温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

【岩手】宮古市の新ご当地グルメ「瓶ドン」とはいったい?宝石のような宮古の海の幸を見て・盛り付けて・味わう!五感で楽しむ体験型グルメ!

岩手県宮古市に昨年誕生したご当地グルメ、その名も「瓶ドン」。宮古観光文化交流協会がリーダーシップをとり、誕生した新グルメは「見て・盛り付けて・食べる」という「視覚・触覚・味覚」を使って楽しむことができる、今までになかった五感を刺激する「体験型グルメ」なんですよ。

2019年は提供店舗数が増え、飲食店だけでなく、宿泊施設でも瓶ドンが食べられるようになりました!そして2020年6月1日、瓶ドンの通販が始まり、自宅でも瓶ドンが食べられるようになりました!

写真:すらりと並んだ瓶ドン!どれも美味しそう。

SNS映えもバッチリ!とっても綺麗な見た目の「瓶ドン」ってどんなグルメ?

宮古市は、岩手県の三陸海岸に面する市です。「さながら極楽浄土のごとし」と称されたことから名付けられた、宮古市を代表する景勝地・浄土ヶ浜をご存知の方も多いと思います。

おんせんニュースでは、秋の味覚・秋刀魚の振る舞いが人気の「宮古浜焼きフェスタ」をご紹介しています。

宮古市は海の幸が豊富で、年間を通して旬の海の幸が街中にあふれているんですよ。

そんな宮古市で新たに誕生したご当地グルメが「瓶ドン」です。名前だけ聞いても、どんな料理なのか想像もつかないですよね。

瓶ドンは、牛乳瓶の中にウニやイクラなどの宮古の旬の食材を詰め込んだもの

これを一緒に提供されるどんぶりに入った、ほっかほかのごはんの上に自分でかけて完成させる「体験型どんぶり飯」なんですよ。
体験型のご当地グルメなんて、新しいですね!

写真:「瓶ドン」の提供スタイルはこんな感じ。「味処 海舟」の瓶ドン「白雪」

海鮮系のどんぶり飯は提供された時、すでにネタが温まってしまって残念な気持ちになることがありますが、瓶ドンなら、自分のタイミングでご飯に盛り付けることができるので、ベストな状態で食べることができますよ!

写真:自慢のネタが瓶の中で綺麗に層を作っているのが特徴

牛乳瓶に入れられた新鮮なネタは、見た目も美しいのが特徴です。ぜひ、ご飯にかける前に写真に収めたいですね。

写真:こちらは、同じく「味処 海舟」の「ホノルル」。海鮮だけでないのが瓶ドンの特徴

写真:ホカホカのご飯に乗せて、完成!

もちろん、宮古の旬の食材をふんだんに使用しているので、味に間違いはありません。「見て・盛り付けて・食べる」という五感を使って楽しめるのが、この瓶ドンの最大の特徴です。

写真:こちらは「魚彩亭 すみよし」の瓶ドン「RED HOT」。メニュー名にもこだわりが光ります

写真:ウニにいくらにホタテ…宮古のおいしいものがぎゅっと詰まっています

写真:自分でご飯の上に盛り付けるのも、楽しみの一つですね

瓶ドンは試行錯誤の末に完成した、魅力と想いがが詰まった「宮古の宝石箱」

しかし、なぜ「牛乳瓶」なんでしょうか?

実は、普通の瓶にネタを詰めているのだと思っていました。実際に写真を見てみると、それはまごうこと無き「牛乳瓶」。疑ってごめんなさい。

宮古では、牛乳瓶に生ウニを詰めたものが以前から人気を集めています。

普通の瓶ではなく、あえて「牛乳瓶」を使う理由は諸説あるそうですが、牛乳の宅配が主流だったころ、漁師さんの間で、身近にあるものの中で、牛乳瓶がウニの保存に一番適した容器だったこと。

近所へのおすそ分けの際に、持ち運びに便利だったことから、自然と牛乳瓶が使われはじめた。という説があるみたいです。

それが贈答用ウニの瓶詰めとして宮古で定着し、今こうして「瓶ドン」が誕生しました。

写真:生ウニの牛乳瓶詰めは、宮古の漁師さんの知恵から生まれた一品

牛乳瓶は、飲み口の下がくびれているのが特徴ですよね。そのくびれと飲み口の小ささから、ネタを思うように入れられなかったり、ウニの様にスルリと出てこなかったりと苦労もあったようです。

しかし、リーダーシップを取る宮古観光文化交流協会と飲食店が試行錯誤を繰り返し、瓶の中でネタが層になった美しい「瓶ドン」になったんですね!

写真:蛇の目本店の瓶ドン「蛇の目おまかせ(大)」

写真:蛇の目本店の瓶ドンはウニ、イクラ、季節の食材が入って丼のボリューム感NO.1!

今、瓶ドンが食べられるのは宮古市内だけ!これからの展開にも期待大!

写真:宮古に行ったら是非味わいたい瓶ドン。どれもこれも美味しそう!(※「湯ったり館」のみ現在提供休止中)

写真:ランチだけでなく宿泊でも瓶ドンをいただけるようになりました。

現在「瓶ドン」が食べられるのは、宮古市内の飲食店飲食店9店舗と3つの宿泊施設

今年度から提供施設が増え、飲食店だけでなく、宿泊施設でも食べられるようになりました!。昼食の時間に合わない人のために、瓶ドン付き宿泊プランも有りますよ。

ウニやイクラ、ホタテ、イカなどの三陸、宮古で獲れた自慢の魚介類はもちろんのこと、龍泉洞たまご、長芋やメカブを使ったヘルシーなものなど、各店趣向を凝らした「瓶ドン」を食べることができますよ。

店舗によって数量限定や提供期間が異なりますので、詳細の確認をお忘れなく。

写真:休暇村の炙り瓶ドン。ランチタイムは1日10食限定。

写真:休暇村では瓶ドン付き宿泊専用プランでも提供中。イクラ、マグロ、メカブ、イカなどを盛り付けて!

なお、瓶の持ち帰りはNGなのでご注意を。

でも、こんなにお洒落なロゴが入った牛乳瓶なら欲しくなっちゃいますよね。

写真:ロゴもおしゃれな瓶ドンの牛乳瓶。お持ち帰りはNGですよ

宮古市の新ご当地グルメ「瓶ドン」は五感で楽しめる「体験型グルメ」。これからの展開にも期待大です。ご当地もの好き、美味しいもの好きは要チェックですよ!

写真:渚亭 たろう庵では夕食メニューに瓶ドンを加えた特別な宿泊プランが登場。

(まとめ・文:ゆきさね 情報更新:hotspring727 2019年10月)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

楽天ふるさと納税で人気ランキングを見る♫

楽天ふるさと納税で体験型返礼品を探す♪

<AD>



岩手県宮古市の新ご当地グルメ「瓶ドン」

http://www.kankou385.jp/index.html

場所名
岩手県宮古市 GoogleMAP

問合せ:
一般社団法人 宮古観光文化交流協会
TEL:0193-62-3534

宮古のホテル旅館一覧を楽天トラベルで見る

宮古・久慈・岩泉の高級宿ランキングをチェック

 
この記事もおススメ!
人気記事