでは、大人料金で3,000円からという優しい料金設定になっています。私もヘリコプターってこのくらいの料金で乗れちゃうんだ!と驚いてしまいました。このコースではフワッと上がってまた、フワッと降りてくるのでちょっとジェットコースター?に近い感覚なんだそう。

それにしてもヘリコプターに乗れるチャンスはなかなかないのでいい思い出になりそうですよね。

ヘリコプターは機体が小さく窓が大きいので、飛行機とは全く違った風景が見えるので、想像以上に迫力があるんですよ。1番人気の「噴火口ど迫力見学コース」では、写真などでよく見る、エメラルドグリーンの湯だまりを生で見ることもできるそうですよ。

このコースでは6~7分のフライトで6000フィートまで上がるそう!もともと高地にあるので4000フィート、約1200mを上がりますが、その迫力は想像するだけでもワクワクしてきますね。

阿蘇山遊覧ヘリコプター

写真:ヘリから見るエメラルドグリーンの湯だまり。湯だまりの温度は60~80℃だという

活火山を上空から眺める機会はなかなかありません。立ち上る噴煙も必見です!きっとInstagramなどのSNSでもウケるでしょう!

阿蘇山遊覧ヘリコプター

写真:阿蘇山遊覧ヘリコプターより見る阿蘇中岳

その他、阿蘇山のマスコット的存在の綺麗な伏鉢型が可愛らしい「米塚」や阿蘇五岳を半周するコースなど、カドリー・ドミニオン発着は4コースから内容や予算に合わせて選べます。

また、チャーターコースもあり、ベテランのパイロットによる楽しいガイド付き。ドライブとは違った阿蘇の魅力を教えてくれるでしょう。

1フライトの定員は3名、申し込みは2名からとのこと。天気の良い日は混み合う場合もあるので、早めに受付するのがオススメです。また、朝の方が空気が澄み遠くまで景色が見えるそうなので狙い目です。

気軽に楽しめる遊覧飛行ヘリコプターで、新緑の阿蘇を一望する空中散歩、GWや夏休みの計画に入れてみてはいかがでしょうか。

(まとめ・文:ゆきさね 情報更新:さこ 情報確認:2020年1月)


<AD>

ジェットヘリサービス

http://jetheliservice.com/

場所:阿蘇カドリー・ドミニオン GoogleMAP
熊本県阿蘇市黒川2163

営業時間:10:00~17:00(4月から10月)、10:00~16:00(11月から3月)
●料金
<カドリー・ドミニオン発着>
http://www.cuddly.co.jp/

・ミニフライトコース(約2分):大人/~3,000 小人/~2,500

・阿蘇山麓コース(約4分):大人/5,000 小人/4,500

・噴火口ど迫力見学コース(約7分):大人/7,500 小人/7,000

・阿蘇山スペシャルコース(約10分):大人/13,000 小人/12,500

・チャーターコース(約20分):50,000/機(定員3名)
 ※ただし、カドリー・ドミニオンの入場料が必要 大人/2,400 小人/1,300
 ※細部の運航決定は、当日朝10:00頃実施するかを決定致しますので問合わせてからお越しください。

問合せ: ジェットヘリサービス
TEL:080-8390-4143(10:00~17:00)

ホテル料金比較『トリバゴ』で近くのホテルを調べる




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事