温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【静岡】河津大滝・祝遊歩道開通!7つの滝の紅葉めぐりが6年ぶりに!伊豆半島最大の滝を眺めながら入る露天風呂も

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

静岡県賀茂郡河津町を流れる河津川・河津七滝(かわづななだる)

中でも落差が一番大きな「河津大滝(かわづおおだる)」への遊歩道の改修が終わり、2017(平成29)年8月3日から通行できるようになっています。

「河津大滝(かわづおおだる)」への遊歩道は、2011(平成23)年9月の台風15号の土砂崩れ・倒木などにより、立ち入り禁止の状態になってたんですね。今回の補修工事の終了を受けて約6年ぶりにようやく7つの滝がそろって見学できるようになっています。

河津七滝中最も大きな河津大滝

写真:遊歩道が通れるようになり、近くまで行けるようになった。秋の紅葉も楽しみ




この河津七滝(かわづななだる)。「滝」を「たる」と読むのはなぜなのでしょう? 地元では滝の事を水が「垂れる」を語源とした「たる」と呼び、7つの滝もそれぞれ「~たる」という名称で親しまれているのだそうです。

実はこの河津七滝、火山の噴火による溶岩流により形成されたそうで、伊豆半島ジオパークのジオサイト(見どころスポット)に指定されています。

河津大滝は落差30m幅7mで河津七滝中最大!上から流れ落ちる滝の真ん中あたりでもう一段流れが噴き出していて、瀑布が左右に広がって見え、周りの木々に白い飛沫のコントラストが美しく映えます。

河津七滝中最も大きな河津大滝

写真:落差30m、河津七滝中もっとも大きな河津大滝

この河津大滝のもう一つの楽しみは露天風呂からの眺めです。大滝近くの「りばてぃ-リゾ・音AMAGISO」ではこの30mの大瀑布を見ながら温泉入浴が出来ます。外湯は混浴のため水着着用ですが、レンタルもありますので手ぶらでもOK。日帰り入浴あり。

その他6つの滝もそれぞれに特徴があり、さすがジオパーク、火山の噴火・地球の息吹を感じることができます。

7つの滝全てが約1.5㎞の間に点在していて、範囲が狭いので日帰りで全て見て回る事が可能です。また、河津大滝以外にも温泉施設や食事処が点在しているので秋の行楽にぴったりですよ。

紅葉の季節恒例の滝まつりが、今年は2017(平成29)年11月20日(月)10:00~15:00に初景滝前にて開催されます。
6年ぶりの7つの滝と温泉で紅葉を満喫したいですね!
(まとめ・文:えこぴ)


河津大滝

http://www.nanadaru.com/
場所:静岡県賀茂郡河津町
遊歩道開放時間:8:00~18:00(10月~5月は17時まで)
お問い合わせ:河津町観光協会
TEL:0558-32-0290

りばてぃ-リゾ・音AMAGISO
http://www.amagisou.jp/
TEL:0558-35-7711

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »