温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【静岡】富士山の絶景スポットが新たに誕生!逆さ富士を模した建物とここからの絶景は一見の価値あり…富士山世界遺産センターがオープン!

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

2017年12月23日(土)、静岡県富士宮市に静岡県富士山世界遺産センターがオープンしました。開館6日間で入場者1万人を達成し、早くも人気の観光スポットとなっています。

静岡県富士宮市 静岡県富士山世界遺産センター

写真:水盤に映る逆さ富士を模した特徴的な建物。朱色の鳥居とのコントラストも美しい(撮影:平井広行※この記事で使用している写真すべて)。




2013年6月にユネスコの世界文化遺産に登録された富士山を「永く 守る」「楽しく 伝える」「広く 交わる」「深く 究める」ための拠点施設であり、北棟・西棟・展示棟の3つの建物で構成されています。

地上5階建ての展示棟は、擬似登山体験をイメージしたらせん状のスロープを上りながら展示を鑑賞できるようになっています。また、建物の外観は「逆さ富士」をイメージした特徴的な逆円すい形で、富士ヒノキを使用した木格子が湧水を引き込んだ水盤に映し出される姿は一見の価値ありです。

静岡県富士宮市 静岡県富士山世界遺産センター

写真:擬似登山体験をイメージしたらせん状のスロープを上りながら展示を鑑賞

昼間の青空とのコントラストもいいですが、日没から22時まではライトアップされていて幻想的な雰囲気。どちらもインスタ映え間違いなし、見応えがある迫力の写真が撮れますよ。

静岡県富士宮市 静岡県富士山世界遺産センター

写真:夜にはライトアップされ、昼間とは異なる幻想的な雰囲気に。

全長193mのスロープを登り、壁面に映し出される富士登山道沿いのタイムラプス映像を鑑賞しながら最上階の展示スペースに辿り着くと、目の前には周辺の構造物に遮られることのない雄大な富士山が望める仕組み。

静岡県富士宮市 静岡県富士山世界遺産センター

写真:最上階の展望ホールからは、遮る建物がない富士山をパノラマで眺めることができる。

館内には鑑賞券がなくても利用できるカフェとミュージアムショップがあり、カフェでは水盤に面したアトリウムで、富士山の豊かな食材を使った軽食などを楽しむことができます。ショップでは、富士山をモチーフにした雑貨やお土産を購入できるので、観覧の後はもちろん、街歩きの途中にも気軽に立ち寄ることができそうです。

静岡県富士宮市 静岡県富士山世界遺産センター

写真:カフェ側のアトリウムは水盤を眺めながら寛げる。

世界遺産センターから徒歩圏内には、水盤の横に朱色の鳥居が立つ「富士宮本宮浅間大社」があります。こちらは富士山を正面に眺めるという究極のパワースポット。隣には富士山の湧水が流れ込む湧玉池もありますので、こちらも合わせて観光するといいですね。

また、富士宮市は、今や全国的な知名度を誇るB級グルメ「富士宮焼きそば」も有名です。門前にもたくさんのお店があり、目の前で焼いてもらったモチモチの焼きそばは絶品ですので、ぜひこちらも試してみてくださいね。
(まとめ・文:hotspring727)

静岡県富士宮市 静岡県富士山世界遺産センター

写真:建物と富士山、2つの逆さ富士が水盤に 映る様子は圧巻の美しさ


静岡県富士山世界遺産センター

https://mtfuji-whc.jp
所在地:静岡県富士宮市宮町5-12 GoogleMAP

営業時間:9:00〜17:00(7・8月は〜18:00)
*最終入館は閉館30分前

定休日:第3火曜日、施設点検日、年末年始

入館料:
大人300円、15歳以下・70歳以上無料、学生無料

TEL:0544-21-3776

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »