温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【鹿児島】鹿児島の夜景+花火で夕涼み!桜島納涼観光船に今年から予約席がスタート!持ち込みもOKですよ!


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事






鹿児島の夏の風物詩として毎年楽しみにしている人も多い桜島納涼観光船が今年2019年も8月1日よりスタートします!

桜島納涼観光船は、鹿児島湾(錦江湾)を運航する期間限定の観光船です。鹿児島港桜島フェリーターミナルを出港し、約2時間錦江湾内を遊覧します。船の上で夕涼みをしながら桜島と鹿児島市街地の夜景を眺められるのが人気で、クルーズのラストには、打ち上げ花火を鑑賞できます

写真:海の上は涼しく浴衣デートにもぴったり

また、船内では毎年好評のお楽しみ抽選会や土・日・祝日ステージショーも華を添えます。また今年は新たなイベントとして8月18日(日)に鹿児島ユナイテッドFCのスクールコーチによるサッカー教室が開催されます。

船の中でサッカー教室なんて滅多にない…いや、ほとんどない企画かもしれません。最後には花火も鑑賞でき、夏休みの思い出としてもオススメです。

この1日限定企画の申し込みは7月22日(月)~なので、気になる人は早めにチェックしてみて下さい。

2階畳席が1日30区画限定で予約席がスタート!3階テーブル席も9区画が予約可能に

2階畳席。膝を崩して寛げる。

納涼観光船は先着順なので、特に週末の夜は早い時間から列に並んで乗船しますが、今年は予約席が販売に

2階の畳席では30区画が予約でき、1区画は畳2枚分の広さで1~4名まで利用できます。予約席の利用代金は1,000円(税込価格)で利用には営業課に電話して予約し、別途、乗船券が必要です。

また、3階のテーブル席では1~4名まで利用でき、1日9区画まで販売。料金は1区画で2,000円(税込価格)。こちらも別途、乗船券が必要です。

※予約 営業課099-293-4785に電話をして予約(平日9:00~17:00)

これなら子ども連れや仕事帰りも慌てずのんびり納涼船が楽しめそうですね。

また、4階船上横丁でも席を予約できます。利用するには4~5人前のオードブル(5,400円税込価格)か1人前の弁当(1,080円税込価格)を注文することが必要なので、全てお任せで夏のクルーズを楽しみたい人にぴったりですね。

※予約・お問い合わせ 099-227-4002【(株)総広内】(平日9:00~17:00)

過去には8月最終週の土日は、夏の名残を楽しもうとの気持ちからか人が多く、乗船できなかった人もいたとか。その土日を含む乗船日は皆さん乗船できたそうなので、早めの乗船がオススメです。

船内へは飲食物の持ち込みOK(ゴミはお持ち帰りください)というのがなんともおおらか。(4階船上横丁予約席利用の人は持ち込み不可)

もちろん、軽食や飲み物が購入できる売店も完備、口コミで人気の桜島フェリー名物のうどん・そばコーナーもちゃんと営業しています。納涼船ならゆっくり食べられますね!




運航開始前から待ちきれない桜島納涼観光船ですが、7月1日より乗船券の前売りが開始されています。市民の仕事帰りのみならず、夏休みの家族旅行に、もちろん温泉旅行にも(鹿児島市内は温泉だらけなのです。しかも安い!)鹿児島の夜を満喫できるクルーズ、おススメですよ。

(まとめ・文:えこぴ 追加取材:さこ 情報確認:2019年7月)

<AD>



桜島納涼観光船

http://www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/cruise/noryo.html

開催日時:8月1日~8月31日(11日~14日は運休)

出発場所:鹿児島県鹿児島市鹿児島港桜島フェリーターミナル GoogleMAP

定員:約800名
乗船料:大人1000円(前売900円) こども500円(前売450円) ファミリーチケット2400円

問合せ:鹿児島市船舶局営業課
TEL:099-293-4785
※「錦江湾サマーナイト大花火大会」の日は打上花火は実施しません。

鹿児島市のホテル旅館一覧を楽天トラベルで見る

鹿児島市のホテル旅館一覧をじゃらんnetで見る

鹿児島市の人気温泉宿ランキングを楽天トラベルでチェック!

鹿児島県鹿児島市のふるさと納税品を楽天市場でチェック!

ホテル料金比較『トリバゴ』で鹿児島市の安いホテルを調べる



 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »