温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【鹿児島】桜島でマイ足湯を作ろう!スコップで海岸に穴を掘ると源泉が湧き出る!大きさ自由自在


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事






鹿児島といえば必ず思い浮かぶ噴煙を上げる桜島の風景。その桜島のすそ野の海岸でスコップを使って簡単に自分だけの足湯を作る珍しい体験が出来ます。

写真:湯温は40℃前後。熱すぎずぬるすぎず足湯を楽しめる




活火山ならではの絶景に出会える桜島は温泉の島

鹿児島で最も有名な観光スポット・桜島は、多い年には1年間に約1000回も噴火する活火山。他では類を見ない独特のダイナミックな景色と植生、噴火後の溶岩の様子を間近に見て地球の息吹きを感じることが出来るいくつもの展望所があります。

もちろん火山といえば温泉も!

桜島の歴史や自然について詳しく楽しく学習できる施設が桜島ビジターセンターです。大画面シアターやジオラマなどで桜島をより深く知ることが出来ます。ここでしか手に入らないグッズも充実していて入館料はなんと無料

ここでのおすすめ土産は桜島の知る人ぞ知る特産品である高品質の桜島産椿油。島内で採取&精製していて、髪にお肌に食用にとまさに万能!館内では椿油のハンドクリーム、リップクリームなど購入可能となっています。

桜島ビジターセンターにマイ足湯温泉掘りセットが売っていた!

そんな桜島ビジターセンターでマイ足湯温泉掘りセットなるものが販売されています。

移植ごて(スコップ)2つ・オリジナルタオル・指南書で1,000円。一体どうやって使うのでしょう?

桜島ビジターセンターから車で約20分ほどの島の南側に有村海岸があります。かつて濱湯と有村温泉という温泉街がありましたが大正3年の桜島大正大噴火(桜島と大隅半島がつながった)によって埋没してしまいました。しかしその後も温泉は湧き続け、現在の有村海岸が別名有村温泉と呼ばれる所以となっています。

写真:みるみる湧き出る鉄分を含む茶色の温泉。火山のパワーを身近に感じます

この有村海岸で、スコップで穴を掘るだけで簡単に自分だけの足湯を作ることができるんです!手順は以下の通り。

①セットにある地図をもとに現地へGO!

②程よい場所を選んでスコップで穴を掘りましょう。おすすめポイントは波打ち際だとか。

③みるみる鉄分を含んだ茶色いお湯が湧いてきます。温度は概ね40℃前後。場所によって温度や色が微妙に違うそうです。

④海岸にある岩や流木で、掘った穴のふちにベンチを作って腰掛ければマイ足湯の完成です!レジャーシートなど持参するのもいいかも。

大きく掘って家族で楽しむもよし、小さな穴をいくつか掘って温度や色を比べてよりよい足湯を探求するもよし、程よいサイズでカップルで足湯を満喫するもよし。

海風に吹かれながら思い思いに火山の恵みを体感しましょう。溶岩を眺めながらの足湯は開放感満点ですよ!

写真:バックにはもちろん噴煙を上げる桜島。(※マイ足湯セットは柄の長いスコップではなく移植ごてがセットになっています)

天気や潮位で体験できない日もあるので要注意

なお、利用にあたっては注意事項があります。

・雨天は立ち入りできません 有村海岸は河口にあるため、降雨による土石流の可能性があり非常に危険です。
・潮位によって利用できない日にちと時間帯があります。下記の問合せ先に事前に確認して下さい。
・動きやすく汚れてもいい服装、足元(サンダルなど)、水分(飲料水など)を準備しましょう。

なお、ガイド付きの桜島天然温泉掘りツアーのプログラムもあります。
詳しくはこちらまで→桜島天然温泉掘りツアー

実は先述の有村温泉は明治9年に西郷さんが訪れたとの記録があるそうです。かつて偉人が浸かった鉄分豊富な秘湯に触れる貴重な体験は桜島ならではです。子供の夏休みの自由研究にもピッタリですね。

(まとめ・文:えこぴ   編集:mashiro)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »